2013年1月13日日曜日

プラハ散策で目にしたもの

旅行ネタ、まだまだ続きます。。。プラハのあとはウィーンも残ってるし。
いつ終わるかわかりませんが、おつき合いいただけるとうれしいです。

今回はプラハの風景をアップします。

プラハといえば赤い屋根のこんな風景が有名。
遠くに見えるのはプラハ城です。
旧市庁舎の時計塔の上から街を一望できるので、おすすめです。
クリスマス市のあった広場もこの塔の上から撮りました。


プラハはかわいい建物が多くて、建物を観察しながら歩くのも楽しいです。

カラフルな建物はイタリアとは違うので新鮮。
ヨーロッパ〜って感じです。(私の勝手なイメージで笑)

右端に見えるのが“ダンシングハウス”ビルが踊ってるように見えます。

一見普通の建物にも凝った彫刻がほどこされています。
真ん中の階の柱部分は人が柱を支えています。
テラスの柵部分もデザインが凝ってます。
こんな建物がたくさんあります。


こちらはの建物の入り口には木とフクロウが。

街を歩いていると、不思議な彫刻やちょっと怖い彫刻などに出会ったりします。

こちらも建物自体変わってますが、壁に素敵な絵が描かれています。
ちょっと露出を上げ過ぎて色が飛んでますが。。。
壁一面に絵が描いてある〜!と思って写真を撮って、良く見たら下はハードロックカフェでした!
建物にとけ込んでて全然気付かなかった。。。

こんな具合に個性的な建物がたくさんあります。

旧市庁舎の時計塔とティーン教会。



最後に、旧市街側のカレル橋の塔の上からの写真。
橋の反対側にも塔がありますが、プラハ城とこの橋の写真が撮りたかったのでコチラ側の塔に登りました。
ちなみに、この塔のチケット売り場は塔の入り口をどんどん登って行くと途中にあります。
入ってすぐにはないので、一瞬??となりますがとりあえず上へ進みましょう。

プラハ散策、あまり寒くなかった事もありとっても楽しかったです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: