2013年7月30日火曜日

このスクラブで手がツルツルしっとり!

昨日は夕方突然ものすごい嵐がやって来て、家に帰ったら停電してました。。。

しかも復旧したのが夜の8時半頃。
夏なのでこの時間でもまだ明るかったから良かったものの、電気がないと不便です。
しかも、どうやらうちの家周辺のみの停電。
確かに家から10分とかからない会社や、歩いて5分のヒゲ男の実家は大丈夫だったようです。。。

それにしても、他の場所でも結構な被害があったようで、スーパーも雨漏りっていうか、もう漏れてるところが普通に土砂降りでお客さんを帰して2時間程閉めたらしいです。


で、嵐とは全く関係ないんですが、先日美容室へ行った際購入したこちらの商品。

LA BIOSTHETIQUEのMani Care。
私が行ってる美容室で扱っているメイク商品のブランドがこちらのLA BIOSTHETIQUE。

で、この商品は書いてある通り手のケア商品です。
以前にカットが終わったあと、サービスでこの商品を試させてくれたころ、手がツルツルしっとりになって、すぐ気に入りました。
早速購入したかったんですが、そのときは在庫がなくて買えず、前回行った時も聞いたらちょうど在庫がなく。。。
今回やっと在庫があったので、購入しました。

スクラブが入ったオイルで、手に適量をとってマッサージし、洗い流すとツルツルしっとりになるものです。
毎日使えるし、ひじやひざなどガサガサしやすいところにも使えます。

手やひじ、ひざなど年齢が出やすいところは充分ケアしていかないといけないですしね。。。

美容室の女の子は、使えば使う程しっとりするから、乾燥する冬は特に1日2回使ってもいいくらい!と言っていました。

私は夏でもこっちでは乾燥するので、なかなかいい商品に出会えてうれしいです!
ただ、どこでも買えるブランドではないみたいなのが残念です。
なくなるころを見計らって美容室へ行かないと!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年7月28日日曜日

お城でモーツァルト鑑賞!

先日、ヒゲ男がお城で小さなオーケストラのコンサートが無料であるというのを見つけたので行ってきました。

夏はいろんな場所で無料野外コンサートが行われます。
今回行ったのは、今このあたりでやっているモーツァルトフェスティバルというものの一つ。

アレッツォから車で20分ほどのところにあるValenzano(バレンツァノ)という町にあるCastello di Valenzano(ヴァレンツァノの城)というお城でありました。

お城って聞くといつもテンション上がります!
で、こちらがお城。
結構きれいです。

現在はホテル、レストランとして使われています。
この日はこのお城の中庭みたいなところでコンサートが行われました。

クラシックとか全然わかりませんが、私とヒゲ男はモーツァルトは結構好きなので、このコンサートもちょっと楽しみでした。

中庭で10人程のオーケストラ演奏。
中庭でも音の響きが結構良くて、感動。
オーケストラの皆さんもすごく上手だったと思います。(素人意見ですが。)
指揮者の人がフルート奏者としても有名らしく、はじめはGiovanni Battista Pergolesiという作曲家のフルートのための曲をやったのですが、フルートを吹き、指揮もやるというすごいことしてました。
さらにフルートのための曲というだけあって、ソロの見せ場がすごかったです。
フルートの速吹き(!?)
フルートだけをじっくり聞いた事があんまりないので、よくわかりませんが途中、上手いの(!?)ってところもありました(笑)
まぁ有名らしいので、上手かったんだと思います。

その後はゲストでこちらも有名なクラリネット奏者の方が来ていて、2曲目はJohann Stamitzという作曲家のクラリネット奏者のための曲でした。
クラリネットってこんなにいい音するんだ〜。とこちらはかなり感動しました。
すごく心地のいい音で、個人的にはフルートより良かったです。(笑)

そして最後に2曲モーツァルトの曲。
プログラムに書いてあったタイトルはDivertimento in fa maggiore KV 138 とDivertimento in re maggiore KV 136。
これらの曲はモーツァルトが16歳の時に書いたもので、弦楽器のみの演奏の為に書いた曲だそうです。
16歳でこんなの作るとか、さすが天才。
この最後のKV 136の方はヒゲ男が特に気に入った曲で、隣に座っててもめちゃめちゃ気に入ってるのがわかったくらい(笑)

昔の貴族の人達はこんな感じで家にオーケストラとか呼んでたんでしょうか。。。
なんとも贅沢ですね〜。

とにかく素敵なコンサートでした。

このお城でのコンサート、実は毎年やっているそうで、また来年も情報をチェックして行きたいと思います。

ちなみにこちらのお城のレストランはイマイチだとか。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年7月25日木曜日

アレッツォのレストラン “Le chiavi d'oro”

昨日は結婚記念日でした〜!

結婚2年目突入です。
でも、式をしたのは遠い昔のようですが。。。

で、お祝いってことで以前から一度は行ってみたかったアレッツォのチェントロにあるレストラン “Le chiavi d'oro”(意味は金の鍵)へ行ってきました。

私たちにはめずらしくオシャレな感じのお店です。
ヒゲ男は一度行った事があるらしいですが、まずオシャレなとこ嫌い。そこそこの値段、お皿が大きいのにのってるものがチョコットしかない。と、ヒゲ男が嫌いなレストランの代表みたいな場所。
ヒゲ男が行った時は会社で行ったので、お会計は会社持ちでしたがおごってもらっても行きたくない!っていうお店。(笑)

そんなお店ですが、私がど〜しても一度だけでも行ってみたいとお願いしてなんとか承諾してもらいました。

で、とりあえずお店の評価の結論から述べると、びっくりするくらいガッカリなお店でした。。。
いや、ほんと、あんなに嫌がるヒゲ男を無理矢理説得して行ったのに、申し訳なかった。。。

 アレッツォの中心地、サンフランチェスコ教会の反対側の角にあります。
なぜか入り口ではなく横からの写真。。。
 
 店内はこんな感じでオシャレ。

外にもテーブル席がありますが、私たちは中を選択。

席に着くと店員さんがとりあえずお水持って来ましょうか?と持って来たお水。
わかるかな?パバロッティとのコラボ水です。

しかし、水持って来る前にメニュー持って来てくれ!
時間が早かったので、店は空いていたのにもかかわらず、店員がしゃべってばっかりでメニューを持って来ない!!
最終的にこっちからメニューくれって行ってもって来てもらう始末。

で、二人ともちょっと不機嫌に。

正直なところメニューもたいして惹かれるものがなく。。。
ヒゲ男の機嫌がさらに悪く。。。
私も無理矢理誘ったことをここで少し後悔。

パンもオシャレ。
このフォカッチャと薄いクラッカーみたいなのはおいしかったです。

最終的に二人とも同じ料理をチョイス。
前菜とプリモ。
メインはほんとに食べたいと思うものがなかったのでパス。

で、こちらが前菜のカルボナーラ(←っていうメニュー名)。
巨大な皿に半生の卵とクリーム仕立てのソースとベーコン、トリュフの粉が少々かかっている一品。
お店の人の説明で、おいしそうに思ったので注文しましたが、若干予想と違うものでビックリ!?
ヒゲ男と私、二人で笑いました(笑)
ちなみに前菜のお値段は均一で12ユーロ。
パスタも12ユーロでメインが16ユーロです。

味の方は私、生卵好きじゃないんで、半熟くらいだと思ってた卵がほぼ生だったので、イマイチ。。。

気を取り直してプリモのパスタ。
巨大マカロニ(なんてパスタ名か忘れました)にバジリコのソースとミニトマト、アンチョビ、チーズがのったもの。

いや、これもまたパスタが半生!?
ヒゲ男の第一声が「わっ!このパスタ半生やしソースしょっぱいし最悪!」。でした。

量的には全然完食できる量でしたが、このパスタを食べてる途中で異常にお腹がはってきて全部食べきれず、最後はヒゲ男に食べてもらいました。

本当に予想外のイケてなさにビックリしました。
ヒゲ男もここまでひどいとは思ってなかったと言っていたので、もしかするとシェフが変わったとか、この日がたまたまメインシェフが休みだったとか!?

実際9時頃になると外の席は満席で、来るお客さんも半分くらいが常連さんみたい。
常連ってことはこの味を知ってて、そんなに安くないのに来るってことですよね〜。
不思議。
しかも、実はこの店ミシュランにも載ってるみたいで、過去5年分くらいのシールがドアに貼ってありました。ちなみに今年のもありましたよ。

で、味もさることながら接客もどうなの!?って感じで、常連にはすぐ話しかけて(というか常連と話し過ぎて!?)他の客の接客がおろそかになってるとしか思えない。

ミシュランの基準とか全然知らないし、ミシュランに載ってるから行こうって思うこともほぼないけど、どうも信用の置けない基準です。

もしかしたら今回たまたま当たりが悪かっただけかもしれないけど、もう二度と行く事のないお店ですね。

帰ってからも胃の調子が悪くて胃薬まで飲んだし。
絶対半生のパスタの消化が悪かったに違いない。

せっかくの記念日でしたが、本当にヒゲ男には悪い事したな〜。
来年はヒゲ男が行きたいところへ行く事にします。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年7月19日金曜日

ミラノからわざわざこれを食べに来ました!

話が前後しますが、ちょうど先週の木曜日、ミラノから知り合いが来ました。

ヒゲ男の仕事関係で知り合った人で、今では仕事と関係なく会ったりします。

で、この人、仕事上ミラノから毎日イタリアを縦往復しているんですが、去年の秋頃からヒゲ男と親しくなってから、アレッツォの近くで仕事があるとヒゲ男との仕事がなくても電話があってご飯を食べに行くようになりました。

それもこれも、ヒゲ男が知り合った時にアレッツォ周辺のおいしいレストランを紹介したらとっても気に入って、それ以来レストラン目的でアレッツォに来るようになったというわけです。

実は5月にあったイノシシ祭りにもイノシシ料理を食べるためだけに、彼女と1泊でアレッツォへ来た二人。

今回も木曜日と金曜日2日連続でsagra(収穫祭と称した食べるお祭り)へ行く為にミラノからわざわざ二人がアレッツォまで来ました〜!

1日目の木曜日のお祭りはこちら。
わかるでしょうか!?
Sagra del ocio(ガチョウ祭り)です〜!
実は私もこのSagraに行ったのは初めて。
今イタリアのパスタソースで私が一番好きなのがこのガチョウのソース。

小さい町のお祭りなので、こんなプレハブ小屋みたいなところで食事をします。

で、こちらが私もとっても楽しみにしていたガチョウのソースのタリアテッレ。
ソースもおいしかったですが、このパスタが異常においしかった。
手打ちかと思うような舌触りと絶妙な湯で加減でした。

こちらはメインのローストチキンならぬローストガチョウ。
私はパスタを食べるとすぐにお腹がふくれるのでちょっと味見程度に食べましたが、これがなんとも言えずおいしかったです。

ガチョウをうまく料理するのはなかなか難しいらしいのと、一般的には養殖されていないのでどこでも食べられるものではないとのこと。
特にトスカーナくらいでしか食べるところはないみたいです。

でも、実は今日アレッツォの有名なお肉屋さんで最高においしいガチョウのソースを売っていることを発見!
これでいつでも食べたい時に食べれます〜。しかも最高の味〜!(笑)

お腹いっぱいでしたが、この後ジェラートも食べて大満足で1夜目終了。

翌日はこちら〜!
ステーキ祭り〜!
以前にも紹介したことのある、OLMOというこちらもアレッツォの近くの小さな町のお祭り。☆以前の記事 ☆

2年前から毎年行っていますが、今年はなんとコカ・コーラがスポンサーについていましたよ!
Sagraでそんな大きな会社がスポンサーにつくなんてめったにないこと。
しかも、そこの人によると、わざわざ向こうから探してやって来たらしい。。。
で、各テーブルごとに普通のコーラとカロリーゼロの1.5リットルボトルが無料で配られました。いや〜太っ腹です。

しかも注文とるのになんとiPadとか使ってるし〜!!
なんだ、この雰囲気に似合わないハイテクさ(笑)

それにしてもこのステーキ祭りは今年で38周年。
長く続いているだけの理由はありますね。

400gのキャニーナ(トスカーナのブランド牛)が12.5ユーロで焼き加減も最高の状態で食べられます。
 ミラノから来た二人も800gと400gのお肉をぺろっと平らげていました。

とにかくこの二人、普段何を食べてるんだってくらい、何を食べてもおいしいといいます。
同じイタリアなのにミラノとトスカーナじゃかなり違うんですね〜。
聞いたところでは、パスタはアルデンテではなく、茹で過ぎがちょうどいいらしいです。
二人はアルデンテ派ですが。
オリーブオイルではなく、バターを使う事が多かったり。
二人によると、ミラノでもおいしいものは食べられるけど、それなりのものを食べようと思うとそれなりの金額になるそうです。
まぁミラノは物価も高いでしょうしね。

この日も最後にジェラートでシメ。

翌日二人は恒例になっている、お肉屋さんでキャニーナのステーキやサルシッチャなどたくさん買い込んでミラノへと帰って行きました。

それにしても、本当に食べる事目的でわざわざミラノから車で4時間くらいかけて来るからすごいです。しかもそのために1泊するし。。。(笑)
二人ともすごく楽しい人たちなので、時々会えるのはいいんですけどね。
次は秋頃来る予定。
私たちもミラノへ来てと誘われているので、9月頃行くかもしれません。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年7月18日木曜日

祝! 正社員〜!!

ずいぶんとご無沙汰しています。。。
最近全く何にもする気が起きず、ついついブログもそのままに。。。

しかし、今回は個人的にうれしいことがあったので。

はい、タイトル通りまる4年間の契約社員を経て、晴れて正社員となりました〜!
ちゃんと契約書にもサイン済み!

このご時世、イタリアで正社員はほぼ奇跡!?
給料がとんでもなく安いことを除けば、とってもありがたいことです。
しかも給料もちょっとアップしてもらいました。
アップしてもらっても安いのには変わりないんですが。。。

日本と比べると悲しくなる程安い。。。ほぼ税金で引かれてるからなんで、会社が悪いわけではないんだけど。

とにかく、給料が安くても好きな仕事なのでそれが大きいです。
一応グラフィック関係で、業種はあんまり褒められたものではないので大きな声では言えませんが。
(別に怪しい仕事ではないですよ。。。だいたいグフラフィックで怪しい仕事ってどんなんや!?って話だし。法律に触れるような危険なものとかでもないです。念のため。)

仕事としては絵を描いたり、3Dでモデリングやちょっとしたアニメーションを作ったり、といったもの。
日本でも仕事はグラフィック関係でしたがオペレーションが主だったので、今の方が仕事としてはとっても楽しいし、なんといっても内輪の人間としか会話しなくていいってところがいい!(笑)

うちの会社はデザイン会社ではないので、クライアントと話さないといけないとか電話をとらないといけないとかがないので、私にはこの辺かなりポイント高いです。
なんせ普段からコミュニケーション能力がとっても低いので。。。
日本ですらできればしたくないのに、イタリアでなんて。。。絶対無理!

正直私のデザインレベルで日本で同じ仕事をできるか、っていうと絶対無理なのでイタリアはこっち方面まだまだ遅れてて良かったな〜って感じです。アレッツォなんて田舎なので、なおさら。しかもグラフィックとはいえ今までの仕事と全然違うし。

って、ここまで書くと何でそんな人間が正社員になれんねん!?と思われるかもしれませんが、とにかく日本のグラフィックレベルと比べてはいけないってことですよ。(笑)

まさかイタリアで日本でしてた仕事より楽しい仕事ができるなんて思ってませんでした。
いや、ほんとありがたいことですね。

これからも、会社(うちの部所)が存続する限りがんばっていきたいと思います。
(唯一の心配はうちの部所がかなり不安定な部所ってことなんで。。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月25日火曜日

我が家の海開き

今年もやってきました、我が家の海開き。

毎年6月下旬から約2ヶ月ほどヒゲ男のマンマが海の家で過ごすので、初日は荷物などを運ぶ為に一緒に行きます。

日曜日のfollonicaはお天気が良くて気持ちよかったです。

まぁ毎週でなくてもできるだけ週末は私たちに海へ来て欲しいようなので、何度か行く事になります。
何度も言っていますが、私は海があまり好きではないのでできれば行きたくないですが、去年買った浮き輪でなんとか楽しく過ごす努力をしています。(笑)
(海に行きたくてもなかなか行けないイタリア人が聞いたら絶対反感買うな。。。)

実は今年の夏の日本帰省にはヒゲ男マンマも同行!
というわけで、実はマンマは海で過ごす日にちがいつもより2週間ほど少なくなるのが残念なようです。。。
もう典型的なイタリア人ですからね〜。海が大・大・大・大好きなのですよ。

でも、今までかなり世界中を旅行しているマンマ。
(ちなみに6月初めも10日程ベルギーやオランダ、フランスなどを旅行していました!)
日本にはまだ一度も来た事がないので、それは是非一度は行っとかないといけない国でしょ!
もちろん息子は大の日本好きだし、嫁は日本人だしね。

というわけで、日本への旅行はなんとか海で過ごした方が良かったと思われないように、がんばりたいと思います。(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月16日日曜日

フィレンツェでおいしいお魚

いきなり夏がやって来ました。
日本も暑いようですが、こちらも先日まで寒いくらいだったのに昨日は36℃、今日は40℃くらいにもなるらしいですよ。。。

で、昨日はまたまたAtsukinaとバンビーナに会いにフィレンツェへ行ってきました。

フィレンツェに住んでいる人にはすでに有名なお店かもしれませんが、お魚がおいしいと評判の“Fiaschetteria di pesce”というお店で昼食。

特に最近なぜか無性に魚ものが食べたい衝動にかられていたので、とっても楽しみでした。

まずは前菜。
前菜の種類が豊富でどれもおいしそうで、どれを食べるかかなり迷います。
私は手前のトマトとズッキーニがのったものを選びました。
中にはエビが入っていておいしかったです。
他のものも味見させてもらいましたが、どれも本当においしい!

こちらはAtsukinaの旦那さんF氏のセレクトしたニョッキ。中は何だったかな。。。
確かエビが入っていて周りにはズッキーニのソースがかかっていました。
このズッキーニのソースがおいしくて、どうやったらズッキーニがあんなソースに変わるのか不思議でした。

こちらは私とAtsukinaセレクトの手長エビのスパゲッティ。
とにかくエビがいっぱい入っていて、エビのエキスがたっぷり。
こっちで魚介のパスタとか食べると、私には塩辛いことが多いのですが、ここのは全く塩辛くなくエビのエキスで逆にほんのり甘いくらい。
めちゃめちゃおいしかった〜。
こんなにおいしくてこのパスタ12ユーロなんて安いです!

前菜は持ち帰りもできるので、近くに住んでいる人はいいですね〜。
しかも毎日メニューが変わるらしいので。

アレッツォにもこんな魚屋さんないかな。。。

食事の後は、F氏とお別れし、女子のみでチェントロへ。
初めてGUCCI カフェへ行きました。

バンビーナちゃんは、前回会った時よりもかなり成長していて、もっとかわいくなってました!
せっかくデカイカメラを持って行ったにもかかわらず、あんまりいい写真が撮れなかった。。。
終始おりこうさんだったバンビーナちゃん。
本当に将来楽しみだね〜。

今回もありがとうAtsukina!

次は夏休みが終わったらまた遊びに行くから!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月9日日曜日

パリのパティスリー“Angélina”と“Ladurée”

しつこくまだパリのことを書きます。。。

フランスといえばやっぱりケーキですよね〜。
今回はとっても残念なことに、1回しかケーキ屋さんへ行けなかった。。。
なんせ時間がなかったんですよ。

というわけで、行ったお店は“Angélina”(アンジェリーナ)。
こちらはモンブランが有名なお店です。
私、モンブラン好きなので今回は数あるお店の中からここを選びました。

有名なお店なので結構並ぶかと思いましたが、予想よりは少なめで15分〜20分くらい待って入ることができました。
中はとっても広いので待ち時間もそんなにないのかも。

で、こちらの店員さんもやっぱり親切で愛想がいい。
私たちのテーブル担当だったウェイトレスさんは終始満面の笑みで対応してくれました。

で、注文したのはやっぱりモンブランなのですが、こちらにはチョコレートモンブランというのがあって、中にチョコチップが入っているのがあるのでこちらを選びました。
飲み物は紅茶で。私的に、甘いケーキには紅茶です。

程よい甘さでおいしかったです。
やっぱり日本人がお菓子づくりを習いに来る街だけあるな〜って感じ。
見た目も味も日本人好みですよ。
どうしても冬に行ったウィーンと比べてしまいますが、接客レベルもケーキのレベルも全然違います。
やっぱりこっちは本物ですね。

ルーブル美術館の近くなので、美術館訪問の帰りにここで一息っていうのもいいんじゃないでしょうか。

で、フランスといえばマカロンですよね!?
最終日にとりあえずお土産にマカロンを買って帰りたい!
ってことで、ラデュレに行ってきました。
ラデュレのマカロンは今まで一度も食べたことがないので、今回はせっかく本場に来たんならってことで、値段も日本に比べたら安いかなと思ったのが一番の理由ですが(笑)
ラデュレのボナパルト店。
中途半端な写真ですが、はす向かいのカフェから
開店前に着いてしまい雨も降って来たのではす向かいにあったカフェで朝食を取りながら開店を待つ事に。

ラデュレとは関係ないですが、このカフェのクロワッサンがおいしかったんですよ。
クロワッサンと飲み物、フルーツサラダとオレンジジュースで10ユーロ。
高いんだか安いんだか微妙な値段ですが、このクロワッサンが外の皮がパリパリで中はしっとり。

朝食を食べた後、お店が開くのと同時にカフェを出ました。
開店前までは当然お客さんはいませんでしたが、開店と同時にぞくぞくとお客さんが!
やっぱり人気店ですね。

正直マカロンは今まで数回しか食べたことがなく、そんなにおいしいと思った事もなかったですが、ラデュレのマカロンを食べて、今までマカロンをバカにしてたな。と思いました(笑)
周りもそうですが、間に挟まっているガナッシュ(っていうんでしょうか?)がおいしい!
高級な味がしました(笑)
ヒゲ男も同じく、今までバカにしてましたが、ここのはおいしいと言っていました。

ケーキもかわいくて美味しそうなケーキがいっぱい並んでいましたよ〜。

次にパリに行ったらもう一度マカロンを買いたいです。
お店ではケーキも食べたいな〜。

今回は街をぶらぶらする時間が本当になかったので、次回はもっとゆっくり街散策を中心に行きたいです。
ヒゲ男も意外にパリが気に入った様子で、私の誕生日プレゼントだったはずが、次はいつパリ行く!?と、もうまたすぐにでも行きたい!といった様子でした(笑)


“Angélina”
226 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France  
 
“Ladurée”
21, rue Bonaparte, Paris, France


  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月5日水曜日

パリのレストラン4 〜 “Café Constant”

レストラン紹介も最後です。

最終日、ちょうど私の誕生日に行ったお店です。
日曜日も開いていて(パリのレストランは日曜休日のところが多い。)、予約しなくていいお店。
で、今回はこちら“Café Constant”に行ってみました。

夜は19時開店だったので19時過ぎごろに着くと、もう満席でした〜!!
満席というか、さらに待っている人も結構いたので、どうやらみなさん開店前から待っていた様子。。。
そこまで人気のお店とは知らず。。。

しかし、満席の場合は名前を書いて待つシステムらしく、店員さんに“あと20分くらいでテーブルが空くと思うので、よければ名前を聞いておきますよ。20分後にまた戻ってきてくれたらいいので。”と言われました。

それならってことで、名前を伝えて20分後にまた戻ることに。

エッフェル塔の近くだったので、小雨の降る中エッフェル塔付近を散歩しながら時間つぶし。

結局30分くらい待って中に入ることができました。
私たちは2階の窓際の席で、せまいなりにゆっくりできました。
(このお店も隣同士が近いです。)

お店はフランス人もいましたが、半分以上が観光客っぽかったです。
私たちが行った時は中国人がいっぱいいました。

で、お料理。
メニューは英語もあるのでなんとかなります。
まずは前菜。
サーモンのカルパッチョ(?)
今回初のイメージするフランス料理って感じの盛りつけ。
たまにはやっぱりこういうおしゃれ料理も食べたいです。(笑)
味付けはめちゃめちゃシンプルですが、サーモン自体がおいしかったです。

私のメイン。
お魚が食べたかったので、クロダイと野菜のフリット。
この上にかかってる緑のソースがおいしかったです。もちろん魚も。
これは結構よかった。

ヒゲ男はやっぱり。。。
肉!
付け合わせは白インゲンです。
お肉も白インゲンもおいしかったそうです。

で、今回は他の人が食べているのをみて、私も絶対食べようと思ったデザート!

わかりにくい。。。
簡単に言えばシューアイスです。
シュー生地の間にアイスが挟まってます。
持って来てくれるときは、チョコレートなしで、持って来てくれたときに上から温かいチョコレートをたっぷりかけてくれるのです。
このチョコがまた濃厚でおいしい〜!
テンション上がります!!

このお店もそれほど高くないのですが(うろ覚えですが、前菜11ユーロ、メイン16ユーロくらいだったと思います。各お皿数種類の中から選ぶ感じ。セットではないので、好きなものをたのめます。)ただ、ワインが割高だと思いました。(イタリアに比べると!?)
私たちが注文した白ワインは500mlで20ユーロ!
一番安いのでも500mlで14ユーロだったと思います。
まぁおいしいんですけど。

他のお店もイタリアに比べるとワインは割高な感じ。

2階で注文をとったりしてくれたお兄さんは、そんなに愛想は良くなかったけどまぁ悪くもなかったです。
となりのフランス人とはやっぱりにこやかに話したりしてたけど。
1階で受付みたいなのをしてくれたお姉さんは、飲み物も担当でお会計も担当で、めちゃめちゃ高速で動いていてびっくりしました(笑)

でも、どちらの方もお料理どうでしたか?とか気に入ってもらえましたか?というようなことを聞いて来たので、お店の方針としてお客さんの感想も大事にしているのかな?と思いました。

私は結構このお店、気に入ったのでおすすめ。
とりあえず、おいしい料理が手頃な値段で食べられるので間違いはないと思います。
ただ、夜は7時にはすでに満席なのでそのあたり考えて行くといいと思います。

今回はほんと、どのレストランも良かったです。
初めてツアーでパリに行った時(もう10年くらい前!!)に、1度夜が自由だったのですが、女3人誰もフランス語はおろか英語もわからなかったので、店の外にメニューがあって唯一読めたSpaghettiの文字をたよりにお店に入って注文したら、全く味のないパスタが出て来てびっくりしました。。。
テーブルには塩、こしょうがあったのでそれで味付けして食べたという。。。

やっぱり事前にレストランは調べておかないといけませんね〜。


“Café Constant”
139,rue Saint Dominique, 75007 Paris


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2013年6月2日日曜日

パリのレストラン3 〜 “Les Pipos”

2日目の夜はヒゲ男のリクエストでホテルの近くの日本食のお店へ行きましたが、予想以上においしくなかったのであえて書きません。
もちろん中国人経営のお店です。
でも同じ通りに2件の日本食店と1件のラーメン屋さんがありました。
行く前から聞いていたとおり、パリに日本食のお店溢れてますね。。。

で、3日目の夜はこちらの“Les Pipos”へ。

こちらもレストランというより、メインはワインバーらしいです。
でもしっかり食事もできますよ。

お店が狭いというか、客席がつめつめです。
フランスのこういうお店って、どこも隣とくっつきそうなくらい狭いところが多いですね。
でも、なぜかそれほど隣の人が気にならないから不思議。。。

こちらも一日目同様メニューはフランス語のみ。
ヒゲ男が携帯に入れておいたフランス語辞典でちょっとづつ単語を訳しながらメニューを一生懸命解読していると、オーナーのおじさんが私に、“あなた、日本人ですか?”と聞いて来ました。
そうです、と言うと“うちに日本人シェフがいるから呼んでくるよ。”と、わざわざ日本人シェフの方を呼んできてくれました。

実際、なぜこの店を選んだかというと、ガイドブックに日本人シェフがいると書いてあって、ヒゲ男がここへ行きたいと言ったからでした。

で、このシェフの方もとっても親切に料理の説明をしてくれて、なんとか注文することができました。
お店に着いた時はお客さんがまだ少なかったので良かったのかもしれませんが、シェフなのにわざわざ時間を割いていただいて申し訳なかったです。。。
でも、オーナーさんの気遣いには大感謝!!

まずは前菜。
イワシのオイル漬けと野菜が入ったもの。
イワシのオイル漬け、とってもおいしかったです。
 
こちらは私が注文した鶏肉。
(写真が真っ赤でわかりにくくてすいません。。。)
写真では伝わりにくいですが、これかなりでかいです。。。
付け合わせにじゃがいものプレ。しかも大量。

鶏肉大好きなのでおいしくいただきましたが、全部食べられなかったので残りはヒゲ男に。
プレはもちろんヒゲ男が完食。このプレ、すごくヒゲ男好みだったようです。

ヒゲ男はこちらの赤身のステーキ。
こちらで仕入れているお肉はなかなかいいお肉らしいですよ。
このステーキの付け合わせのポテトフライは私が食べました。
あつあつのポテトフライはやっぱりおいしい。

そして、ハーフの白ワインを飲んだんですが、ヒゲ男がここで飲んだワインをとっても気に入って(またかよ。。って感じですが。)、お会計の時に“あのワインなんて名前でしたっけ?”と聞くと、店員さんがわざわざ開いていたボトルのラベルをはがして、紙に貼付けて渡してくれました。

ヒゲ男はこのお店の雰囲気とかをめちゃめちゃ気に入って、また次も行きたいというくらい。
私もとっても親切にしてもらって、美味しい料理が食べられて大満足でした。
観光客向けというより、いかにも地元のお店という雰囲気。
こんな雰囲気のお店が好きな方にはおすすめです。

でもやっぱりメニューくらいは読めるようにしておいた方がいいですね。。。

“Les Pipos”
Rue Ecole Polytechnique 2, 75005 Paris,
France (Panthéon)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ