2012年2月14日火曜日

ダンナのあだ名

相変わらず寒い日が続いていますが、天気予報に反して週末は雪が降らなかったのでよかったです。
昨日はLedaの家へ遊びに行って、うちの旦那さんとLedaの長男マルコが雪の中かなり楽しそうに遊んでいました。
またこの様子は後日。

今回のタイトル。ダンナのあだ名。
以前からブログでうちの旦那さんのことを書く時に、旦那とか旦那さんとかどうもしっくりこないので、何か他にいい呼び方がないものかと考えていました。
で、先日ふと、考えるまでもなく、あだ名があったことに気づいたのです。。。
一部の友達グループから、“Barba(バルバ)”と言われてる!と。
Barbaとはイタリア語で髭。

単純にうちの旦那さんが髭をはやしているという理由でつけられたものだと思うのですが、日本語のあだ名に直すと、“ヒゲ”。
そうです、「ヒゲ〜!」って呼ばれてます。日本語で言うとなんかいじめられてるみたいなあだ名ですが。。。(笑)
しかも、昔の上司(あれは上司だったんだろうか。。。いまいちはっきりしませんが)も私たちの間でヒゲって呼ばれてました。。。もちろんあまりいい意味ではなく。

LedaたちもBarbaと呼ぶので、長男のマルコもうちの旦那さんの事をBarbaと呼びます。
さらにはちょっと前から話しはじめた来月2歳になる次男のアレッサンドロまで!
これはたぶんお父さんが“Babbo(バッボ)”でちょっと発音が似てるからすぐ覚えたのかと予測されますが。

というわけで(?)、私もブログで旦那さんのことを書く時はヒゲを使おうと。。。
でもヒゲだけだとちょっとかわいそうなので(笑)旦那さんの最後の文字をとって、ヒゲオ、“ヒゲ男”にすることにしました。

とってもどうでもいいことですが、これからヒゲ男とあったらうちの旦那のことだと了解してください。



こちらのランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ

4 件のコメント:

Hina さんのコメント...

ヒゲ男さん、なんだかとてもイタリア人ぽくて良いじゃないですか♪
わたし達の間にも、以前使っていたTittyを始め沢山あだ名があります。
意味的に良いものから悪いものまで・・・笑
日本ではあまりないですが、海外だと恋人同士や親しい物同士であだ名を使う事多いですよね!

sato さんのコメント...

>Hinaさん
確かに、イタリア人ぽいかも。。。日本人の友達にはイタリア人、っていう顔やな〜。。とも言われています。まぁイタリア人なんでね。(笑)
Hinaさんたちはあだ名がたくさんあるんですね。私たちというか、私はあんまりあだ名を付けられたことがありません。
何かヒゲ男に考えてもらおうかな?

Hina さんのコメント...

わたしが彼を呼ぶあだ名はあまり無いんですが、彼がわたしを呼ぶあだ名は尽きることがありません。
日頃習得した日本語でお気に入りの響きがあると、そのままあだ名になっちゃいます。
最近すんごく迷惑(!)なのが、「バカちゃん」・・・ほとんどイジメです!笑

sato さんのコメント...

>Hinaさん
楽しい彼氏さんですね〜。
でも確かに「バカちゃん」は迷惑ですね。。。でもなんだか、“ちゃん”がついているところに愛情を感じます(笑)