2013年2月7日木曜日

“ナイン・ストーリーズ” サリンジャー


めずらしく本の紹介です。
年末に読んだんですが、かなり気に入ったので。

夏に日本に帰国した時に弟に勧められ、古本屋で購入。
ちなみに、私は古本屋をよく活用します。

サリンジャーといえば“ライ麦畑でつかまえて”が有名ですが、今までサリンジャーの本は読んだ事がありませんでした。

本はタイトル通り、9つの物語の短編集です。
基本的に短編集はあまり読まないんですが。
なんせ短い話の中におもしろさを詰め込むのって、相当難しいと思うんです。

背表紙のあらすじなども読まず本編を読み始めたので、まず最初の話でかなり衝撃を受けました。
その他の話も短編にもかかわらず、すぐに話に引き込まれ、最後がどうなるのかがすごく気になります。
決して単純な話ではないので、正直意味がよくわからないところもあるんですが、それでもおもしろいと思える何かがあります。
今更ながらすごいな、サリンジャー。

サリンジャーの他の本も是非読んでみたいと思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: