2012年1月18日水曜日

Locanda al Gambero Rosso (ロカンダ・アル・ガンベロ・ロッソ)

土曜日は、久々に今まで行った事のないレストランへ!
Ledaと旦那さんのAndrea、うちの旦那と4人で行きました。

はじめはトリュフで有名なレストランへ行く予定だったのですが、予約しようと思い、何度も電話をしても誰も出ない。。。
結局今月いっぱいは冬休みだということが発覚。
このお店は結構な山の方にあるので、この時期普通の車でなかなかそこまでたどり着くのは難しいらしく、お客さんも少ないので毎年1月は閉まっているということでした。
うちの旦那さんはトリュフが大好きなので、めちゃめちゃ行きたがっていたのですが、休みでは仕方がないので、次回はそこへ行こうということで納得してました。。。(子供か。。。)

で、今回のレストランはLedaのおすすめレストラン。
といえば、もちろん味は保証付き!
こちらのレストランではLedaのオリーブオイルを使っているので、Ledaの知り合いでもあります。

お店の名前はGambero Rosso (ガンベロ・ロッソ)。
S. Piero in Bagno (サン・ピエトロ・イン・バニョ)という小さな町にあります。
そして、ここには現在4人もの日本人の方が働いているらしいです。
3人は料理人で1人はホール係とか。。。
こんな小さな町のレストランに4人もの日本人が働いているなんて、有名なレストランなんでしょうかね〜。。。

では、早速お店へ。
お店は町の中心地の駐車場のすぐそばにあります。

お店はかわいくて、素敵でくつろげる感じがします。
基本的に家族経営のお店で、メニューはこちらのおばあさんのレシピで、Cucina Romagnola (エミリアロマーニャの伝統料理)です。

お店の雰囲気はもちろん、なかなか変わった、そしておいしい料理が食べられるというので、Ledaが私を一度ここへ連れて来たかったと言っていました。
どんな料理が出てくるのか、ほんと楽しみ。

そして、ホールには前情報通り、日本人男性がいらっしゃいました。
もちろんイタリア語で話すんですが、お店の人が彼に、「あなた、日本語で接客してね。」って。。。なんか微妙に申し訳なかったです。。。

注文は、みんなそれぞれしたのですが、私の分だけこちらのおすすめ料理をおまかせで。

まずはシェフからの一品(?)
一品目から何だったのかわからないんですけど。。。
おいしかったことだけは確か!(笑)
パンもちょっと変わっていて、でもトスカーナのパンと違い味もついていておいしかったです。

本日のワイン。

そして前菜。
 こちらはLedaのジャガイモとひよこ豆の前菜。

うちの旦那さんの前菜盛り合わせ。
ちょっと味見させてもらったら、生ハムがすごくおいしかったのと、手前の多分水牛のモッツァレラがリコッタみたいでおいしかった〜。

こちらが私の栗のスープ。
これ、最高でした。私、栗大好きなんで。ほんのり甘い栗の味と、中に栗がごろごろ入っていて絶品。

続いてプリモ。
 
こちらは私以外の3人がセレクト。
ニョッキとひよこ豆のトリュフかけ。

これ、私の。
これがプリモ!?って感じですが、細いパスタをスープで煮込んで型に入れてオーブンで焼いたものらしいです。
こう言ってはなんですが、食べたらラーメンみたいな味がしました。
たぶんスープの味が麺にしみ込んでいるからだと思いますが。
これもおいしかったんですよ。これはなかなか他では食べられない一品ではないでしょうか?
しかもプリモなのに軽くていいです。

そして、メイン。

Andreaの注文した、スクランブルエッグのトリュフのせ。
ちょっと、えっ。。。?って感じの一品に感じるのは私だけでしょうか??
たまごにトリュフをのせて食べるという、なんか妙に贅沢な一品。
そういえば、以前にこの4人で別のレストランへ行ったときも、Andreaは目玉焼きのトリュフのせを食べてました。。。目玉焼きと言ってしまうと身もふたもないんですが、実際目玉焼きだったんですよね。
スクランブルエッグの方はUova strapazzate con tartufo
目玉焼きの方はUova al tegamino con tartufo
と、それぞれ、れっきとしたメイン料理です。

 
こちらはLedaのバカラというお魚。手前はお魚のフライです。
これ、味見させてもらったんですが、バカラ、おいしかった〜。。。
私もこれを食べたかったくらい。
次に来たときは絶対これを食べようと即決めました!

そして、私のはこちら。
なんかこの写真だと、一瞬和食に見えますが!?
料理の名前は覚えていませんが、タリオリーニというパスタをスープで茹でて、ひき肉のソースで和えたもの。上にはキャベツがのっています。
こちらは、おいしくないわけではないんだけど、とても不思議な味でした。
たぶん、スープにひとひねりある感じ。でも、何を使ってるかわからないので説明できません。。。

ここまでいい感じで食べれたので、ドルチェも食べることにしました。

 こちらはAndreaのコーヒープリン。

 Ledaのリコッタチーズのトルタ。

 
私と旦那さんは同じものを。
Lattaiolo(ラッタイオーロ)というプリンみたいなもの。
それぞれのお皿の端にのっているのは、Salame di Cioccolato(サラメ・ディ・チョッコラート)サラミのようなチョコです。
このチョコがおいしかった。

最後にエスプレッソを頂き、大満足で全てのお料理を頂きました。
このレストランでは料理の素材をとっても重視しているとのこと。
Ledaも直接自分の目で見てそのことを知っているので、とても信頼できるレストランのようです。

さらにこのお店には、もう10年以上いろんな日本人の方が料理を習いに来ているそうです。
そして、日本人はみんなとっても優秀だと言っていました。
私は全く関係ないんですが、同じ日本人として、とってもうれしい言葉。

本当においしい料理だったし、もう一度栗のスープを食べたいのと、バカラも食べたいので絶対また行きたいお店。
ちょっと遠いのが難点ですが。。。


Locanda al Gambero Rosso
via G. Verdi, 5 - 47021 
Bagno di Romagna 
loc. S. Piero (FC)
+39 0543 903405 
http://www.locandagamberorosso.it


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
   ↓      ↓

  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: