2013年6月9日日曜日

パリのパティスリー“Angélina”と“Ladurée”

しつこくまだパリのことを書きます。。。

フランスといえばやっぱりケーキですよね〜。
今回はとっても残念なことに、1回しかケーキ屋さんへ行けなかった。。。
なんせ時間がなかったんですよ。

というわけで、行ったお店は“Angélina”(アンジェリーナ)。
こちらはモンブランが有名なお店です。
私、モンブラン好きなので今回は数あるお店の中からここを選びました。

有名なお店なので結構並ぶかと思いましたが、予想よりは少なめで15分〜20分くらい待って入ることができました。
中はとっても広いので待ち時間もそんなにないのかも。

で、こちらの店員さんもやっぱり親切で愛想がいい。
私たちのテーブル担当だったウェイトレスさんは終始満面の笑みで対応してくれました。

で、注文したのはやっぱりモンブランなのですが、こちらにはチョコレートモンブランというのがあって、中にチョコチップが入っているのがあるのでこちらを選びました。
飲み物は紅茶で。私的に、甘いケーキには紅茶です。

程よい甘さでおいしかったです。
やっぱり日本人がお菓子づくりを習いに来る街だけあるな〜って感じ。
見た目も味も日本人好みですよ。
どうしても冬に行ったウィーンと比べてしまいますが、接客レベルもケーキのレベルも全然違います。
やっぱりこっちは本物ですね。

ルーブル美術館の近くなので、美術館訪問の帰りにここで一息っていうのもいいんじゃないでしょうか。

で、フランスといえばマカロンですよね!?
最終日にとりあえずお土産にマカロンを買って帰りたい!
ってことで、ラデュレに行ってきました。
ラデュレのマカロンは今まで一度も食べたことがないので、今回はせっかく本場に来たんならってことで、値段も日本に比べたら安いかなと思ったのが一番の理由ですが(笑)
ラデュレのボナパルト店。
中途半端な写真ですが、はす向かいのカフェから
開店前に着いてしまい雨も降って来たのではす向かいにあったカフェで朝食を取りながら開店を待つ事に。

ラデュレとは関係ないですが、このカフェのクロワッサンがおいしかったんですよ。
クロワッサンと飲み物、フルーツサラダとオレンジジュースで10ユーロ。
高いんだか安いんだか微妙な値段ですが、このクロワッサンが外の皮がパリパリで中はしっとり。

朝食を食べた後、お店が開くのと同時にカフェを出ました。
開店前までは当然お客さんはいませんでしたが、開店と同時にぞくぞくとお客さんが!
やっぱり人気店ですね。

正直マカロンは今まで数回しか食べたことがなく、そんなにおいしいと思った事もなかったですが、ラデュレのマカロンを食べて、今までマカロンをバカにしてたな。と思いました(笑)
周りもそうですが、間に挟まっているガナッシュ(っていうんでしょうか?)がおいしい!
高級な味がしました(笑)
ヒゲ男も同じく、今までバカにしてましたが、ここのはおいしいと言っていました。

ケーキもかわいくて美味しそうなケーキがいっぱい並んでいましたよ〜。

次にパリに行ったらもう一度マカロンを買いたいです。
お店ではケーキも食べたいな〜。

今回は街をぶらぶらする時間が本当になかったので、次回はもっとゆっくり街散策を中心に行きたいです。
ヒゲ男も意外にパリが気に入った様子で、私の誕生日プレゼントだったはずが、次はいつパリ行く!?と、もうまたすぐにでも行きたい!といった様子でした(笑)


“Angélina”
226 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France  
 
“Ladurée”
21, rue Bonaparte, Paris, France


  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: