2013年1月27日日曜日

ウィーン〜オペラ座でオペラ鑑賞

ウィーンといえばやっぱりオペラ。
プラハに引き続きウィーンでもオペラ座でオペラ鑑賞してきましたよ。

鑑賞したのはこちらもウィーンといえば、モーツァルト。
モーツァルトが作曲した最後のオペラ、魔笛です。
 
館内はとっても豪華でした。(写真がこんな中途半端なものしかないのがなんですが。。。)

ここで私たち、とっても不愉快な思いをすることに。
クロークは各階にあって、まぁ私たちは当然一番上の安い席です。(立ち見ではないですが。)
席に着く前にクロークでコートを預けます。
私は帽子とマフラーがあったので、それもコートと一緒に台の上に差し出しました。
すると係の人は私とヒゲ男のコートのみをコート掛けに掛けに行きました。
私は、この帽子とマフラーも預けたいんですけど、というジェスチャーをすると、その係の人は“なんやねん!それも預けるんか!”という目で私を一瞬見て、無言でヒゲ男のコートをもう一度持って来て、台の上に軽く放り投げ、無言で“このポケットにでもいれろ”という仕草をするではありませんか!!
何やねん!その態度!!
確かに私たちは安い席ですよ。でもちゃんとお金払ってるし。
まぁ安い席とか関係ないかもしれませんが、本当にひどい係員でした。

ガイドブックにはクロークは有料と書いてありましたが、私たちの前にいた人たちでお金を払っている人もいなかったので(表示もなかったです。)私たちはお金を払いませんでした。もちろん、こんな係員にやるチップなんかもありません!

せっかく楽しみにしていたオペラもしょっぱなから気分台無し。。。

気を取り直して劇場内へ。
中の造りはプラハと違ってシンプルな感じでした。

オペラ自体は言葉はわからなかったけど(ドイツ語なので)楽しめました。
やっぱりしょっぱなから、音楽もアイーダより良かったです。
さすがモーツァルト。
やっぱりヴェルディとは格が違うで。なんて、ヒゲ男と言いながら。。。

オペラ歌手の人たちも、オーケストラもとても良かったです。
これまたプラハとは格が違うのかな。。。

あくまで素人なので、専門的にはなんとも言えませんがとにかく楽しかったです。
またオペラ見たいな。という気になりました。
ヒゲ男もこのオペラはとても気に入っていました。

服装はプラハのオペラ座同様、そこまで着飾る必要もない感じでした。
冬だから特にそうだったのかもしれません。
夏ならもっと露出度の高い、結婚式にでも着ていくような服の人がたくさんいるかもしれません。

今回はプラハもウィーンもオペラ鑑賞のみでクラッシックコンサートへは行かなかったのですが、ヒゲ男と次はクラッシックコンサートもいいなぁ。と話していました。

やっぱり芸術の街ウィーンですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: