2011年12月27日火曜日

サンタが二人もやって来た!

あっという間に私たちは今朝日本に到着しましたが、イタリアでのクリスマスのお話をもう一つ。

今年のクリスマスイブはすでに毎年恒例となりつつある、Ledaのお家で過ごしました。
例年通り24日はお肉を食べない日なので、Ledaのお母さんお手製の魚介スープをいただきます。

そしてこの日は、Ledaの家では夕食後にサンタクロースがみんなにプレゼントを持って来るというイベントをやっています。
もちろん、子供たちにはサンタクロースは本物だと思わせて。

で、2年前はうちの旦那さんがサンタクロース役に抜擢され(過去記事1)、去年はLedaの旦那さんの同僚がその役をしていました。(過去記事2)

Ledaの長男、Marcoも今年で6歳。今年から小学校へ通い始めたんですが、なんと学校で友達からサンタクロースは本当にいないんだ。という衝撃の事実を聞かされたのです!!(笑)

はい、Marcoはまだサンタクロースを信じていました。
微妙に去年あたりから疑いはじめていたようですが。。。

今年は、アンギアーリの人が子供のいる各家をまわってサンタクロースをやってくれるということで、夕食後も待っていたんですが、11時近くになってもまだ来ない。。。

そろそろ帰るか、と思っていたところ!
サンタがやって来ました〜!しかも二人も!!??

これはもう疑うどころじゃないだろ〜。。。って感じでしたが、いつものように初めはサンタクロースにちょっとビビっていたMarco。(なぜかMarcoはサンタクロースが昔から怖いみたいです。)
結局サンタクロースをまだ信じているのかどうかは謎ですが、たくさんのプレゼントをもらって、(いや、本当にたくさんもらってるんですよ!サンタもまだあるんか!!とあきれるくらい(笑))早速サンタさんにお願いしていたらしい、お目当てのビデオゲームで遊んでいました。

さらにサンタさんたちから、私たちにもプレゼントが!
いろんなものの詰め合わせ。
中身は。。。
こんなにいろいろ入っていました!
Ledaの作るローズマリー入りの甘くないクッキーや、ソーセージのオイル漬け、ジャムに石けんの詰め合わせにワインまで!
盛りだくさんの内容。
私もちゃんとLedaにプレゼントを用意していたので良かったです。。。

今年も大好きなLedaの家族と楽しいひとときを過ごせました。
本当にいつもありがとう!

次回更新は年明けになると思います。
みなさま、良いお年を!


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年12月26日月曜日

新居訪問

ちょっとここのところ、いろいろ忙しくて更新が遅れてしまいました。
そして、あっという間にクリスマス〜!
みなさん楽しく過ごされたでしょうか?
私は金曜から食べ通しで、胃がかわいそうなことになってます。。。

さて、時間は少しさかのぼって、金曜日。
お昼に友達から電話があり、その日の夕食のお誘いを受けました。
夏から引っ越す準備をしていて、やっと落ち着いたとのことで、新居に招待してくれるというので、それは是非行かなくては!
というわけで、ジョルジョとラウラ夫妻の新居へ。

新しいお家はとても大きくて、庭も広くてとっても素敵でした。
そのお庭で。。。
お肉を焼いてくれたジョルジョ。
この日の夜はかなり冷え込んでいて寒かったにもかかわらず、大量のお肉を炭火で焼いてくれました。

そういえば、去年もクリスマス前に彼らのお家に招待され、その時も寒いのに外でお肉を焼いてくれました。

そして、新居には!
暖炉!
暖炉があるお家は素敵ですね〜。なんといってもあったかいし。
お家自体もとっても素敵で、なんといっても収納スペースがかなりあるのがうらやましい!
うちの家、収納スペースゼロなんです!!
本当に設計士は何を考えて設計したんだ!というくらい。まぁ何にも考えてなかったと思いますが。。。
本当にどこを見てもうちの家に比べると、とってもしっかりした造りになっていてうらやましい限りでした。。。

愚痴はさておき、お肉もいい具合に焼けて夕食。
ラウラがミネストローネも作ったと言っていましたが、あまりに大量のお肉に、ミネストローネはパスさせていただきました。。。
これらのお肉の他にも。

こちらの巨大ステーキまであったので。

まぁよく食べたものだ。というくらい、お肉を食べ、最後はやっぱりドルチェ。
クリスマスのお菓子と、ジョルジョお気に入りのタルト。

この夫婦、とても気さくで特に旦那さんのジョルジョは本当におもしろくて、次のパスクワに一緒に旅行する計画の話をしたり、笑いいっぱいの楽しい夕食でした。
二人とも、招待してくれてありがとう!
次回私たちが招待するときは、ラウラがなぜかすごく気に入っている巻き寿司でおもてなしします!


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年12月19日月曜日

オーストリア、Innsbruck(インスブルック)のクリスマス市

最後の訪問地、チロル州の州都、Innsbruck(インスブルック)。

こちらは前の二つの町に比べて大きく、メルカートの規模も大きいです。
そしてたくさんの観光客!
その内の、半分以上はイタリア人ではないでしょうか。

こちらの広場にはTettuccio d'Oro(黄金の小屋根)といわれるバルコニーがあり、昔のチロルの公国がここからお祭りを見物したらしいです。
実際にここはメルカートのメイン広場といった感じでした。

一枚目の写真の道をまっすぐ進んで行くと、道路を挟んでさらに町が続いています。
こちらは道路も広く、少し新しい感じの街並。
こちら側にもメルカートがありました。

オーストリアでよく目にするのが、こんな感じの鉄でできた看板(?)
ほとんどのお店にあるようですが、これがそれぞれとってもかわいい。

こちらはスワロフスキー。
お店もキラキラしてます。
この近くにモーツァルトが一時住んでいた家があるとガイドさんから聞いたのですが、どこにあるかわからずじまいでした。。。

町のいたるところにいろんな屋台が出ていました。
屋台もイタリアとはまた違った雰囲気で見て回るだけでもとても楽しかったです。

鎧戸が国旗柄になっている建物も。
なんだかおとぎ話に出て来るような感じ。

窓にたくさんのプレゼントがディスプレイされている建物も。

ふと見上げると白雪姫と7人の小人の人形が。

他にも赤ずきんや、ピノッキオ、長靴をはいた猫、雪の女王などいろんな童話の人形が飾られていたり。。。

こちらはいろんなグミを売っているお店。
グミで作ったカラフルでかわいいクリスマスツリー。
一つ15ユーロ。

その他、こんな大道芸人も。。。
イタリアにもジッとして動かない銅像のような振りをする大道芸人の人がたくさんいますが、こちらはちょっと変わってます。
透明人間(左)と宙に浮く(!?)人(右)。
これ、すごくないですか!!浮いてる人!!!
若干不気味な雰囲気を醸し出していますが、どういう仕掛けかわかりませんでした。


インスブルックのドゥオモ。
中はとても豪華でしたが、ちょうどミサ中で写真はありません。

このドゥオモのある広場に、Arezzoの文字が。
なんでも、アレッツォ出身のAntonio Cesti(アントニオ・チェスティ)というオーストリアでは超有名な作曲家を記念して作られたものだそうです。
イタリアでは全く無名らしいのですが、こちらへ渡り、ここでオーストリアの人たちに愛され、活躍した人。こんなところで、アレッツォにゆかりのある人に出会うとは。。。
イン川沿いにはカラフルでかわいい建物が並んでいて、イタリアの景色とはまた全然違います。

そして、今回こちらで食べたもの。
定番ソーセージとクラウディ。
今回はパニーニではなく、別々にいただきました。
飲み物はsidro(シドロ)というリンゴ酒の暖かい版。
暖かかったせいか、お酒がきつく感じました。

デザート。名前は忘れましたが、中にプルーンのジャムが入っている、揚げたお菓子。

その後、Vin brulé(ヴィン ブルレ)というホットワインを。
みんな飲んでるので、やっぱり飲んでおかないと!
はじめのリンゴ酒もそうですが、飲み物を注文する時に2ユーロ余分にとられます。
それが、このマグ代。
このマグカップを返却すると、2ユーロも返ってきます。
返却せずそのまま記念に持ち帰ることもできます。
みんなこれを飲みながら、メルカートめぐりを楽しんでいました。

最後は、ポテトチップ。
ジャガイモを薄く切ったものをその場で揚げたもの。
これもなかなかおいしかった。まぁポテトチップに変わりないんですが。

この町は一番楽しく、時間もあっという間に過ぎて、帰る時間が来てしまいました。
かなり大規模で町全体がクリスマスのお祭りで賑わっていて、テンションの上がる雰囲気満載でした!

クリスマスの余韻を残し、午後3時に町を出発。
アレッツォに着いたのは午前1時でした。。。

1泊2日と短い旅でしたが、初めてのオーストリアはなかなか楽しかったです。

イタリアとは違うけど、 やっぱりヨーロッパの街並はいいですね〜。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年12月16日金曜日

スワロフスキー・クリスタルワールドを訪問

泊ったホテルはなかなかかわいくこじんまりしていて良かったですが、アメニティがなかった。。。

翌朝ホテルでの朝食後、この日はInnsbruck(インスブルック)のメルカートへ行く予定ですが、その前にスワロフスキー・クリスタルワールドへ。
スワロフスキーってオーストリアだったんですね。知りませんでした。。。

かなり大きな工場です。
その横にスワロフスキー・クリスタルワールドなるものがあります。
こちらは美術館のようなもので、クリスタルで作ったいろいろなものが展示してあるのかと想像しますが、どちらかというと現代アート美術館です。
クリスタルと現代アートの融合(?)みたいな感じでしょうか!?
入場料は最近値上がりして、9.5ユーロ。その前までは8ユーロだったんですが。。。
日本語のパンフレットもありました。

まずチケット売り場にいる巨大蛇。
蛇の鱗にはクリスタルがあしらわれていますが、本物なのかな。。。

こちらが入り口の通称「ジャイアント」。

正面から見るとこんな感じ。
目の部分の色が時々変わります。
まず、初めて見た人は??な印象を受けるのではないでしょうか。。。
私はなんか好きですが。
横から見るとこんな感じ。(もういいって!?笑)

まず中に入ると、たくさんのクリスタル(何個かは忘れましたが)で出来たシャンデリアのようなものが目に入ります。
そしてこちらが史上最大31万カラットのクリスタル!
写真では全く大きさがわかりませんが。。。この横に虫眼鏡で見るような小さいクリスタルの展示もあります。
ここにはダリやキースへリングのクリスタル作品の展示もあります。

例えばダリのはこんな感じ。。。わかりにくいですが、右側のキラキラしているのはシャンデリアが反射しているもので、ダリ作品は中央のものです。

クリスタルで氷のつららをイメージして作られた作品。

ポセイドンのパズルと言われるトンネル。

こちらは私が一番気に入った部屋で、48個の多面体がある通路。

こんな感じで、クリスタルワールドの中はただクリスタルで作ったものが展示されているだけではありません。
他にもたくさんの部屋があり、不思議なものがたくさんありました。
そして最後にはやっぱりショップ。
スワロフスキーといえば白鳥ですね〜。(反射しすぎてわかりにくいでしょうか!?)

クリスマスってことで、サンタクロースとエンジェルが!
なんかサンタの帽子をガス風船で持ち上げてるところがちょっと笑える。。。
なんせサンタの頭の上で風船がフワフワしてるので。(笑)

ショップは結構大きくて、お値段もピンキリでいろんなものがありました。
アクセサリーや置物以外にもクリスタル入りボールペンや、カードなどお土産に良さげなものもありましたよ。
私は特に今まで興味がなかったので、通常の値段などわからないですが、直営なのでやっぱり普通で買うよりはお得なんでしょうかね。

せっかく来たし、なかなかかわいいペンダントがあったので、買おうと思ったら、旦那さんがプレゼントしてくれる(!)というので、お言葉に甘えてプレゼントして頂きました。
ありがと〜!!
どうも以前になぜか、結婚したら男性は女性にプレゼントをしなくなる。(釣った魚にエサはやらない。って話)をしたことを気にしていたのか、あとで、自分はそんなことないよ!と言ってました(笑)

美術館の周りは公園になっていて、小高い丘があったり、展望台があったり。。。たぶん春や夏はちょっとした散歩も楽しめると思います。
今は冬で、草木も枯れていたので。。。
こんな巨大迷路も。
(なんかこの形、ちょっとあるマンガのシンボルに似てる気が。。。??)

思った以上にスワロフスキーを満喫し、いよいよInnsbruck(インスブルック)へ。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ