2012年9月18日火曜日

黒川温泉で温泉三昧!

博多の次は黒川温泉へ移動。
今回の旅のメインでもあります。

しかし、7月に阿蘇周辺であった大雨のせいで一部電車が動かず、途中代行バスに乗り換えて行かなければならないというハプニングが。
 一ヶ月も経ってるし、すっかり復旧しているものだと甘く見ていました。
熊本から阿蘇までの途中が復旧していなかったので、途中でバスに乗り換えて阿蘇まで行きました。

なんだか絵に描いたような写真になったので載せてみました。
基本的に黒川まではバスでしか行けないので、できるだけ電車に乗り(JRパスがあるので)その後、バスで行くという手段をとりました。
というわけで、この阿蘇駅から黒川までバスで。

今回私たちがお世話になったお宿。
山の宿 新明館さんです。
旅館の入り口まで橋が架かっていますが、当然下には川が流れています。

こちらの旅館には、宿のご主人がノミと鎚で(!)しかも一人で(!!)作ったという洞窟風呂で有名です。
お風呂の写真などはあまりないので、旅館のホームページで見てください。
中はレトロな感じで、雰囲気がいいです。
お部屋もレトロな感じでしたが、トイレが超ハイテクでびっくり!
トイレに近づくとまず、トイレの電気がつき、入るとトイレのフタは自動で開き、自動で流れ、トイレから出ると、自動でフタが自動で締まり、トイレの電気も自動で消える。。。
最新式(?)のトイレでした(笑)

着くなり、さっそくひとっ風呂。
こちらの旅館には洞窟風呂の他に、普通の内風呂を合わせると4つもお風呂があります。
そのうちの2つは貸し切りで入れます。
残念ながら写真はないんですが。。。
源泉掛け流しなので、とっても気持ちいいです!

黒川温泉では、ひとつの旅館の入浴料が500円です。
しかし、入湯手形というものがあり、1200円で購入すると3軒行けるので1件100円づつお得です。
1件行くごとにウラにそれぞれの旅館のハンコをおしてもらえます。
有効期限は6ヶ月。

旅館のお風呂に入ったあとは、早速この手形で湯巡り。
こんなお湯があるところに行きました。
“いこい旅館”の美人湯。
町の真ん中に川が流れ、周りは山!って感じです。


美人湯を堪能し、少し散策後、夕食前にもう一軒。
“黒川荘”へ行きました。こちらにはひろ〜い露天風呂がありました。
こちらは黒川荘へ行く途中にあった顔湯。
私は試してませんが、手書きなのがなんとも。。。


旅館へ戻って夕食。
夕食会場もこんな雰囲気のある場所で、いろりを囲んで。

わかりにくいですが、いろりのところに鮎が刺さってます!
鮎の塩焼き!
私、多分初めて食べたと思うんですが、めちゃめちゃおいしかった!
ヒゲ男も、焼いた魚とかあまり好きではないんですが、これはめちゃめちゃおいしい〜! 信じられない!と言っていました。
このお膳の他にも後からどんどんいろんなものが出て来て、凄い量の夕食でした。

食事の後も、夜の黒川を少し散策。
町は小さいですが、古びた感じは全くなく、とてもきれいで雰囲気がいいです。

夜は洞窟風呂へ。
一人の人が手で掘ったというのでどんなものかと思いましたが、想像以上に広い!
これが人一人の手によってつくられたなんて。。。ご主人すごいですよ!

こちらは、家族風呂の一つ。
とにかく、お湯がいいですね。
黒川温泉は本当にお湯が豊富なんだな〜。と思いました。
ちゃんとお湯の入れ替えもしてるし。(ってか、普通はしてるもんなのかな?)

翌日は出発が結構遅い時間だったので、まずは入湯手形がまだ1軒分残っていたので“南城苑”というお宿のお風呂へ。

その後、中心地からちょっと離れたところにある、山みず木という旅館のお風呂へ行きました。
実は、この時泊った新明館と山みず木が姉妹旅館で、新明館に泊った人は山みず木のお風呂に300円で入れるという特典があるのです。
しかも、ここのお風呂は超人気らしい。
って、ことで、中心地から送迎バスが30分おきくらいに出ているので、そのバスで山みず木まで。
ここの露天風呂は本当に最高でした!
川のすぐ横に露天風呂があるんです!
しかも山の中なので、まさに自然の中で温泉を味わう感じ。
誰もいなかったからと、ヒゲ男がこっそりお風呂の写真をパチリ。
わかりますかね〜?
右側が温泉で、左側には川が。
女湯の方は川上だったので、温泉は川より少し高い位置にありました。
ヒゲ男はこの温泉と川を行ったり来たりしていたようです。。。でも、川の流れはかなり強かったらしいので、川に入る人は(ってか、入っていいのか?)要注意です。

露天風呂の他に、小屋の中のようなお風呂もあったのですが、一面のしきりがなく、そこから滝が見れるようになっていて、こちらも良かったです。
しかも、時間がお昼前だったせいか、人もおらず、ほぼ貸し切り状態。
ここのお風呂は超おすすめです!

さすがに、1泊2日でこれだけのお風呂に入るとフラフラになりましたが。。。
黒川温泉は本当に良かった!
二人とももう一度来たいと思う程大満足でした。

最後に、ここでみつけたお菓子。
お店の前に、何かの雑誌でお土産か何かの1位に選ばれたと書いてあったので、あんまりどら焼きに興味はなかったのですが、試しに買ってみるか。と、2つ購入。
中の写真を撮らなかったので、残念ですが、どんなものかというと、どら焼きの間にカスタード入りの(写真の場合)おもちが入っているのです。 
どら焼きの間におもちって、別にそんなに変わってないですが、これが食べるとめちゃめちゃおいしい!
予想をかなり上回る味にびっくりしました。
どら焼きの皮の部分も普通のより、柔らかい感じでおいしいし、おもちもふわふわしてるというか、表現がむずかしいですが、びっくりなおいしさで、もっと買えば良かったと後悔しました。
黒川温泉へ行った際には、是非食べてみてほしい一品です。

あともうちょっと言いたいことが、、、阿蘇周辺は阿蘇のジャージー牛乳も有名らしく、朝食にも和食なのにジャージー牛乳がでました。
お店でも牛乳やヨーグルトを売ってるんですが、ヨーグルトもめちゃめちゃおいしい!

あと、くまモンがいっぱいいた。(グッズとかってことね。)
めちゃおしてるな〜。くまモン。

長くなりましたが、最後までおつき合いいただいた方、ありがとうございました。

次回は別府温泉(また温泉!)です。

2012年9月14日金曜日

博多で屋台

博多2日目は、前日歩き過ぎたせいですでに疲れが。。。

午前中は海の近くに卸売り市場があるとガイドブックに書いてあったので、そこへ行ってみたのですが、敷地に入ろうとしたところ、警備員に止められ、許可がないと入れないと言われてしまいました。。。

そのかわり、展望台があるのでそこへ行ったらどうかと言われ、展望台へ。
 展望台からの景色。
右の方に見える塔は博多タワー。
良いお天気でした。
この場所の一階においしそうな回転寿司やさんがあったのですが、お昼の時間には少し早かったのであきらめ、博多タワーの方へ散策してみることに。

博多タワーのすぐ近くにお店や食事ができるところがあったので、そこで昼食。
スーパーのようなところの中にある食事処で。
海鮮丼がおすすめでしたが、天ぷらに惹かれてこんなセットを注文。
でも、やっぱり海鮮丼を頼めば良かったと後で後悔。。。
海の近くだけあって、お魚は新鮮。
その魚をもっと堪能すればよかったな。と。。。

ここまでホテルからまた徒歩での道のりだったので、帰りはバスで。
なんせ暑いので、体力の消耗も半端じゃないです。
太宰府とか門司港へも行こうと思えたら行けたのですが、二人ともあまり興味がなかったので却下。。。
ホテルに戻り、休憩後、夕方から買い物などふらふらして、前日のリベンジ!屋台へ。


しかし、夕方かなりの雷雨があったせいかなんなのか、想像より屋台の数が少なかったです。
ポツポツしかなかった。。。
普段どれだけの屋台があるのかは知りませんが、それにしても少ない。
中州や天神のあたりに行ったんですけどねぇ。。。

気を取り直して、とりあえずどこで食べるかを決める。
事前に友達から聞いた話では、ぼったくられる屋台もあるそうで、気をつけた方がいいそうです。
実際、ガイドブックにも、初心者は料金がちゃんと表示してあるお店に行きましょう。 ってなことが書いてありました。
しかもページの下の方には、“屋台でのトラブルがあった場合にはここに連絡!”と、トラブルがあった場合に連絡する電話番号も載っているくらい。

そんなこんなで、値段がしっかり書いてあって、ラーメンが食べられるお店探し。
そして、決めた屋台がこちら。

屋台のおじさんも気さくで、お兄さん(?)はわざわざ写真を撮ってくれたりしました。
で、ベタにラーメン、餃子、ビールを注文。

ヒゲ男、今回の日本滞在でビールに目覚めました!
めっちゃおいしい!と、ほとんど一人で飲みましたよ。(私はビールがあまり好きではないので。)
ラーメンも餃子も普通においしく頂きました。

その後、私、どうしても食べてみたかったものがあり、居酒屋へ。。。

どうやら博多ではイカが有名(?)らしい。
いろんな居酒屋の紹介の写真にもイカの姿刺身の写真が。
そして、お店の前にも“本日イカ入荷”みたいなことがかいてあり、これはさぞやおいしいイカに違いない!と、どうしても食べてみたかったのです。
こんな感じでイカくん達が泳いでいます。

が、いざお店へ行くと、ヒゲ男が注文したくないと言い出す始末。
なぜかというと、お店の前の水槽にイカが泳いでいるのを見て、「あれを食べると思うとかわいそうで無理!」って。。。
結局お店に入ったのに、イカは食べられず。。。

なんだか屋台の少なさとか、微妙な感じで博多滞在終了。

でも博多、必ずまた行きたいです!
食べ残したものがたくさんあるし!(笑)
次行くときは事前にもっと情報収集がんばります。。。

2012年9月11日火曜日

博多でラーメン

いや〜。2ヶ月ぶりのブログ。

ちょっとブログを続けるのに、心が折れかけたのですが、日本へ帰って、意外に(?)友達が暇つぶしにブログを見てくれていたことがわかり、やっぱりもう少しがんばろうと思いなおしました。

約3週間帰国していましたが、その内1週間丸々九州旅行へ行ったので、その時の模様をサクッとアップしたいと思います。
(できるだけサクッとね。)

今回の九州旅行ではジャパンレールパスというJR乗り放題パスを使いました。
このパスは外国人旅行者や海外在住者が使えるパスです。
去年結婚したので私もこのパスを使えるようになりました。
そして、ヒゲ男は一週間パスだから、一週間目一杯使いたい人なんです。
このパスは新幹線にも乗れます(のぞみ、みずほ以外)。

さくらに乗って今回の最初の目的地、博多へ。
ちょうどお昼ごろ着いたので、ホテルに荷物を置いて早速ラーメン屋さんへ。

友達に事前におすすめしてもらったラーメン屋さん“一蘭”有名店ですね。
(って私はあんまり詳しくないので知らなかったけど。)
ここは、ラーメンを食べる事に集中するためにカウンターの隣同士に仕切りがあって、ちょっとした個室感覚でラーメンを食べられます。
博多駅周辺にたくさんの一蘭チェーン店があるのですが、事前にネットで見た時に、天神西通り店でしか食べられないという“釜だれとんこつらーめん”が食べたいとヒゲ男が言うので、数件の一蘭を素通りし、ホテルから若干遠いこのお店まで行きました。

事前に、専用の用紙でこってり度や辛さ、ネギ入りなどいろいろ結構細かく選べます。

そして、食べる場所はこんな感じ。
全体像がないのでわかりにくいですが、一人分のスペースがこんな感じで両側に仕切りがあります。
前のすだれははじめ、開いていますが、店員さんがラーメンを持って来てくれたら閉められます。
お水も自由に飲めるし、食べ方が少々汚くても周りを気にせず食べられるので意外にいい環境です。(笑)

ラーメンは私はほとんど全て標準を選んだのですが、こってりしていて細麺でおいしかったです。
ヒゲ男はあまり細麺は好きではないと言っていましたが、私は細麺派なので。
あ、でもヒゲ男は味はかなり満足していました。
しかし、ラーメン通ではないのでこれ以上おいしさの表現はできません。
でも、また行きたいと思う感じでした。

そして、この日の夕方にもう一件ラーメン屋へ行きました。

今回の九州旅行にあたって、とりあえず福岡のガイドブックを買ったので、そこに載っていた(かなりのお店が載っていましたが)ラーメンの写真を見て、ヒゲ男が選んだラーメン屋さんへ。

しかし、ここが結構遠かったのです。。。
途中で道が合ってるか心配になったところに、交番があったので交番で道を聞きました。
すると、「ここまで何で行くの?」と聞かれ、
「歩いてです。」と、答えると、
「えっ!歩いて!? 結構遠いよ。ここからだと5kmくらいはある。」
と言われ、タクシーで行く事をおすすめされました。

が、もちろん私たちが(というか、ヒゲ男が)わざわざラーメンを食べるためにタクシーなんか乗るわけもなく。。。(さすがに、あと5キロあるって聞いたときは、ヒゲ男も心折れそうになってましたが。笑。なんせ暑かったし。。。)

交番までも結構歩いたので、たぶん博多の駅から7、8キロは歩いてようやくたどり着きました。
それがこちらの“三氣”というお店です。
こちらのお店の麺はラーメン用に開発した(?)ラー麦という小麦粉100%の自家製麺です。
しかも替え玉10円!
ヒゲ男はもちろん、かなりここに惹かれてました。

こちらのラーメンはこんな感じ。
たぶんラーメンは何種類かありました。(どういう違いだったか覚えてないですが。。。)
ここのラーメンもおいしかったですが、はじめに食べた一蘭の方がかなりこってりだったので、ちょっとあっさり感じました。
でも、普通に食べたらこってりだと思います。
ここのラーメンも普通においしかったです。
ヒゲ男はもちろん替え玉しました。本当は2回くらいしたかったみたいでしたが、1回でやめておきました。

帰りはさすがにしんどかったので、バスが通っていたのでバスで駅まで戻りました。

この後、本当は博多の屋台へ行きたかった、というか屋台があるであろう場所へ行ったのですが、一件も屋台がない!!
どうやら日曜日だったので、屋台はお休みだったみたいです。。。
博多で2泊予定だったので、翌日まだチャンスがあって良かったですが。

それにしても、一日目から汗だくで歩き疲れました。。。