2013年6月25日火曜日

我が家の海開き

今年もやってきました、我が家の海開き。

毎年6月下旬から約2ヶ月ほどヒゲ男のマンマが海の家で過ごすので、初日は荷物などを運ぶ為に一緒に行きます。

日曜日のfollonicaはお天気が良くて気持ちよかったです。

まぁ毎週でなくてもできるだけ週末は私たちに海へ来て欲しいようなので、何度か行く事になります。
何度も言っていますが、私は海があまり好きではないのでできれば行きたくないですが、去年買った浮き輪でなんとか楽しく過ごす努力をしています。(笑)
(海に行きたくてもなかなか行けないイタリア人が聞いたら絶対反感買うな。。。)

実は今年の夏の日本帰省にはヒゲ男マンマも同行!
というわけで、実はマンマは海で過ごす日にちがいつもより2週間ほど少なくなるのが残念なようです。。。
もう典型的なイタリア人ですからね〜。海が大・大・大・大好きなのですよ。

でも、今までかなり世界中を旅行しているマンマ。
(ちなみに6月初めも10日程ベルギーやオランダ、フランスなどを旅行していました!)
日本にはまだ一度も来た事がないので、それは是非一度は行っとかないといけない国でしょ!
もちろん息子は大の日本好きだし、嫁は日本人だしね。

というわけで、日本への旅行はなんとか海で過ごした方が良かったと思われないように、がんばりたいと思います。(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月16日日曜日

フィレンツェでおいしいお魚

いきなり夏がやって来ました。
日本も暑いようですが、こちらも先日まで寒いくらいだったのに昨日は36℃、今日は40℃くらいにもなるらしいですよ。。。

で、昨日はまたまたAtsukinaとバンビーナに会いにフィレンツェへ行ってきました。

フィレンツェに住んでいる人にはすでに有名なお店かもしれませんが、お魚がおいしいと評判の“Fiaschetteria di pesce”というお店で昼食。

特に最近なぜか無性に魚ものが食べたい衝動にかられていたので、とっても楽しみでした。

まずは前菜。
前菜の種類が豊富でどれもおいしそうで、どれを食べるかかなり迷います。
私は手前のトマトとズッキーニがのったものを選びました。
中にはエビが入っていておいしかったです。
他のものも味見させてもらいましたが、どれも本当においしい!

こちらはAtsukinaの旦那さんF氏のセレクトしたニョッキ。中は何だったかな。。。
確かエビが入っていて周りにはズッキーニのソースがかかっていました。
このズッキーニのソースがおいしくて、どうやったらズッキーニがあんなソースに変わるのか不思議でした。

こちらは私とAtsukinaセレクトの手長エビのスパゲッティ。
とにかくエビがいっぱい入っていて、エビのエキスがたっぷり。
こっちで魚介のパスタとか食べると、私には塩辛いことが多いのですが、ここのは全く塩辛くなくエビのエキスで逆にほんのり甘いくらい。
めちゃめちゃおいしかった〜。
こんなにおいしくてこのパスタ12ユーロなんて安いです!

前菜は持ち帰りもできるので、近くに住んでいる人はいいですね〜。
しかも毎日メニューが変わるらしいので。

アレッツォにもこんな魚屋さんないかな。。。

食事の後は、F氏とお別れし、女子のみでチェントロへ。
初めてGUCCI カフェへ行きました。

バンビーナちゃんは、前回会った時よりもかなり成長していて、もっとかわいくなってました!
せっかくデカイカメラを持って行ったにもかかわらず、あんまりいい写真が撮れなかった。。。
終始おりこうさんだったバンビーナちゃん。
本当に将来楽しみだね〜。

今回もありがとうAtsukina!

次は夏休みが終わったらまた遊びに行くから!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月9日日曜日

パリのパティスリー“Angélina”と“Ladurée”

しつこくまだパリのことを書きます。。。

フランスといえばやっぱりケーキですよね〜。
今回はとっても残念なことに、1回しかケーキ屋さんへ行けなかった。。。
なんせ時間がなかったんですよ。

というわけで、行ったお店は“Angélina”(アンジェリーナ)。
こちらはモンブランが有名なお店です。
私、モンブラン好きなので今回は数あるお店の中からここを選びました。

有名なお店なので結構並ぶかと思いましたが、予想よりは少なめで15分〜20分くらい待って入ることができました。
中はとっても広いので待ち時間もそんなにないのかも。

で、こちらの店員さんもやっぱり親切で愛想がいい。
私たちのテーブル担当だったウェイトレスさんは終始満面の笑みで対応してくれました。

で、注文したのはやっぱりモンブランなのですが、こちらにはチョコレートモンブランというのがあって、中にチョコチップが入っているのがあるのでこちらを選びました。
飲み物は紅茶で。私的に、甘いケーキには紅茶です。

程よい甘さでおいしかったです。
やっぱり日本人がお菓子づくりを習いに来る街だけあるな〜って感じ。
見た目も味も日本人好みですよ。
どうしても冬に行ったウィーンと比べてしまいますが、接客レベルもケーキのレベルも全然違います。
やっぱりこっちは本物ですね。

ルーブル美術館の近くなので、美術館訪問の帰りにここで一息っていうのもいいんじゃないでしょうか。

で、フランスといえばマカロンですよね!?
最終日にとりあえずお土産にマカロンを買って帰りたい!
ってことで、ラデュレに行ってきました。
ラデュレのマカロンは今まで一度も食べたことがないので、今回はせっかく本場に来たんならってことで、値段も日本に比べたら安いかなと思ったのが一番の理由ですが(笑)
ラデュレのボナパルト店。
中途半端な写真ですが、はす向かいのカフェから
開店前に着いてしまい雨も降って来たのではす向かいにあったカフェで朝食を取りながら開店を待つ事に。

ラデュレとは関係ないですが、このカフェのクロワッサンがおいしかったんですよ。
クロワッサンと飲み物、フルーツサラダとオレンジジュースで10ユーロ。
高いんだか安いんだか微妙な値段ですが、このクロワッサンが外の皮がパリパリで中はしっとり。

朝食を食べた後、お店が開くのと同時にカフェを出ました。
開店前までは当然お客さんはいませんでしたが、開店と同時にぞくぞくとお客さんが!
やっぱり人気店ですね。

正直マカロンは今まで数回しか食べたことがなく、そんなにおいしいと思った事もなかったですが、ラデュレのマカロンを食べて、今までマカロンをバカにしてたな。と思いました(笑)
周りもそうですが、間に挟まっているガナッシュ(っていうんでしょうか?)がおいしい!
高級な味がしました(笑)
ヒゲ男も同じく、今までバカにしてましたが、ここのはおいしいと言っていました。

ケーキもかわいくて美味しそうなケーキがいっぱい並んでいましたよ〜。

次にパリに行ったらもう一度マカロンを買いたいです。
お店ではケーキも食べたいな〜。

今回は街をぶらぶらする時間が本当になかったので、次回はもっとゆっくり街散策を中心に行きたいです。
ヒゲ男も意外にパリが気に入った様子で、私の誕生日プレゼントだったはずが、次はいつパリ行く!?と、もうまたすぐにでも行きたい!といった様子でした(笑)


“Angélina”
226 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France  
 
“Ladurée”
21, rue Bonaparte, Paris, France


  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月5日水曜日

パリのレストラン4 〜 “Café Constant”

レストラン紹介も最後です。

最終日、ちょうど私の誕生日に行ったお店です。
日曜日も開いていて(パリのレストランは日曜休日のところが多い。)、予約しなくていいお店。
で、今回はこちら“Café Constant”に行ってみました。

夜は19時開店だったので19時過ぎごろに着くと、もう満席でした〜!!
満席というか、さらに待っている人も結構いたので、どうやらみなさん開店前から待っていた様子。。。
そこまで人気のお店とは知らず。。。

しかし、満席の場合は名前を書いて待つシステムらしく、店員さんに“あと20分くらいでテーブルが空くと思うので、よければ名前を聞いておきますよ。20分後にまた戻ってきてくれたらいいので。”と言われました。

それならってことで、名前を伝えて20分後にまた戻ることに。

エッフェル塔の近くだったので、小雨の降る中エッフェル塔付近を散歩しながら時間つぶし。

結局30分くらい待って中に入ることができました。
私たちは2階の窓際の席で、せまいなりにゆっくりできました。
(このお店も隣同士が近いです。)

お店はフランス人もいましたが、半分以上が観光客っぽかったです。
私たちが行った時は中国人がいっぱいいました。

で、お料理。
メニューは英語もあるのでなんとかなります。
まずは前菜。
サーモンのカルパッチョ(?)
今回初のイメージするフランス料理って感じの盛りつけ。
たまにはやっぱりこういうおしゃれ料理も食べたいです。(笑)
味付けはめちゃめちゃシンプルですが、サーモン自体がおいしかったです。

私のメイン。
お魚が食べたかったので、クロダイと野菜のフリット。
この上にかかってる緑のソースがおいしかったです。もちろん魚も。
これは結構よかった。

ヒゲ男はやっぱり。。。
肉!
付け合わせは白インゲンです。
お肉も白インゲンもおいしかったそうです。

で、今回は他の人が食べているのをみて、私も絶対食べようと思ったデザート!

わかりにくい。。。
簡単に言えばシューアイスです。
シュー生地の間にアイスが挟まってます。
持って来てくれるときは、チョコレートなしで、持って来てくれたときに上から温かいチョコレートをたっぷりかけてくれるのです。
このチョコがまた濃厚でおいしい〜!
テンション上がります!!

このお店もそれほど高くないのですが(うろ覚えですが、前菜11ユーロ、メイン16ユーロくらいだったと思います。各お皿数種類の中から選ぶ感じ。セットではないので、好きなものをたのめます。)ただ、ワインが割高だと思いました。(イタリアに比べると!?)
私たちが注文した白ワインは500mlで20ユーロ!
一番安いのでも500mlで14ユーロだったと思います。
まぁおいしいんですけど。

他のお店もイタリアに比べるとワインは割高な感じ。

2階で注文をとったりしてくれたお兄さんは、そんなに愛想は良くなかったけどまぁ悪くもなかったです。
となりのフランス人とはやっぱりにこやかに話したりしてたけど。
1階で受付みたいなのをしてくれたお姉さんは、飲み物も担当でお会計も担当で、めちゃめちゃ高速で動いていてびっくりしました(笑)

でも、どちらの方もお料理どうでしたか?とか気に入ってもらえましたか?というようなことを聞いて来たので、お店の方針としてお客さんの感想も大事にしているのかな?と思いました。

私は結構このお店、気に入ったのでおすすめ。
とりあえず、おいしい料理が手頃な値段で食べられるので間違いはないと思います。
ただ、夜は7時にはすでに満席なのでそのあたり考えて行くといいと思います。

今回はほんと、どのレストランも良かったです。
初めてツアーでパリに行った時(もう10年くらい前!!)に、1度夜が自由だったのですが、女3人誰もフランス語はおろか英語もわからなかったので、店の外にメニューがあって唯一読めたSpaghettiの文字をたよりにお店に入って注文したら、全く味のないパスタが出て来てびっくりしました。。。
テーブルには塩、こしょうがあったのでそれで味付けして食べたという。。。

やっぱり事前にレストランは調べておかないといけませんね〜。


“Café Constant”
139,rue Saint Dominique, 75007 Paris


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月2日日曜日

パリのレストラン3 〜 “Les Pipos”

2日目の夜はヒゲ男のリクエストでホテルの近くの日本食のお店へ行きましたが、予想以上においしくなかったのであえて書きません。
もちろん中国人経営のお店です。
でも同じ通りに2件の日本食店と1件のラーメン屋さんがありました。
行く前から聞いていたとおり、パリに日本食のお店溢れてますね。。。

で、3日目の夜はこちらの“Les Pipos”へ。

こちらもレストランというより、メインはワインバーらしいです。
でもしっかり食事もできますよ。

お店が狭いというか、客席がつめつめです。
フランスのこういうお店って、どこも隣とくっつきそうなくらい狭いところが多いですね。
でも、なぜかそれほど隣の人が気にならないから不思議。。。

こちらも一日目同様メニューはフランス語のみ。
ヒゲ男が携帯に入れておいたフランス語辞典でちょっとづつ単語を訳しながらメニューを一生懸命解読していると、オーナーのおじさんが私に、“あなた、日本人ですか?”と聞いて来ました。
そうです、と言うと“うちに日本人シェフがいるから呼んでくるよ。”と、わざわざ日本人シェフの方を呼んできてくれました。

実際、なぜこの店を選んだかというと、ガイドブックに日本人シェフがいると書いてあって、ヒゲ男がここへ行きたいと言ったからでした。

で、このシェフの方もとっても親切に料理の説明をしてくれて、なんとか注文することができました。
お店に着いた時はお客さんがまだ少なかったので良かったのかもしれませんが、シェフなのにわざわざ時間を割いていただいて申し訳なかったです。。。
でも、オーナーさんの気遣いには大感謝!!

まずは前菜。
イワシのオイル漬けと野菜が入ったもの。
イワシのオイル漬け、とってもおいしかったです。
 
こちらは私が注文した鶏肉。
(写真が真っ赤でわかりにくくてすいません。。。)
写真では伝わりにくいですが、これかなりでかいです。。。
付け合わせにじゃがいものプレ。しかも大量。

鶏肉大好きなのでおいしくいただきましたが、全部食べられなかったので残りはヒゲ男に。
プレはもちろんヒゲ男が完食。このプレ、すごくヒゲ男好みだったようです。

ヒゲ男はこちらの赤身のステーキ。
こちらで仕入れているお肉はなかなかいいお肉らしいですよ。
このステーキの付け合わせのポテトフライは私が食べました。
あつあつのポテトフライはやっぱりおいしい。

そして、ハーフの白ワインを飲んだんですが、ヒゲ男がここで飲んだワインをとっても気に入って(またかよ。。って感じですが。)、お会計の時に“あのワインなんて名前でしたっけ?”と聞くと、店員さんがわざわざ開いていたボトルのラベルをはがして、紙に貼付けて渡してくれました。

ヒゲ男はこのお店の雰囲気とかをめちゃめちゃ気に入って、また次も行きたいというくらい。
私もとっても親切にしてもらって、美味しい料理が食べられて大満足でした。
観光客向けというより、いかにも地元のお店という雰囲気。
こんな雰囲気のお店が好きな方にはおすすめです。

でもやっぱりメニューくらいは読めるようにしておいた方がいいですね。。。

“Les Pipos”
Rue Ecole Polytechnique 2, 75005 Paris,
France (Panthéon)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月1日土曜日

パリのレストラン2 〜 “Au Lys d'Argent”

2日目のお昼に行ったお店。

レストランというよりクレープ専門店らしいです。
ガイドブックで見て気になっていたガレットをどうしても食べたくて、ノートルダム寺院の近くのサン・ルイ島にあるこちらのお店へ行きました。
こちらもガイドブックに載っていたお店。

12時オープンで12時過ぎに行ったので、混雑もなくゆっくりできました。

私たちが注文したのは前菜とメイン、デザートが選べる10.9ユーロのセット。
英語メニューもあって英語も通じるので安心です。(私は英語できないけど。。。)

で、まずは前菜。
私が前菜に選んだ野菜スープ。
写真ではわかりにくいけど、結構な量です。
この日も寒かったので、スープで身体が温まりました。
味はちょっと薄めかな。おいしかったけど。

こちらはヒゲ男が選んだサラダの上にイタリアで言うブルスケッタが乗ったもの。
このチーズの味が結構濃かったです。ヒゲ男はとっても美味しいと言って満足気でした。

で、メインのガレット。
写真で見て、もっと生地がパリッとしているのかと思いましたが、クレープみたいな柔らかい生地でした。
中にはチーズとハムと卵が入ってます。
おいしかったけど、私的には全部食べ終わる前に飽きる感じ。。。

イタリアでピザを食べる時もそうですが、こっちでは丸々1枚一人で食べるのが普通。
私の場合、マルゲリータ以外のピザはなぜか途中で飽きて最後まで食べられません。
だから私的には飽きる感じだけど、他の人はそうではないと思います。
でも、一度食べてみたかったガレットを食べられて満足しました。

最後にデザートはチョコレートケーキを選択。
このチョコレートケーキも濃いチョコレートって感じでおいしかったです。
エスプレッソは別料金です。
エスプレッソはイタリアのより薄めです。

店員さんも親切だし、ガレットやクレープ好きな方にはおすすめ。
次に行く機会があれば、隣の人が食べていておいしそうだった、キッシュをメインに選んでみたいです。

“Au Lys d'Argent”
90 Rue St Louis en l'ile,  
75004 Paris, France

  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ