2013年1月29日火曜日

ウィーンで行ったカフェ

ウィーンと言えばカフェも有名ですよね。
ってことで私たちも何軒かカフェめぐりをしてみました。

まず最初に行ったのは、ツェントラル (Café Central)
ガイドブックによると1876年にオープンした老舗カフェ。
カフカやスターリン、ヒトラーもここを訪れたそうです。
行ってみると、かなり人が並んでいました。
順番を待って店内へ。
とりあえず、観光シーズンだからというのもあるかもしれませんが、すごい人で窓際でないテーブルは結構ぎゅうぎゅう詰めに設置されていました。お客さんをたくさん入れるためなんでしょうかね。

ケーキの注文はケーキの陳列してあるところへ行って選び、ケーキの名前の書いた紙をもらってウェイターに注文するというようなシステムでした。
こちらが私たちが注文したもの。
手前のボケてるのがヒゲ男注文のチョコレートケーキ。
正直、見た目あまり食べたいと思うものがなかったので、中でも小さかったクリムトの“接吻”がスタンプされたチョコレートケーキのようなものを注文。
飲み物は奥の冷たいものがヒゲ男注文。名前は覚えていません。
私はメランジェ。モカと温かく泡立てたミルクを1対1で混ぜたものだそうです。
カプチーノより軽い感じでおいしかったです。

店の雰囲気的には、本当に人が多くてざわざわしていて、私たちが座った席も本当に狭いスペースに押し込まれた感じで落ち着いた雰囲気は全くありませんでした。
しかもお会計を聞いた時に、ウェイターの人がレシートをお食べた皿の上に投げ捨てるという。。。
いくら忙しいからってどうなのそれ!?

これまたしょっぱなから、楽しいカフェにはあまりなりませんでした。

次に訪れたのは、ザッハー(Café Sacher)
あのザッハートルテ発祥のお店です。
支店もあると聞いていましたが、どこか事前に調べていなかったので、ザッハーホテル内のカフェへ行きました。
ここへ行ったのは1月1日の朝!
普通の時間に行ったら絶対混んでると思ったので、朝8時オープンだったので8時過ぎに到着し、朝ご飯代わりにザッハートルテを食べるということにしました。
私は、朝から何でも食べられる派なので。

さすが高級ホテル内なだけあって、中も豪華。
入ったら、コートをクロークに預けなくてはいけません。で、一人1ユーロ取られます。。。強制です。

ヒゲ男はさすがに食べられないと言うので飲み物のみで、私だけザッハートルテを注文。
すると、一つのケーキを二人で分けると思われ、フォークが2つついてきました。。。
さすがにそれほど貧乏ではありません!私たち(笑)

今年初めて食べたものがこのザッハートルテ。。。
まぁ普通においしかったです。
朝早くてお客さんが少なかったせいもあると思いますが、落ち着いた雰囲気で高級感漂う感じでした。

最終日にオペラ座の近くに支店があるのを発見し、そこでヒゲ男のお母さんにお土産にザッハートルテを買いました。
こちらの方がカフェのみなので、気軽に入れる感じでした。

こちらは美術館でも書いたゲルストナーKHM (Gerstner KHM)
とりあえず、店内というか美術館内の装飾が豪華。落ち着けます。
ここでは、お昼ご飯を軽く食べました。

注文したのはクラブサンド。
結構ボリュームがあって、おいしかったです。
ここで、やっぱりケーキも食べておこう(?)と思い、またまたザッハートルテとメランジェ。

ザッハートルテを食べ比べるということで、食べてみたのですが、当然ですがとりあえず甘い。

ここは誰も案内とかしてくれないので、適当に席が空いたら座るといった感じ。
すると担当のウェイターがやってきます。
ウェイターはあんまり愛想が良くないです。

私たちが行ったカフェのウェイターで愛想のいい人はいませんでしたね。。。
というか、冷たいくらい。

最後はアイーダ (Aida)。
こちらはチェーン店で結構いろいろなところで出くわします。
アイーダは2度別の場所へ行きました。
一度目はアインシュペンナーという暑いもかにホイップクリームを入れたものと、クリームチーズパイみたいなのを注文。
飲み物はメランジェの方が私好みでした。

二度目は別のアイーダでザッハートルテとメランジェ。

店内では食べず持ち帰ったのがデーメル(Demel)というカフェのケーキ。
こちらもあまりに並んでいたので、ホテルに持ち帰って食べる事にしました。
しかし、ここの店員さんがすごかった。
私たちが注文の順番を待って、いざ私たちの番が来た時に、店員さんが他の店員さんと話出し、私たちを無視。
その店員さんと話し終わると、次は他のことをし出し、いっさい目の前にいる私たちを見ようともしません。
もう私たちはいないも同然の扱いです。
もちろん、ちょっと待ってください。の一言もありません。
やっと自分の用事が済むと、注文を聞いてくれました。

いや〜、ウィーンの人って本当に冷たいな。。。

ただ単に私たちの運が悪かっただけかもしれませんが、ウィーンの人(たぶんお店の人たち)は冷たい人が多かったです。

ちなみに、ウィーンに行ったらやっぱりカフェへは行きたいですが、行ってみると、有名店はどこも混んでてガヤガヤごちゃごちゃしてるし、私がザッハートルテしか基本的に注文しなかったこともあるかもしれませんが、ケーキも日本のケーキの方が私好みです。
スポンジもしっとりしてないし、味も大味だし。
日本でも混んでるカフェはたくさんありますが、もう少し居心地がいい気がします。
(それは周りが日本人だから?)
とりあえず、ウィーンでカフェに行くという目的は達成したので満足ですが。

ウィーンが良かったという日本人の人はもちろんたくさんいるので、(というかウィーンがあんまり良くなかったという意見を聞いた事がないくらい。)私たちが特別運が悪かったのかもしれませんね。。。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ханяма さんのコメント...

わたしも行きましたよぉ~
食べましたよぉ~

もう・・・甘ぁて・・甘ぁて・・・

好きな人は好きなんやろなぁって。

sato さんのコメント...

>ханямаさん
やっぱり一応カフェには行きますよね〜。

でも甘いんですよね。。。

ウィーンに行ったことのある友達は甘すぎないケーキもあって、おいしかった!と言っていたので、他のケーキにも挑戦すべきだったんでしょうかね。。。