2012年6月16日土曜日

マテーラ散策

たった3泊4日の旅行でしたが、まだもうちょっと旅行記続きます。
いつものことですが、なんか長くなるんですよね。。。

で、まずはマテーラで一番目立つここへ。

ちょっと工事中の部分がなんですが。。。
Santa Madonna de Idris(サンタ・マドンナ・デ・イドリス)教会。
前回も書きましたが、岩窟教会です。
どう見ても岩の固まりです。

前まで行ってみるとこんな感じ。
中を見学できます。ここで5ユーロ(6ユーロだったかも。。。覚えてない。。。)で3っつの教会を見学できる共通券を購入しました。
残念ながら、中の写真を撮る事はできませんが、まさに洞窟って感じでした。
しかし、これを人が手でこつこつ掘ったのかと思うと、驚きです。結構広かったし。
11世紀から13世紀のフレスコ画も残っていました。

この岩窟教会は今は教会としての役割は果たしていません。
となりには、普通の教会もあります。

写真じゃよくわかりませんが、これ、3つ見学できる教会のうちの2つ目の教会、の入り口。
Santa Lucia alle Malve (サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ)教会。
こちらは、なんと9世紀に造られた(掘られた!?)教会だと言われています。
こちらも写真撮影禁止。
こちらは初めの洞窟教会に比べると、9世紀とはいえ教会っぽい感じでした。

そしてこちらは3つめの教会。San Pietro Barisano (サン・ピエトロ・バリサーノ)教会。
こちらもオリジナルは古いですが、鐘楼と教会の表部分、中は地下もあるんですが、地下部分は18世紀のものです。
ここの地下部分は過去の司教さんたちのお墓だったらしく、現在椅子のようなものの形跡が残っているんですが、亡くなった司教さんたちをこの椅子へ座らせて、放置(!?)だったようです。
ここの受付を担当していた青年曰く、ここがきれいにされたのも結構最近の話らしいんですが、この司教さんたちを発見した時はそれはもうすごい腐敗臭だったようです。。。(あ、こんな情報はいりませんでしたか。。。)

このマテーラの当時の洞窟住居を見学できる場所があります。
その名も“Casa Grotta” (洞窟住居)。
ここへ着いた時、受付のお姉さんが、「案内は英語がいいですか?」と聞いて来たので、
「いや、英語はできないのでイタリア語で。。。」と言うと、
ヒゲ男に向かって「あなたは日本語できるの?案内は日本語でいい?」と聞かれ、
ヒゲ男は「いや。。。日本語は残念ながらできないからイタリア語がいいです。」と答えると、
お姉さん、「じゃ、案内は日本語にするから、あなたにはこのイタリア語のパンフレットをあげるわ。ここに説明は全部書いてあるし。」と、なぜか強制的に日本語の案内に。(笑)

中に入るとこんな感じ。
当時の生活の様子が再現されています。
で、なんと日本語での説明のテープが住居内に流れて来ました!
だから、見学は入れ替え制なのかと思いきや、私たちの後にも続々と見学者が訪れます。
でも、案内は日本語。
もちろん、この時点で日本人は私だけ。
なぜかVIP扱い(!?)
案内では、この部屋の隅々に何があるか、どんな風に使用していたか、などの説明がありました。
家の中で馬を飼ってたりしたんですね〜。 (写真の左奥の方にいるの、わかるでしょうか?)

こちらはキッチン。
妙にかわいい。
こちらは、この住居に実際に住んでいた最後の住人。
入場料はたしか1ユーロ!

 マテーラはまだまだ観光客が少ないようですが、その中でも日本人の割合は多いのかなと思います。
日本語の案内があるのもそうだし、パンフレットなどにもヨーロッパ諸国以外に日本語が載っているものが結構ありました。
教会のパンフは日本語はありませんでしたが、2つめの教会にいた受付のおばさんが、“日本語は今製作中なのよ。”と言っていました。

前回も少し書きましたが、マテーラは階段だらけです。
上がったり、降りたり、どんどん進むと行き止まりで、また戻らなければならなかったり。
でも、それも結構おもしろいです。

歩いていると、こんなのを発見。
もとは階段だったようなところに、洞窟住居が。

あるお土産屋さんに入ってみると、中には小さなマテーラが!
結構細かく再現されています。

所々に明かりが灯っていたり、人や動物もいて、当時の生活を思わせる感じになっています。
もちろん、あの岩窟教会もありますよ。
3年間かけて制作されたそうです。
で、これを制作した方が、この方。
お店の外で、なにやら掘っていました。
これもお土産物屋さんに並ぶんでしょうかね〜。。。
ミニチュアマテーラの写真撮影される方は寄付してくださいね。

こちらはあまり人がいない地域。

そして、このSASSIと呼ばれる地域を上へ向かって進んで行くと、新しい街に出ます。


市場が出ている広場もありました。
時間があれば、こちらの新しい街を散策するのもいいと思います。

町の散策、かなり疲れますが楽しいです!

次回は私たちが宿泊した洞窟ホテルを紹介します!


こちらのランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ханяма さんのコメント...

うふふ・・・
実はね、あたいも行くんですよ。来月。
真似っ子ですね☆

sato さんのコメント...

>ханямаさんへ!
おぉ!!そうなんですか!
じゃぁ、ローマからプーリアの方へも行くんですね。
もちろん、アルベロベッロも!?
楽しみですね〜。