2012年11月21日水曜日

Pitiglianoのレストラン “Il Tufo Allegro”

前回書いたように、PitiglianoではLedaにおすすめされたレストランで昼食をとりました。

“Il Tufo Allegro” (イル・トゥーフォ・アッレグロ)
このようにかわいい看板が出ていて、路地を入ってすぐのところにあります。
このレストランはちょっと特徴があり、お店に入ってすぐは普通のレストランですが、下の階もあり、そこはちょっと洞窟風になっています。

こんな感じで、ちょっと変わってます。
こちらの席へ行きたい場合は、下の階に行きたいんですが。と伝えるとこちらに案内してもらえます。
私たちは予約した時点でこちらの席で予約しました。
よく考えてみたら私たち、洞窟風のところへよく行ってる気が。。。

お料理の方は、ちょっとお洒落系(?)です。
まずはパン。
パン数種類とグリッシーニはこちらのお店の手作りです。
手前の丸いパンはチーズやベーコンなどが入っていて、ちょっと変わってます。
正直、味は想像とは違いました。。。

こちらはシェフからの一品。
リコッタチーズの。。。何かは忘れましたが、これはおいしかった。特にヒゲ男はお気に入りの様子でした。

こちらはヒゲ男注文の、“Pici all'agliata” ニンニクソースのピチ。
彼はニンニクが大好きなので。
私はあんまりたくさんのニンニクは苦手ですが、このパスタはニンニクがもう少しひかえめなら私でも食べられるくらいおいしかった。
もちろんヒゲ男も大絶賛。
ニンニク好きの方にはおすすめ。

こちらは私が注文したポルチーニのパスタ。
これもおいしかった〜。
やっぱり生のポルチーニは乾燥とは違いますね〜。
乾燥のは乾燥のでおいしいんだけど、個人的には生の方が好きですね。

そして、こちらはメイン。。。ではなく、さらにプリモの “Gnudi al tartufo” (ニューディ・アル・タルトゥーフォ)
なぜまたプリモを頼んだかというと、これはLedaが特におすすめしていたものだったので。
正直、メインだと思っていたんですが、このブログを書きながら、これプリモやったやん!と気付きました。。。

Gnudiというのは裸という意味で、本来ならラビオリなどのパスタにくるまっているはずの中身がパスタなしの状態です。
リコッタとほうれん草の具にトリュフのソースがかかっているものです。

私はパスタを食べた時点ですでにお腹が一杯だったので、ひとつだけ食べました。
トリュフ好きな人にはおすすめ。
たっぷりトリュフがかかっているので。

これに、写真にはありませんが、Pitiglianoのワインをグラスで頂きました。

メインは食べていないのでわかりませんが、パスタは両方ともとてもおいしかったです。
しかし、ちょっと料理が出て来るのが遅いです。。。
これだけ食べるのに2時間くらいかかりました。
まぁ、私たちは急いでいなかったので良かったですが。
行くときは、時間に余裕をもって行きましょう。

Il Tufo Allegro
Vicolo della Costituzione, 5 - 58017 Pitigliano (GR)
Tel. +39 0564616192 - Fax. +39 0564617064
http://www.iltufoallegro.com


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: