2012年4月13日金曜日

すごいな! ミケランジェロのモーゼ

パスクワもすっかり終わり、お天気の悪い日が続くアレッツォです。

パスクワ前にはローマのことを書いていましたが、今回もちょっとローマというか、タイトル通りミケランジェロのモーゼについて、先日ドキュメンタリーを見たのでそのお話を。。。

ローマのサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会(San Pietro in Vincoli)という教会でミケランジェロのモーゼ像が見られます。
今回のローマ訪問では、こちらへは行かなかったのですが、約5年前(!!)に見に行きました。

この真ん中の像がモーゼです。(写真は2007年7月撮影)
この時は、夏だったにもかかわらず、意外に人が少なかったのでゆっくり鑑賞したことを覚えています。

さて、ドキュメンタリーの内容ですが、このモーゼ、ちょっと左側を向いています。
が、実は初めに制作した時はこのモーゼ、正面を向いていたんですって!
一度正面向きで完成したモーゼ、その後ちょっと左向きかげんに修正されたそうです。
しかも、25年後に。
一度完成したものを25年後にやり直すって、25年の経験を積んだミケランジェロ的にはどうしてもゆるせなかった部分があったんでしょうか。

ミケランジェロは、彫刻は彫るのではなく、その中にあるものを彫り出すのだと言っていたようですが、この大理石の中に眠っていたモーゼは本当は正面向きではなく、ちょっと横向きだったってことでしょうか。

もちろん、修正であって一から作り直したわけではありません。
 ちょっと大きくしてみましたが、ボケてるな〜。。。

顔の辺りは左側(向かって右側)半分をうまいこと削って、向きをかえたんです。
そして、足も本当はモーゼの右足のように左足も前に出ていたのですが、左足をちょっと後ろに引いた感じに修正。
ただ、そのままだと右足と左足の大きさの違いがあまりに目立つので(なんせ一度削ってしまった大理石は増えませんからね。。。)、それをカバーする為に右足の上に布を乗せる、という手段をとりました。
ちょっとした目の錯覚を利用するかたちをとったわけですね。
だから、右足の上にある布状の大理石だけ後で足した形になります。
この付け足された大理石も、どうやって!?って感じなんですけど。。。

それにしても、いや、ほんと、すごいなミケランジェロ。
これが正面を向いていたなんて思えません。。。

個人的にミケランジェロは絵画より彫刻の方が好きです。
もちろんシスティーナ礼拝堂とか、人間業ではないですが。。。

ミケランジェロの彫刻は、ローマではサンピエトロ寺院のピエタ像がありますが、パンテオンの裏にあるサンタ・マリア・ソプラ・ミネルバ(Basilica di Santa Maria sopra Minerva)という教会にもミケランジェロの彫刻があるというので、そちらの方へも行ってみましたが、またしてもミサと遭遇し、残念ながらこちらを見る事はできませんでした。。。
中はこんな感じ。
彫刻は祭壇の近くにあるので、ミサ中のためそこまで行く事はできませんでした。。。残念!!

こちらの教会は前に像が支えるオベリスクがあるので、すぐわかります。


こちらの像は、あのベルニーニのデザインです。
ローマのどこにでもあるな〜。ベルニーニ。(完成させたのは別の人みたいです。)

次回のローマ訪問では、もう一度じっくりモーゼ鑑賞することと、こちらの教会のミケランジェロの像を見たいですね〜。

まだまだローマは見たい場所がたくさんあります。
次はいつ行けるかな。。。


こちらのランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ханяма さんのコメント...

はぁいはぁい!!
ミケランジェロさんに挨拶してきましたよ!!
フィレンツェのお墓☆

なんか「美術」といわれるもので、
「巨匠の作品」と称されてるもので、
いざ実際見てみると「ふ~ん」ってなることがおおいですが、ミケランジェロさんの作品は
「おぉ!!」ってなることが多いです。

わたしに美術の素養が足りないんですが、
普通の人がフツーに見て「おぉ!!」となるって
相当なことやと、私はおもうんですよねぇ。

sato さんのコメント...

>ханямさん
フィレンツェへも行かれたんですね!
ミケランジェロのお墓といえば、他にもガリレオなどが眠っているサンタ・クローチェ教会ですね。

美術については私も気持ちわかります〜!
私も美術とか詳しくないんで。。。
逐一詳しくどこがすごいか説明してくれたら、そりゃすごいな〜。って思えると思うんですが、そうでない限り、ふ〜ん。。。ってなりますよね(笑)

ローマへ行かれる時は是非“地球の歩き方”持って行ってくださいね〜!見所満載ですから!!