2013年4月28日日曜日

怪物公園 (Parco dei mostri di bomarzo) へ行ってみました

ずいぶんとご無沙汰しましたが、あっという間に日本はゴールデンウィーク突入ですね〜。

こちらは木曜日が祝日で会社が金曜日も休みにしてくれたので、4連休です。
そんな4連休も今日で終わりなんですが。。。

で、木曜日、友達のDiegoとかなり濃厚な一日を過ごしました。

その一日の始まりがBomarzoというところにあるこの怪物公園。

以前から写真で見て行ってみたいと思っていた場所の一つです。

怪物公園って??

(Proteo Glauco)
こんな変わった彫刻がたくさんある公園です。

こ の庭園、16世紀にこの土地を治めていたピエール・フランチェスコ・オルシーニ王子(Pier Francesco Orsini)の要望で、ピッロ・リゴーリオ(Pirro Ligorio)というルネッサンス期のイタリア建築家でイタリア式庭園を確立させたという人が手がけたもの。


この庭園についての詳しい情報はこちらのAMO ITALIAさんのサイトで紹介されているので、こちらでどうぞ。(すいません、人任せで。。。)


ほかの彫刻もちょっと紹介すると。。。

 (Ercole - Caco)
 ヘラクレスとカークス像。この構図が恐ろしすぎるんですけど。。。
しかも結構大きい像です。

(Fontana Pegaso)
かと思えば制作された当初はとっても素敵だったと思われるペガサスの噴水とか。

 (Echidna)
こちらはエキドナというギリシャ神話の怪物。
上半身は美女で下半身は蛇。背中には翼が生えています。

そしてこの公園でたぶん一番有名な彫刻がこちら。

 
 (orco)
鬼の顔の洞窟(?)
口の部分から中に入れて、中にはテーブルがあり結構広かったです。
作られた当時は、夏なんかにここで涼しく食事をしたりしたんでしょうかね。

そして、私たちがこの公園で一番楽しんだのがこちら。

傾いた家です。上から中に入れるんですが、中も当然斜めで。。。

こんな変な状態になります。
中で歩くと平衡感覚が失われて頭がクラクラ。。。
でもこの建物は楽しかった!


チケットを買うと公園の地図をくれるんですが、この地図が全く意味がわからない。。。 正直この地図を持ってたら道に迷います(笑)
結構広く見えて実はそれほどでもないし。
とりあえず見どころに番号がふってあるので、見逃すことはないですが。
あと、入場料は大人は10ユーロでした。以前から1ユーロ値上がりしているようです。
正直ちょっとお高め。
でも子供は喜ぶかな。

この後は温泉へ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年4月13日土曜日

心地よい休日

やっと本格的な春が来そうです。

もうここ一ヶ月ほど一日中晴天だった日なんてほとんどなかったですよ。。。

天気予報によると、明日からとりあえず来週一週間はお天気も良く、春の陽気になるそうですが。

で、先週の日曜日のお話になりますが、Ledaのお家へお邪魔し、近くの山へお散歩に行きました。

Ledaのお家から車で5分程行ったところから、ちょっとした山道をお散歩。

この日の午前中は風が強かったんですが、散歩に行く頃には風もやみ、ちょうどいいお散歩日和になりました。

こんな感じの山道を1時間ほど散策。
車も通らないし、空気はきれいだし、気軽にお散歩できます。
途中で馬に乗った人と遭遇。Ledaの知り合いでした。
Ledaと馬主が話していると、馬がクシャミをして絶対ツバかけられたな。。。と内心思っていました。しかも何回もクシャミするし。。。
まぁそういうこともあります(笑)

最近超運動不足なので、このままでは歩けなくなるのでは!?と真剣に心配している今日この頃。

散策のあとはLedaのお家へ。
もちろん(!?)夕食をご馳走になりました〜。

メニューは手打ちパスタ。タリアテッレとラビオリ。 とメインはウサギです。
ちなみにウサギもLedaのお家のですよ。 Ledaのおばあちゃんが世話しています。

こちらはラビオリを作っているところ。(私は見学)
中身はこれもLedaのお家の野菜を使ったものです。

こちらはタリアテッレを切っているところ。

こちらが出来上がりのタリアテッレ、ソースはたぶんLedaのお母さんの手作り。
とにかく手打ちパスタは全然違いますね、麺がツルッとしていていくらでも食べられそう。

ラビオリ。
ソースはタリアテッレと同じもので。

最近、私個人的にラビオリみたいに中に何か入っているパスタより、麺系のパスタの方が好きなことに気付きました。
どちらもおいしいんですが、どっちかといえば。

そしてメインのウサギ〜!
もちろん原型は全くとどめていませんが、料理する前は当然そういう形でしたよ。。。
私は特にかわいそうで食べられない〜。。。とかいう繊細な感情の持ち主ではないので、おいしいものはおいしく頂きます。
このウサギも調理されている間に、めちゃめちゃいいにおいが漂っていました。
実はウサギ料理にはちょっとうるさいLedaの旦那さん。
この日の料理にはかなり高い評価(?)を付けていました。
私もおいしく頂きました。

ウサギは結構料理するのが難しいらしいです。手間もかかるし。
まぁ私がウサギを調理することは一生ないので問題ないですが。

清々しい散歩とおいしいお料理でここち良い休日を過ごした日でした。
帰りはめちゃめちゃ寒かったけど。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年4月1日月曜日

“La Nena” でパスクワランチ

今年も昨日から夏時間になりました〜。
そして昨日はパスクワ。復活祭でした。

で、昨日のランチはアンギアーリにあるレストラン“La Nena” で。
以前にも紹介したことのあるレストランですが、私たちの結婚式のカーテリングをお願いしたレストランでもあり、ヒゲ男のお母さんは一度もレストランへは行った事がなかったので、今回はこちらでランチにしました。

実は3月3度目の訪問。
前回書いた友達の誕生日もこのレストランで。
さらにその前にもミラノから来た友達とこちらへ。。。

この日はパスクワということもあり、家族連れのお客さんでいっぱいでした。

席にはキャンディーみたいな卵形のチョコレートが。
パスクワといえば卵ですからね。

そして前菜パスクワバージョン。
真ん中にゆで卵。
パスクワにゆで卵を食べるのも習慣の一つ。
実は敬虔なクリスチャンのマンマ。レストランにゆで卵持参で、私たちもちょっとづつ食べさせられました(笑)

ここのクロスティーニは絶品! (お皿の左側にあるパンに黒いパテのようなものがのっているもの)
私はこのクロスティーノ・ネロが大好物なのです。(これも何度も言ってますが。。。)

キャニーナという牛肉のカルパッチョとリコッタチーズ。
このリコッタチーズは、モンテメルコレというこの近辺ではチーズや生ハムでとっても有名なところのもの。
ここのリコッタチーズも他とは比べ物にならないくらい味が濃くておいしいんですよ。。。

プリモは2品を3人でシェア。
ほうれん草とリコッタチーズ(もちろんモンテメルコレの!)のラビオリ、トリュフかけ。
これも文句なくおいしいんですが、私はもう一つのプリモが食べたかったので、こちらは控え目に頂きました。この一品はヒゲ男の大好物。

そして私がめちゃめちゃ楽しみにしていた一品。
ガチョウのパッパルデッレ。
こちらは事前にお願いしていたものです。常時メニューにはないので、事前にお願いしておくと作ってくれます。

先日別のレストランでもこれを食べたかったんですが、今は時期じゃないからないと言われショック。。。
ガチョウが季節ものだとは知らず。。。
だいたい6月下旬くらいからが時期だそうで、冬はには作り置きして冷凍しておくものを使っているのですが、私たちが行った時にはもう作り置きしておいたものもなくなっていたのです。

普通のレストランで常時食べられるところは、ガチョウの肉自体の冷凍ものを使っているそうです。

とにかく、前から食べたかったものが食べられて幸せでした。
味もとってもおいしかったし!
結婚式でも出たメニューですごくおいしかったのにあまり食べられなかったことが悔やまれていたこともあったのです(笑)

メインはこちらもガチョウをローストしたもの。
もうすでに満腹でしたが、がんばって食べました。
日本でガチョウを食べることってあんまりないですが、鶏肉より味が濃い感じ。

最後は調子にのってデザートまで頂きました。
 ヒゲ男とマンマセレクトのパンナコッタチョコレートがけ。

私はパスクワってことで、コロンバというお菓子(このコロンバはアンギアーリの近くのサンセポルクロという町にあるとってもおいしいパスティッチェリアのものということだったので)。

久々に前菜からプリモ、セコンド、ドルチェとカフェまで完食!

さすがにこの日は夕食は食べられませんでした。。。

アンギアーリへ行く事があればおすすめのレストランです。
特にプリモ。
こちらでは、ブリンゴリというピチに似たパスタと、ポルチーニのリゾットもおすすめ!


”La Nena”
Corso Giacomo Matteotti, 14
52031 Anghiari AR
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ