2012年12月20日木曜日

サンピエトロ大聖堂で遭遇したもの

今回はサンピエトロ大聖堂でのことを。

はい、サンピエトロ大聖堂、大好きなんでローマに行ったら絶対行きます。
何回行っても飽きません!
以前にも書きましたが、寺院内に入ると異常に落ち着きます。
前世はキリスト教徒だったのかも!?と思うくらい(笑)

大聖堂の中には聖ペテロの像があり、信者の方がその足に触ったりしてお参りするんですが、もちろん観光客も。
初めてこの大聖堂に行った時に私も触った記憶があるんですが、それ以来見るだけなので、今回はふと久々にペテロ像の足に触って帰ろうと思っていました。

 が、ちょうどミサが始まるところで聖ペテロ像があるところから奥へは行く事ができませんでした。。。残念。。。
わかりにくいですがこの写真の右下あたりにある像が聖ペテロ像です。

で、前回見れなかった私の大好きな彫刻があるところへ行く途中に人だかりが。
どうやらミサをする司教様が出て来るところだったようで、そこから先へ行く事ができなかったので、私も人だかりで司教様が出て来るのを待つ事に。

するとこの写真には写っていませんが、もう少し左側にドアがあり、そこから男の子(?なんていうのか正式名称はわかりませんが)が出て来て司教様が出てくるよ的な合図の鐘を鳴らします。

 すると香炉みたいなのを持った人を先頭に続々と聖職者(?)さんたちが出て来て。。。

司教様登場。。。。
すいません!唯一司教様が写ってる写真がボケボケ。。。
ピンクっぽい法衣の方です。

こうして一行は奥の祭壇の方へ行きました。
この写真右側にある天蓋には法王のみが上がることができるらしいです(ヒゲ男情報)
下には聖ペテロのお墓があるとされているわけですから、その上に立てるのは法王だけということです。

司教様が通り過ぎ、通路を通る許可が出たのでお目当ての彫刻があるところへ。
それがこちら。
わかりにくいですが。。。
なんせこれ以上前へは進めないので正面から写真を撮る事ができず。。。
初めてここへ来たときは正面まで行けた記憶があるのですが、いつからか行けなくなってました。
赤茶色の大理石で表現された布の下には砂時計を手にした骸骨がいます。
近くから見れないのが本当に残念ですが、私のお気に入り。

さらに、今回初めて気がついたんですが、下の写真の彫刻。
大聖堂へ入ってすぐ左手の上の方にある彫刻、普通なら天使や女神様やらの彫刻が並んでるんですが、この左側。法王が飛んでます!!しかも若そう。。。
なんとも不思議な図です。
このとなりのアーチにはユニコーンがいたり、今回は今まで目の行き届いていなかったところもじっくり観察してみました。
でも、まだまだ良く見たらいろいろな発見があるハズ。

それにしても、バチカンのプレゼーペを見れなかったのは本当に残念。
この写真のオベリスクの向こう側で準備されています。

ちなみに、プレゼーペとはこんな感じの人形たちなんですが、
 (写真は今回行った別の教会のもの)
真ん中の灯りが灯ってる部分がキリストが誕生した馬小屋。
でも真ん中の藁の上にはキリストがいません。
なぜって、まだ生まれてないから!
通常25日午前0時にキリストの人形を置くんですって!
もちろんみんながみんな正確にその時間に置くわけではないでしょうが。
とにかく、24日以前のプレゼーペにはキリストはいないんですよ。
知らなかった〜。

まだまだローマ日記続きます。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

1 件のコメント:

履歴書の添え状 さんのコメント...

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!