2012年5月24日木曜日

全長3kmの鍾乳洞を見学

アルベロベッロへ行く前に、アルベロベッロは半日もあれば充分観光できるということなので、まずは周辺の小さな町を観光することにしました。

アレッツォから車で出発すること8時間とちょっと。
まず私たちが向かったのが、Grotte di Castellina(グロッテ・ディ・カステッリーナ)という全長3kmもある鍾乳洞。
この鍾乳洞は1938年1月23日にFranco Anelli(フランコ・アネッリ)という人によって発見されました。

鍾乳洞見学は、1時間に1回の割合でガイドさんと一緒に見学するシステムになっています。

見学時間は2時間!
半分の1時間でも見学できますが、1時間だと一番奥までは見学できないので、行くなら2時間がおすすめ。
一番奥には、この鍾乳洞のメインイベントとも言える、白い鍾乳洞の部屋があります。

まずは入り口から地下へ。

こちらは地上から40m降りた場所。
写真の左下になんだかスキーをしているような物体がありますが、何かはよくわかりません。
拡大写真を載せようと思いましたが、近くで見るとあまりにグロテスクだったので却下。

こちらも上の写真と同じ場所の一部。
残念ながら写真はここでしか許可されていなかったので、中の写真はありません。

上の写真はパンフレットですが、わかるでしょうか!?
左から右までこんな感じで、長さ3kmの地下鍾乳洞が続いています。一番深いところでは、確か地下70mのところもあったと思います。

中はファンタジーの世界に迷い込んだような感覚になります。
ファンタジーとは言っても、暗い系です。
どんどん奥に入って行くと、敵のお城に着くような。。。
ロード・オブ・ザ・リングとかに出て来そうな雰囲気。
ああいうシーンを作ったりするのって、こんな場所からインスピレーションを受けたりするんでしょうかね〜。

それにしても、本当に自然のすごさを感じます。
一滴一滴の水滴が何十、何百、何千、何万、何億年と滴って、こんなすごいものを作ってしまうんですから!

現在は観光地化しているので、観光客の安全のために一部の鍾乳洞が削られていたり、照明が原因でカビが生えたりしてしまっている部分もあります。

そう考えるとやっぱり人間って自然にとっては害だなぁ。と実感したり。。。

でも、やっぱりこんな凄い場所を見学できるなら見学したい!というのが本音です。

プーリアに行って、時間に余裕があれば一見の価値はあると思いますよ。

2時間のツアーで15ユーロ。1時間で10ユーロです。
バーリから電車でも行けるようです。

サイトでは中の写真も見られます。
“Grotte di Castellana”
http://www.grottedicastellana.it


こちらのランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: