2012年3月27日火曜日

ローマでおいしいカルボナーラを食べた

鍵穴からサンピエトロを覗いた後は、そのまま徒歩でコロッセオ方面へ。

コロッセオもいつ見てもすごいなぁ。。。と、思わずにはいられない建造物です。
紀元1世紀に建設されたコロッセオ。
中世には、他の建築物を建てるためにこのコロッセオの建材が持って行かれため、現在のように一部がなくなったりしているらしいです。
中世時代がもっと長く続いていたら、コロッセオの今の形もなかったかも。。。

このあと、Basilica di San Crementeという教会へ行きました。
今まで行った事のないところへ行きたかったので、ローマの観光地を調べていたところ、この教会は、教会内部の美しさもさることながら、この教会には地下があり4世紀の教会跡やさらに地下に行くと1世紀のローマ人の居住遺跡、ミトラ神殿などがあるというとっても興味深い教会だということだったので、今回の観光リストに入れました。

が、実際のところ、確かに教会の中は金ぴかのモザイクがあってすごい。
そして、地下。こちらは入場料5ユーロいりますが、正直なところ、何にも知らずに行くと、ただの暗い地下の遺跡で、ところどころに昔のフレスコ画があるって感じです。

地下遺跡や、フレスコ画に興味がある人にはとても貴重な場所だと思います。
ガイドさんなどいれば、もっと興味深く楽しめたと思うのですが、自分の勉強不足により、こちらの場所はイマイチな場所になってしまいました。
ちなみに写真撮影も禁止でした。

この後、気分を変えてお昼ご飯〜!

いつも私がお世話になるサイト。
AMO ITALIA
こちらで紹介されている、カルボナーラが美味しいというローマのレストランへ行ってみました。
お店の名前はその名も“LA CARBONARA”
カルボナーラがおいしいのと、お値段もお手頃ということで。
実はカルボナーラってローマの郷土料理なんですよね。結構最近知りました。
12時過ぎ頃着いたのですが、まだ開店していない様子。
待っている人が何人かいました。
12時半頃、入っていいよ。と言われたので入店。
入ってすぐはこんな感じ。

客席はこんな感じで、二人の場合はきっちりテーブル一つに椅子二つと分けられます。
だからちょっと狭い感じかも。
奥にもテーブル席があります。

早速カルボナーラと前菜にfrittura La Carbonara(このお店の揚げ物)を注文。
fritturaは何が入っているのか聞いてみると、この日は茄子、ズッキーニ、アーティチョークとのこと。
どうやら日によって、内容は違うようです。

こちらが野菜の揚げ物。
これ、めちゃくちゃおいしい!!
野菜の味がしっかりしているし、本当にカリッと揚がっていて、油でベトベトした感じが全くない。衣もカリカリサクサク。
二人で、おいしいなぁ〜。と言いながらあっという間に食べてしまいました。

そして、カルボナーラ!
みなさんもご存知かと思いますが、本場のカルボナーラは生クリームなど使っていません。
そして、本場の本場はパスタにブカティーニ(Bucatini)という太めのスパゲティの中心に穴が空いているものを使います。
ベーコンにはグァンチャーレ(Guanciale)という豚の頬のお肉を細く切ったもの。
チーズはペコリーノ・ロマーノ。それに卵。というのが本場のカルボナーラなのです。

お味の方は、これも抜群〜!
グァンチャーレも塩がきつくなく、卵とチーズとパスタのからみ具合も絶妙。
なんと表現したらいいかわかりませんが、最高でした。

普段からカルボナーラ大好きなヒゲ男も、今までこんなにおいしいカルボナーラ食べた事ない!!と絶賛。

ボリュームがかなりあるので、ちょっと最後はがんばって食べましたが、それほど味もしつこくなかったです。

ちなみに、私たちが到着した時点で二人の日本人の方が待っていました。
さらに、開店後もぞくぞくと日本人の方々が到着。
みんなあのサイトを見て来たのかな〜??と思われます。
お店のお客さんの半分は日本人でしたよ。
平日は混むってことでしたが、この日は土曜日だったせいか、比較的ゆっくりできました。

味は本当においしかったので、私たちは大満足でお店を出ました。
ヒゲ男も、またローマに来たらここへ来たいと言っていたくらい。

他のお料理や詳しい情報は、こちらのサイトを参考にされたらいいと思います。
「 HOSTARIA LA CARBONARA」
Via Panisperna 214, 00184 Roma


こちらのランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: