2013年1月22日火曜日

ウィーン〜 必見! 国立図書館

こちらも前回に続きハプスブルク家、王宮内にある国立図書館。
こちらは図書館のみで入場料が7ユーロと若干高めですが、見る価値はあるんじゃないでしょうか。
なんせ造りがすごいです。

写真では伝わりにくいですが、入った瞬間、圧巻です。。。

高さ29mある中央ドームの天井のフレスコ画。
ハプスブルク家歴代当主の偉業を寓話的に表現したものだそうです。(ガイドブックより)
図書館ひとつにこんな贅沢なフレスコ画、さすが王家。

 星座が描かれた地球儀も素敵。

天井画の真下にはこの図書館を建設するように命じたカール6世の像が。

ハプスブルク家歴代皇帝やオイゲン公などの蔵書、約260万冊からなるこの図書館。
古い本のにおいとか、なんとも言えません。

プラハで行った修道院の図書館も良かったですが、こちらと比べると。。。
こちらは実際に中に入れますし、大きさも格段に違いますからね。
なんせハプスグルク家だし。

ヒゲ男はこの場所がウィーンで一番のお気に入りになったようです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: