2012年10月28日日曜日

イタリアの豆腐

今日から冬時間に変わりました。
これから冬になるのかと思うと、ちょっと寂しい気持ちになりますね。
しかも今日はグッと気温が下がってます。。。

と、話は変わって、先日会社の人からスーパーでそこそこおいしいお豆腐を売っているという情報をもらいました。

この会社の人の奥さんがお料理好きで、少し前から日本食にも興味をもっていて、なんと大豆からお豆腐作りに挑戦したこともある!という人。
でも、さすがにかなりの手間がかかるので、最近はスーパーで売っているお豆腐でいろいろなレシピを考えているとのこと。

お豆腐は、フィレンツェなど大きな街では手に入ると聞いていましたが、アレッツォで売っている場所は知りませんでした。

数ヶ月前にスーパーのチラシにお豆腐が載っているのを見て、試しに買ってみましたが、これがまずいのなんのって。。。食べ切るのに苦労しました。
まぁ見た目からして、スポンジみたいで超堅い。
こんなもの誰が食べるんだって代物でした。
しかもこれが本当の豆腐だと思われたら、日本人はこんなまずいもの食べてるのかとの誤解を生む!という若干の怒りも感じるほど。。。(笑)
もう絶対スーパーで豆腐なんて買うもんか!と思っていました。

そんな折、先日この会社の人から、うちではコープで売ってるのを食べてるけど結構おいしいよ。と。
その後彼の奥さんが、わざわざメールでどんな風に食べるかも教えてくれました。

実はコープでも売っているのは知っていましたが、前回の失敗があるのでこれには手を出しませんでした。 
で、早速試してみることに。

こちらが彼らおすすめのお豆腐のパッケージと中身。
もちろん日本の普通のお豆腐とは違います。
木綿豆腐のもう少し堅い感じ。
しかも賞味期限が一ヶ月くらいあるので、明らかに何かが違うわけですが。。。
しかし、以前私が購入したものと比べると、見た目はかなり普通の豆腐で食べられそうな感じ。

早速このお豆腐を会社の人の奥さんに聞いた食べ方で調理。
調理とは言っても、超簡単です。
これを食べやすいサイズに切って、15分程お醤油に浸けておきます。
フライパンに油をひいて、強火で片面2〜3分づつ両面を焼きます。
その後火を止め、フタをして数分おきます。
これで出来上がり!

鰹節をかけて食べてみました。
なかなかおいしかったです。
ヒゲ男も、「これはおいしい!」と気に入ったようでした。
ほかに、おすすめとして醤油に浸けた後、ごまをまぶして焼くっていうのもあります。

これなら手軽に1品増やせるので、いいことを聞きました。
こちらではなかなか日本みたいに、切ったらすぐ食べられるようなものがあんまりないので、こういう手軽なものは貴重です(笑)
もちろん、サラミとか生ハムとかはそのまま食べられますけど。。。

フィレンツェなどで手に入るお豆腐とはかなり違うと思いますが、これはこれでなかなかいけるので、イタリア在住の方で初めて知った!って方がいらっしゃれば、是非試してみてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2012年10月24日水曜日

秋の味覚を食す! 〜きのこリゾットときのこオムレツ〜

前回の予告通り、今回はきのこのリゾットときのこのオムレツのレシピです。

レシピなんて言いましたが、私でもできるのでとても簡単。
オムレツなんて、正直誰もが予想できるレシピですが。。。まぁそれはさておき。。。
 
きのこのリゾットはレストランで食べるような、きのこのみのものではなく、トマトベースです。
写真はあまりおいしそうではないですが。。。(汗)
味はおいしかったです。

では、材料から。
ちなみに分量は全て適当です。。。すいません。

☆きのこリゾット☆
*材料
・きのこ(イタリアならポルチーニとかですね。日本だと。。。なんだろ)
・サルシッチャ(豚の腸詰め)
(私はサルシッチャが家になかったので、代わりにベーコンを入れました。全然違うけど!)
Ledaのお母さん曰く、サルシッチャを入れた方がおいしいから入れるそうです。だからなくてもできます。
・たまねぎ 小1個
・にんにく
・トマトピューレ
・塩、胡椒
・オリーブオイル
・お米
・熱湯
私はこれに普通のトマトを1つ入れました。(冷蔵庫にあったから。。。)

*作り方
きのこは1センチ角くらいに切ります。
サルシッチャは適当にほぐす。
にんにく、たまねぎはみじん切り。
トマトを入れる場合、トマトも小さく切ります。
お米を炊く為に使うお湯も沸かしておきます。

まずはちょっと大きめの鍋にオリーブオイルを入れて、にんにくを炒めます。
このまま同じ鍋を最後まで使うので、リゾットができるくらいのお鍋で。
にんにくの後はたまねぎを入れて炒めます。
たまねぎを適度に炒めたら、サルシッチャときのこを入れて炒めます。
きのこから水分が出て来るので、水分が出て来たらトマトピューレとトマト、塩を入れて混ぜ、煮込みます。
適度に煮込んだら、塩、胡椒で味を整えます。
そこにお米を投入。(もちろん炊いてないお米です。)
そして、湧かしておいたお湯を入れます。
お湯は、少しづつ入れてかき混ぜながら様子を見て、その都度足します。
最初は多めにお湯を入れても大丈夫ですが、最後はお湯がなくなるまで火にかけるので、お米が炊けてきたらお湯の量に気をつけてください。
この間、塩加減などの調整もして、お湯が全部なくなったら出来上がり!

次は、きのこオムレツ
 きのこの量に対して卵が少なかったかな。。。

☆きのこオムレツ☆
*材料
・きのこ適量。(これはどんなきのこでもおいしいと思います。)
・卵(私は小さめ2個使いました。一日一人卵一個ってことで。。。でももう一個使ってもよかったな。)
・にんにく
・オリーブオイル
・塩、胡椒

*作り方
きのこは1センチ角くらいに切ります。
にんにくはみじん切り。
卵はといておく。

フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒めます。
その後きのこを入れ、塩、胡椒をし、フライパンにフタをします。
きのこの水分が出て来るので、時々かき混ぜながら水分がなくなるまで炒めます。
最後に塩、胡椒で味をととのえ、水分がなくなったらといた卵をフライパンに流し込み、フタをして焼きます。
両面焼けたら出来上がり!

どうでしょ!?料理初心者でも簡単にできますよ!

Ledaのお母さんとおばあちゃんいわく、きのこ料理にはにんにくは欠かせないそうです。
にんにくを使った方が絶対おいしいし、きのこは基本的に微量の毒があるので、それを和らげる効果もあるそうです。

リゾットは初めて一から作りましたが、おいしくできました。
(いつもはインスタントのなので。。。)

この日はこの後、栗拾いで拾った栗を煎って食べました。

収穫したものをすぐ料理して食べるって、いいですね〜。
日本じゃなかなかできません。

また作ろうっと。


2012年10月23日火曜日

秋の味覚狩り〜2012

ここ数日とってもいい天気で暖かい日が続いているアレッツォ。

しかしもう季節は秋です。
秋といえば食欲の秋!?

昨日の日曜日、山へ秋の味覚狩りに行きました。
しかもメンバーは私、ヒゲ男、Ledaの両親。。。の4人です!?

前日の土曜日にヒゲ男が、日曜日にLedaの両親が山へ栗拾いに行くかも。というのを聞いて、「え!栗拾い!!行くんなら教えて!自分も行きたい!」という話があったらしく。

実際日曜日にLedaに電話すると、私はよくわからないから両親に直接聞いて。と言われ、Ledaの両親に直接電話するヒゲ男。。。普通そこで電話するか?って思うんですが、電話すると、あんまり行く様子ではなかったところ、ヒゲ男が電話して来たので、じゃ、行こか。ってことになりました。

いや、めちゃめちゃあつかましい。
しかも当のLedaは別の用事のため家にいませんでした。
本当に私たちはLedaの両親と栗拾いに行く為にLedaのお家へ。
Ledaの両親は快く迎えてくれましたが。
本当にあつかましすぎます。私たち。

で、早速ジープに乗って山へ!
山道をがたがたなりながらジープで登って行くのはなかなか楽しい!
ちょっとしたアトラクション気分。
天気も良くて暖かかったので、空気もいいし最高です。

まずは栗拾いの前にキノコ探し。
とは言っても、私(とヒゲ男)、キノコのことは全くわからないので、Ledaの両親が見つけるのを見学。
 毒キノコ

 確かこれも毒キノコ。。。

 これはもう絶対毒キノコ!
絵に描いたような毒キノコです(笑)

ちゃんと食べられるキノコもありますよ!
Ledaのお母さん、キノコ探すのめちゃ得意です。
こんなにたくさん穫ってきました!
こちらはカプラッチャというキノコです。
実はこの辺りでポルチーニ茸がとれることもあるそうですが、この日は残念ながらポルチーニの収穫はなし。

キノコ狩りは本当にキノコのことをわかってる人じゃないと、超危険!
毎年キノコ狩りで間違って毒キノコを食べて亡くなる人もいるんですよ。。。こわっ!

私たちも、キノコを見つけては「これはどう?」と聞いていましたが、食べられるけどおいしくない。ってのも結構ありました。

この後は栗拾い。
大きな栗の木がたくさんありました。

栗拾いも楽しいんですが、今回はじめて体験したきのこ狩り。
(体験っていうか、実際は見学だったんですが。。。)
テンションあがりました!
よく見るとぽこぽこキノコがいるんですよ。
だいたいキノコは芽が出て、2日くらいで食べられるくらいに成長するらしいですよ。

さらに、帰りにはリンゴ狩りまで!
野生のリンゴの木があって、木の上の方にリンゴがなっていたので、リンゴめがけてその辺の枝を投げたりしてリンゴを落とすという、原始的手法でリンゴゲット!

最終的には木自体を揺らしてリンゴを落とす作戦。
3人で木を揺らしてます。。。(笑)
すごい勢いでしたよ。。。

これが穫れたリンゴなんですが、小振りな青リンゴ。
でも、味が超甘くておいしい!香りも普通のリンゴよりかなりいい香りがします。

Ledaの家に着くと、さっき穫ったキノコを早速料理してくれるというので、結局夕食もご馳走になることに。。。
かご一杯に穫れたキノコたち。
こういうキノコは足の部分は食べないそうです。おいしくないから。
山でキノコを穫ったら、その場で足だけ切って捨てて行きます。
そうする事によって、またそこにキノコが生えてくるし、かごの中も無駄なスペースがなくなるので一石二鳥というわけです。

きれいに下準備したキノコをフライパンに。
オリーブオイル、ニンニク、西洋パセリとLedaの庭のハーブと塩、胡椒というシンプルな味付けでできあがり!(写真がぼやけてるけど。。。)

これだけでめちゃめちゃおいしい!
こういう風に穫って来たものを料理してすぐ食べるって、いいですよね〜。

この日はLedaの両親とおばあちゃん、ヒゲ男、私という微妙なメンバーでの夕食でした。
前から言ってるけど、もうこれは本当に第二の家族ですよ。(と、私とヒゲ男は思ってます。)

この後、Ledaのお母さんがキノコを分けてくれ、キノコのオムレツとキノコのリゾットのレシピを教えてくれたので早速今日の夜挑戦しました。
しかも、Ledaのお母さん、私が料理下手だし、きっとうまくできない。と言ったからか、キノコも洗って細かく切ってくれるとこまでやってくれました。。。
もう私のお母さんやな。(笑)

Ledaのお父さん、お母さん、お世話になりました〜。
めちゃめちゃ楽しい時間を過ごせました。

次回、レシピを載せますね。


2012年10月13日土曜日

ピサの斜塔に登る!

これまた先月のお話になりますが。

友達夫婦がイタリアへ遊びに来てくれました。

滞在期間約5日で、そのうちの2日間一緒に観光しました。
なかなか友達が来てくれることがないので、来てくれたらテンションあがりますね〜。
まぁどちらかといえば、ヒゲ男の方がめちゃめちゃ楽しみにしていましたが。。。

で、友達(旦那の方とは保育所時代からの付き合い。。。ながっ!)がどうしてもピサへ行きたい。絶対行きたい!って言うのでピサへ。

斜塔は結構傾いてます。

私は数年前にピサへは行った事がありますが、斜塔へは登った事がありません。
当時、ツアーのオプションで行ったのですが、斜塔に登ることはできなかったんです。
だから今回は私も一緒に登ることにしました。

朝からピサへ行き、お昼からはフィレンツェを観光という、ちょっぴりハードスケジュールだったので、ピサの斜塔に登るのは事前に予約しておきました。
斜塔に登るのに15ユーロ。プラス予約料2ユーロで、一人17ユーロ。結構高い。。。

朝は早めに出発したにもかかわらず、高速道路で事故渋滞が。。。途中で高速を降り、ナビで普通の道路を走ったのですが、このナビがとんでもない道を選んで行くこときわまりない!
車一台しか通れない急な坂道や(もちろん対向車も来る可能性大!)。ここは私道ちゃうか?みたいな道など。。。
結局、予定より大幅に遅れて到着。
予約時間15分前!!

急いで予約表をチケットに変えたり、荷物を預けたり(荷物もロッカーに預けないといけないんですよ!美術館みたい!)して、なんとか無事時間に間に合いました。

それにしても、この日、土曜日だったからか、すごい人でした。


 正直、ピサにこんなに観光客がいるとは思っていませんでした。
以前来たときのことは、あんまり記憶にないですが、人がたくさんいるという印象はなかったような。。。

予約しておいたから良かったものの、してなかったらいつ入れるかもわからないような状態でした。
時間に余裕のある人はいいですが、予定をきちっと組みたい場合は予約がおすすめです。

入ったそばから、めちゃめちゃ傾いてるのがわかります。
初めに英語とイタリア語でガイドさんが斜塔の説明をしてくれます。
イタリア語で聞いてみましたが、ほとんどわからなかった。。。
とりあえず、地盤沈下でこの斜塔だけではなく、広場全体が沈下してきて大聖堂や洗礼堂も傾いているそうです。

説明を聞いたあとは早速登ります。
とりあえず、登ってる間も傾いてるので変な感じ。

一番上には鐘。
ピサの斜塔は鐘楼として建てられたものなので、当然鐘があります。
ちょっと鐘について検索したところ、時間になると鐘の音が聞こえるそうですが、録音らしいということを偶然知りました。

手前が大聖堂で向こう側が洗礼堂。
以前は洗礼堂に入りました。
ガイドの人が声を出してその響きの良さを聞かせてくれたりしました。

塔から降りた後もなんだか平衡感覚がおかしい。。。
意外(?)に楽しかったので、一度は登ってみてもいいもんですね。

斜塔は現在も傾き続けているそうです。。。
みんなお決まりのポーズや思い思いのポーズで写真を撮っていました。
もちろん、友達夫婦も。

友達夫婦とはこの後、フィレンツェ、翌日ヴァルドルチャ、ピエンツァ、モンテプルチャーノなどを観光しました。
おいしいものもたくさん食べ、とっても満足してくれたようで私たちも一安心。

また是非遊びに来てね〜!


2012年10月11日木曜日

ジェノバの水族館

もう1ヶ月ほど前の話になりますが。。。

ジェノバにある水族館へ行って来ました。
この水族館、すごくいいとのうわさ。
イタリアで一番大きい水族館、ヨーロッパでは2番目に大きいらしいです。

魚が大好きな(釣り好き)友達夫婦と4人で行く予定だったのですが、ヒゲ男のマンマに行く事を話すと、
「え〜、私も行ったことないから行きたい!ジェノバの水族館っていいっていうやん!?」
って言うので、マンマも入れて5人で行きました。

大きな船が目印。
ジェノバへは初めて行ったのですが、正直、水族館周辺はちょっと汚い。。。
しかも、結論からいうと、もっとすごい水族館を想像していました。。。
まぁ確かに広いけど、大阪の海遊館と似たようなものでは?って感じ。

しかし、今まで見た事のなかったものも見れました。
こちら、わかりにくいけどマナティー。
マナティーはレタスが好物らしく(写真では口元にレタスの玉があるんですが)、手で持つようにして食べていました。

これもわかりにくいんですが。。。タツノオトシゴ!
葉っぱみたいなのにしっぽをクルッと巻いて立っています。
これが小さい!!
私の小指くらいしかありません。初めて見ました!

珊瑚の間、よ〜く見るとニモたちがいます。

あと、写真には撮りませんでしたが、水槽にタコがいて名前のところに“POLIPO COMUNE”って書いてあったんですが、訳すと“一般的なタコ”。要するにふつうのタコ。ってことなんですが、わざわざCOMUNE(一般的)ってつける意味あるのでしょうか!?(笑)

水族館を出た後、共通チケットで乗る事ができた、水族館のすぐ近くにある展望エスカレーターに乗ってジェノバの街を一望。(ちなみにチケットはグルポンで購入したので、このエスカレーターに乗る券もついていました。)

この展望台の設計はあの、関空を設計した人と同じ人。Renzo Piano(レンツォ・ピアノ)です。
残念ながらこのエレベーターの写真がないんですが、ふ〜ん。。。って感じです。
 
この日はとっても天気が良く、暑かった〜!
で、このエレベーターにはエアコンがない!!
もう中は蒸し風呂。真夏にこれに乗るのはおすすめしません。。。
はじめに見た感じでは、このエレベーターもたいしたことなさそうでしたが、乗ってみると見晴らしは思ったより良かったです。

とにかく、魚好きの友達は楽しんだようですが、私たち(ヒゲ男、マンマ)は期待が大きすぎたせいか、ちょっと拍子抜けした水族館でした。
もちろん、子供達にはとっても楽しい場所だと思います。

ちなみに私は海遊館のペンギンが好きです。
大きな水槽を泳ぐペンギンは本当に海の鳥みたいで、飛んでるようにも見えるんですよね〜。

 
 

2012年10月7日日曜日

必見!? 大聖院の小(こ)地蔵様

宮島最終日、時間があったのでなにげに行ってみた大聖院。
ここが、意外にとっても良かった。
入り口はこんな感じで、立派なお寺です。
が、ここで周りを見渡すと。。。
こんなの発見。
なんだかかわいいお地蔵様(?)
さらに周りをもっと良く見てみると。。。
いろいろな種類のお地蔵様が!!
しかも、なんかおもしろい。。。(こんなこと言ったら罰が当たるかな。)

最初の門をくぐって、長い階段を登ります。
すると。。。
!!!???
途中で待ち構えているアンパンマン!?
なぜここに。。。
階段を昇り切ると入り口。

こんな立派な観音殿の周辺にも。。。
彼らが。
みざる・いわざる・きかざる(?)
左のは何かを食べてます。。。
笑!!

こんな具合にそれはもうたくさんのお地蔵様がいるわけです。
しかも、この種類だけではなく、いろんなのがあります。
たぬきの置物(?)とか。。。
まじめ(?)なのもあります。(右下の方にはまたあの小地蔵様がいますが。。。)

お寺としても変わってます。
こんなのがあったり。
こんなのがあったり。。。

からす天狗の石像がある横の階段にはこんなのも。

これ、なんか昔テレビで見た記憶によると、この筒はひとつひとつ回るように出来ているんですが、これを回すとお経を読んだ事になるとか。確かそんなの。。。

こちらには一願大師という願い事を一つかなえてくれるお地蔵様もいます。
ここで、私たちも絵馬を買ってお願いしました。


結構高い場所にあって、秋は紅葉とかきれいそうでした。
かなり広くて、この他にも七福神がいる場所や、四国八十八ヶ所の霊場の本尊が安置されている場所があり、そこへいけば四国をお遍路したのと同じ効果があるという場所など、いろいろあります。
かなり広いお寺。全てをしっかりまわろうと思うと、結構時間がかかると思います。

で、やっぱり最後は彼らで。
ゆっくりお休み中。。。
勉強中!!
あえてここに置いたのもこちらのお寺のお坊さんの誰かですよね!?
絶対おもしろがってますよね!!
しかもなんかしっくりきてるし。。。
たまにはのんびり。
このお地蔵様、ヒゲ男がめちゃめちゃ欲しがってました(笑)
グッズみたいなものを売ってないのかと、お守りなど売ってる場所も見てみましたが、そんなものもなく。。。
たくさんあるから一個くらい持って帰ってもわからんのんちゃう!?
って。。。いやいや、バレるし。重いし。罰当たりやし。。。

ちょっとふざけた感ばかりをピックアップしてしまいましたが、こちら大聖院は真言宗御室派(総本山仁和寺)の大本山です。(←もちろん、後調べ(汗!!))
806年にあの空海が開基し、皇室との関係も深い由緒あるお寺です。

本当にかなり見ごたえがあるし、ちょっとしたテーマパーク並みのお寺です。(←罰当たり)
しかも拝観料無料!!
宮島へ行った際には、是非行ってみて欲しい場所です。

これで、今回の日本旅行記もやっと終わり。。。
もう10月。
次からはまたイタリアでのことをアップします。