2013年2月11日月曜日

映画 “ジャンゴ 繋がれざる者”


映画が続いていますが、今回は結構楽しみにしていたクエンティン・タランティーノ最新作、“ジャンゴ 繋がれざる者”を観て来ました!

日本では3月1日公開です。

内容は簡単に言うと、1858年のアメリカ南部、奴隷のジャンゴが元歯医者の賞金稼ぎと出会って、二人で賞金稼ぎとなり、最終的にジャンゴの妻を助けるという内容。

ジャンゴをジェイミー・フォックス、賞金稼ぎのキング・シュルツをクリストフ・ヴァルツ、あとは悪役にディカプリオ!
サミュエル・L・ジャクソンも出ていたりと、豪華キャストです。

これはおもしろかったです。
もちろんタランティーノなので、バイオレンス。
結構残酷なシーンもあって、私は目をそむけたりする場面もありました。
が、タランティーノ映画が好きな人は、好きでしょう。やっぱり。

とにかく登場人物がかっこいい!
主役のジェイミー・フォックスはもちろんかっこいいし、このクリストフ・ヴァルツがめちゃ良かったです。
さらにディカプリオ、やっぱうまいな演技。
悪役がめちゃめちゃ楽しそうでした。
普段悪役をやらない人が悪役する時って、とっても楽しそうですよね。。。

2時間45分と長めな映画ですが、最初から最後まで楽しめます。

普段ヒゲ男は映画はあまり観ないんですが、この映画は一緒に観に行きました。
あまりにバイオレンスすぎるかとも思いましたが、意外にヒゲ男も楽しんだようで、早速翌日には映画の最後のシーンで流れていた音楽をyoutubeで探して聞いていました(笑)
ヒゲ男はウエスタン映画が好きなそうで。。。

バイオレンスが無理な人にはおすすめできませんが、タランティーノ映画を待ってた人には期待を裏切らないんじゃないでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: