2012年1月29日日曜日

アンギアーリのレストラン


現在、1月19日〜3月31日までアンギアーリで“Pantagruel” というイベントが行われています。
今年から始まったこのイベント。内容はアンギアーリのレストランが週交代で(毎週木曜日の夜)普段とひと味違うメニューを提供するというもの。
(今週の木曜はこのレストラン、来週は別のレストランという感じで。)
お店によって金額は違いますが、前菜から最後のカフェまでついていくら。というコースメニューになっています。


で、今週のレストランのメニューのテーマが “Il pane e l'olio della Leda”
“Ledaのパンとオリーブオイル”です!!
今週担当のレストラン、Ristrante PerbaccoがLedaのパンとオリーブオイルを使った料理を提供するというのです。

もちろんその話を聞いた私たちはすぐに、行く行く〜!となったんですが、実はLedaもこのレストランへは行った事がないので、料理がおいしいかどうかはわからないとのこと。
結局、試しに行ってみようということになり、LedaとLedaの両親と私と私の旦那さんの5人で行く事に。
Ledaの旦那さんは子供たちとお留守番。。。


こちらがレストランの入り口。

アンギアーリのチェントロの入り口の、道路を挟んで反対側にあるアーチ状の通り沿いにあります。
写真ではわかりにくいですが、扉がワインの樽の形をしています。なかなかかわいいお店。

本日のメニュー。
前菜、プリモ、セコンド、付け合わせ、ドルチェ、ワイン、水、エスプレッソ全部込みで25ユーロと値段もお手頃。

お店の中はこじんまりとしていて、あまり大きくなく、かわいいお店でした。
私たちはちょっと小部屋風になった場所に案内してくれました。
私たちだけのスペースで、ゆっくりできる場所でした。
レストラン内の造りもとってもかわいくて、いい感じ。
残念ながら、私のコンパクトカメラは赤が強調されるので、全体的に全ての写真が赤っぽくなってしまっています。。。お料理の写真も。。。

こちらはパン、グリッシーニ、ストレーガという薄いクラッカーみたいなもの。全てLedaの手作りです。
Leda達は、「自分たちで作ったものをレストランで食べるなんてなんか変な気分。。。」 と言っていましたが、それはそうかも。。。

まずはクロスティーニ3種。
Ledaのオリーブオイルをかけたもの、クロスティーニ・ネリ、と野菜(何にか聞くのを忘れました)をのせたもの。
オリーブオイルをかけたシンプルなものは、パンもオイルもおいしいので、当然おいしい。
そして、このクロスティーニ・ネリ。私はもともと好きなんですが、こちらのはまたひと味違っていてめちゃめちゃおいしい!
みんな、このクロスティーニ・ネリは絶賛でした。
料理は当然レストランがするので、このクロスティーニ・ネリはお店のもの。

そしてハム盛り合わせ。

こちらがプリモのribollita(リボッリータ)。
下にトーストしたパンが敷かれ、上にはインゲン、タマネギ、黒キャベツ、人参、ズッキーニ、カボチャなどの野菜の煮込みがのせられ、さらにその後オーブンで焼いたもの。
食べる前にたっぷりのオリーブオイル(ここではもちろんLedaの。)をかけて頂きます。
うちの旦那さん、Ledaもふだんはあまり好きではないribollita。しかし、これはおいしい!と。
私もこれはかなりおいしかった。野菜たっぷりで、パンの具合とか、味付けが抜群。
Ledaの両親もみんなこれはおいしい!とかなり好評な一品でした。

そしてこちらがメインのMaiale in crosta(マイアーレ・イン・クロスタ) 。
普通はパンの間に豚肉をはさみ、さらにパンにベーコンを巻き付けてオーブンで焼いたものですが、こちらはちょっとアレンジされています。
パンの上に豚のヒレ肉がのせてあり、オーブンで焼いたじゃがいもの付け合わせ。
その他、付け合わせにインゲンの煮込みがありました。
正直、プリモでおなかがかなりいっぱいになってしまい、100%の力で食べられなかったのが残念。。。
でもメインのお肉やジャガイモもとてもおいしかったです。
Ledaも料理が大好きなので(というか、ほぼプロの域なので)こんなやり方もあるのか〜。と感心していました。

そして最後はLedaの小麦粉とオリーブオイルでLedaが作ったクッキー。
この写真左側のタリオリーニというクッキーがサックサクでデリケートな味でおいしかった。最初に作っていたころとちょっと変わった気がしたので、今度何か変えたか聞いてみたいと思います。
右側のピノリ(松の実)入りのクッキーもおいしくて、どっちがおいしいかは甲乙つけがたい。。。

そして最後にエスプレッソまで頂きました。
ワインはそれほどいいワインではなかったと思いますが、これにお水もついて25ユーロはかなりお得な感じです。

ここのシェフは女性なんですが、ちょっと話を聞いていたところ、以前からこのレストラン自体はあったのですが、以前は味も内装もイマイチなお店だったらしいです。しかし、この女性シェフが来て、内装から何から全て彼女が担当して(オーナーは別の人)、今現在のお店になり、内装も素敵になり、お店も本当はもっと客席を増やすこともできたけど、少ない人数の方がいいということで、客席数も少なく、ゆったりしたスペースで食事を楽しむことができるようになっています。
さらに、彼女の話を聞いていると、とても料理の素材などにも気を配っていることなどがわかり、私たち全員がこのお店をとても気に入りました。
特にうちの旦那さんは本当に全てが気に入った様子でした。かなり珍しい事。

このイベント、来週の木曜日はまた別のレストランが違うテーマでメニューを提供するわけです。それが、3月31日まで続きます。

どんなレストランがどんな料理をするのか、気になる方はこちらのページで左下のjpgをクリックすると日程の写真が出ます。
何度か紹介したアンギアーリのレストラン、La Nenaも参加しています。
私たちが気になったのは、トリュフを提供するレストラン。
そちらへ行くかどうか協議中。。。


今回のレストラン
PERBACCO
Galleria Girolamo Magi, 52031 Anghiari (AR) 
Tel.  0575 788893



こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

0 件のコメント: