2011年9月30日金曜日

10日目・11日目 : San Francisco

いよいよ最終地、サンフランシスコ。
ここでは2日ありましたが、まとめて紹介して、今回でアメリカ旅行記を終わりたいと思います。
でも、また長くなりますので、あしからず。。。


ガイドさんが言っていたとおり、サンフランシスコは寒い。。。
前日の夜、サンフランシスコに着いてすぐ、とりあえず厚めの服を買いに走りました!!

そして朝。
サンフランシスコはアメリカで一番美しい街。と言われていますが、
またもや霧です。。。寒いです。。。
この日はバスで市内観光。
サンフランシスコは霧で有名ですが。。。

!?
あのゴールデン・ゲート・ブリッジはどこに!?
霧が濃すぎる〜。。。
もう全く見えず、みんなぶーぶー言ってました。。。ほんと、残念すぎる。

その後、ゴールデン・ゲート・パークへ。
そこになぜか日本庭園。 (写真ボケてますが。)
 ちょっと入り口付近へ行ってみると。。。

ジャパニーズ・ティー・ガーデンって、どんな庭!?
時間もなかったし、わざわざここで日本庭園見るのもな。。。ってことでここには入らず。
せっかくゴールデン・ゲート・パークへ来たものの、30分程しか時間がなく、その辺をうろつく程度で終わりました。


カストロというゲイ文化とともに発展した場所や、チャイナタウンなどをバスで観光。
さらりと通り過ぎたので、たいした写真も撮れず。。。

やっとバス下車許可がおりた場所がこちら。
ロンバード・ストリート。
世界一曲がりくねった坂です。
上からひっきりなしに車が降りて来ます。

ここから後ろを振り返ると。。。
こちらもすごい坂。
この坂を登ってきました。(道の中間地点くらいから)
サンフランシスコは坂が多いことでも有名です。

 
途中で見つけたよくわからない標識。
矢印方面がイタリア!?しかもNorth Beachって。。。遠すぎる。。。

そんなこんなで昼食。
昼食はこんな海の見えるレストランで。
食事はまぁまぁでした。
船の後ろに見える島はアルカトラズ島です。
昔、島自体が刑務所だった場所。凶悪犯が収容されていた場所です。
アル・カポネもその一人。ここを舞台にした映画もありますね。

今回、アルカトラズ島へ行きたかったのですが、気づいた時には予約がいっぱいで、行く事ができませんでした。
出発2週間程前に、予約しなければならないことを知り、知った時には予約がいっぱいでした。
旅行の行程には、翌日の自由時間の時にアルカトラズ島などへも行けます。的なことが書いてあったので、私はてっきりオプションで旅行会社に申し込むか現地で申し込めばいいものだと思っていたのですが、どうやら行きたい人は勝手に行って。という意味らしい。。。
日本のパンフではちょっとありえません。。。
しかも、アメリカに着いてから、ガイドさんにアルカトラズ島のことを聞くと、「夏は3ヶ月前にすぐ予約しないとまず無理だよ。」とのこと。
予約は3ヶ月前からできるようなので、夏は予約が始まったらすぐに予約しないとだめらしい。
旅行会社はその辺、ちょっと教えてくれもいいんじゃないの!?
旅行は3ヶ月以上前から予約していたのに、一言いってくれたら行けたのに!!
これもイタリアだからか。。。
さらに、私たちはまぁ残念で済んだといえば済んだのですが、一組のカップルが、めちゃめちゃアルカトラズ島へ行くのを楽しみにしていて、事前に旅行代理店の人に、「予約して行った方がいいんですか?」と聞いたところ、代理店の人は「いや、アメリカに着いてから、直接予約すればいいですよ。」と言ったので、当然予約せずアメリカに来たわけです!!
なんて代理店だ!!これはひどすぎる。。。
とってもかわいそうでした。。。また来るといっても遠いのでおいそれと来れないし。
代理店の人も信用できないなんて、どうすればいいのやら。。。まったく、イタリア人は。。。

昼食後は、またオプションで、ゴールデン・ゲート・ブリッジを渡って、サウサリートという向こう岸の町へ。
ちょっとづつ霧が晴れて来たので、こんどこそ橋が見えるかと思ったのですが。

 やっぱり分厚い霧で覆われています。

橋に近づく程霧が濃く。。。
 橋を渡るとこんな感じで、青空が。霧がある方がブリッジ、サンフランシスコ側。

サウサリートはこんなに天気がいいのに、向こう側には霧が。。。
写真左端に見える島がアルカトラズ島。右側はサンフランシスコの町。橋はベイブリッジ。

 お天気がいいと気分もいいです。

サウサリートはなかなかかわいい町でした。

散策で暑くなったので、旦那さんアイスを購入。
偶然にもガイドブックに乗ってたアイスクリーム屋さん。
しかし、ここでちょっとだまされた感が。。。
ここのアイスクリーム屋さんはコーンとアイスの両方を買わなければいけません。
どういうことかというと、まずコーンを選ぶ。普通のや写真のようにチョコが付いてるのや、その他。コーンによって値段が違います。
私たちはコーンのところに値段が書いてあったので、これがアイスの値段だと思ったら大間違いでした。
さらにアイスを選び、何種類のせるかによって値段が変わります。
コーンの値段+アイスの値段が最終的な値段になります。
あとでガイドのアシスタントさんに聞いてみると、アメリカでは当たり前らしいです。
当然ですが、やっぱりジェラートはイタリアですね。味も値段も。

このあとは、サンフランシスコに戻って船でサンフランシスコ湾を周遊。
でもやっぱりこちらに戻って来たら天気が。。。

 サンフランシスコの坂道が見えます。

橋はやっぱり霧。。。
橋のある場所まで行くのに、船の外にいたのですが、嵐のようなゴーゴーと吹く風と時折高い波があり、すごいことになっていました。

 サンフランシスコ側。

ぐるっと方向転換して、サウサリート側。

アルカトラズ島の近くも通ります。
島へ入れないのは本当に残念。。。

晴れていたら、美しい街なんでしょう。

サンフランシスコといえば、カニです。
 シーフード屋台で有名な場所。
右側にシーフードの屋台が並んでいます。
すごい活気がありました。

そしてこの日の夕食は自由だったので、もちろんカニを食べに行きましたよ!
ガイドさんのおすすめは、Scoma's(スコマズ)というお店でしたが、前日の夜に行った人の話ではイマイチだったということで、それなら観光地とはいえ以前に行ったピア39にあるクラブ・ハウスの方がおいしいと言っていたので、ツアーで知り合った夫婦と一緒に4人でクラブ・ハウスの方へ行きました。

メニューは、イタリア語も日本語もありました。
偶然にも私たちのテーブルの担当がイタリア人で、お得に注文できるよう教えてくれました。
で、私たち3人はこちら。
ゆでカニ2杯。3人で。熱い鉄板の上にのせられてきます。
おいしそ〜!というか、身がいっぱい詰まっていてとってもおいしかったです〜!
かなりニンニクが効いていました。

こちらはチョピーノというカニスープ(?)。
私の旦那さん注文。パンと一緒に食べます。
こちらもめちゃくちゃおいしかったらしいです。
コックさんもイタリア人らしく、だから料理がおいしいのか。と、なぜかみんな納得。
みんなで、こっちに来て正解だったね〜。と、大満足でホテルへ戻りました。
アメリカで一番おいしかったご飯でした。


翌日、また海沿いのフィッシャーマンズ・ワーフへ行ってお土産など買う事に。

途中までサンフランシスコ名物のケーブルカーに乗りました。
ホテルのすぐ近くがケーブルカーの終点でした。
向こうから来るとまず真ん中の丸い台にケーブルカーを乗せ、丸い台をまわして向きを変え、こんなおじさんたちがケーブルカーを所定の位置まで押します。

あまりうまく撮れませんでしたが、ケーブルカーからの景色。
坂を登ったり降りたりします。
アトラクション感覚で楽しいです。

またピア39到着。
 ここもいろんなお土産屋さんがあったりして、なかなか楽しめます。

 この日は前日よりはいい天気でした。

そして、なんとミラノのトラムも走っています。実際にミラノで使われていたものらしいです。
いろんなトラムが走っていますが、その一つ。

なぜか大量のあざらしがひなたぼっこ。

霧と晴れではえらい違いです。
しかし、この日もゴールデン・ゲート・ブリッジ付近は霧で見えませんでした。。。

街の中心地はこんな感じ。
ショッピング街やオフィス街。

最後に、なぜかベイ・ブリッジ近くにこんなオブジェが。
ガイドブックにも載っていたので、同じように撮ってみました。

なんだか最後はサラッと来ましたが、これでアメリカ旅行記終了です!
こんなに長い旅行をしたのは初めてだったので、かなり疲れました。。。
でもなかなか楽しかったです。
もう一度行きたい場所は、ラスベガス。
あと、旅行中に存在を知った、アンテロープ・キャニオン。
写真で見る限り、とっても幻想的な場所。今回のツアーには含まれてなかったのが残念。
そして、次はニューヨークへも行ってみたいですね。

とにかくやっと終わりました。。。長かった。

全て読んでくださった方、ありがとうございました!

また次回から普通の日記に戻ります。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年9月27日火曜日

9日目 : Mammoth Lakes 〜 Yosemite

この日もお天気は良かったですが、寒かったです。。。
マンモスレイクはスキー場で有名です。
上の写真はホテル前ですが、リフト乗り場がすぐ近くにあります。

出発前にホテルの人と旦那さんが話していたところによると、先月まで(7月)スキーができたとのこと。
1年の半分以上が冬ってことでしょうか!?
私は絶対ここには住めません。。。


この日の最初の写真ポイントはこちら。



 寒かったですが空気が澄んでいるせいか、湖に映し出された風景がとてもきれいでした。

 こういう写真だと少し雪がある方が絵になりますね〜。

そこに停まっていた誰かの車。
なんだか車の宣伝のような感じだったので、撮ってみました。 (ただそれだけです。。。)


場所を移動。
 こちらもいい景色でした。

この辺りに来ると、ちょっと気温も上がって来たので、湖に入りたいな〜。なんてみんな言ってました。
水もそれほど冷たくなく、とてもきれいでした。


この後、ヨセミテ国立公園へ向かったのですが、なんと途中で山火事が起こっている場所があり、煙でせっかくの景色が残念なことに。。。
こういう公園で起こる火事は基本的に消火活動などはせず、自然にまかせるらしいです。なるべく人間の手を加えないということで。
もちろん、大きな火事や観光地の近くなら別でしょうが。

トンネル・ビューといわれるポイント。
せっか天気がいいのに、白いのは全て煙です。。。めちゃめちゃ残念。。。

エル・キャピタンという一枚岩です。
ロッククライミングの名所としても有名らしいです。
そしてこちらにも煙が。。。

こちらはブライダルベール滝。
普通、今の時期(夏)だと水が干上がって、ほとんど滝が流れているのを見る事ができないらしいですが、冬に雨がたくさん降ったので、今年はまだ水が残っていて滝を見ることができました。
ということは、滝の見頃にはもっといっぱい水があるってことなんですね。

こちらはヨセミテ滝です。

この後昼食をとり、この滝のふもとまで行ってみました。
近づいてみるとかなり大きな滝です。

滝のふもとまで行くと、たくさんの人が水浴びしていました。
ここでの気温はまたマンモスレイクとは変わって、けっこう暑かったです。


ヨセミテ公園にはかなりのリスがいました。
お土産屋さんとレストラン周辺にたくさんいたんですが、やっぱり食べ物を狙っているようです。。。
そして、こんな鳥も。
この鳥もけっこうよく見かけました。

ヨセミテ公園も楽しみにしていた場所の一つだったのですが、なんせツアーだったので、自由時間も少なく、滝を見るだけで終わってしまいました。。。残念。

このあと、最終目的地のサンフランシスコをめざしバスで移動。
途中でガイドさんがみんなにお酒をふるまいだしました。。。
ジャックダニエル!
私はウィスキーは苦手なので遠慮しましたが。

途中、こんな風景を見て、なぜか映画のプリシラを思い出しました。
こんな景色があったのかどうか覚えていませんが、プリシラは3人のゲイのドラッグクイーンのロードムービーです。
私の好きな映画の一つ。余談ですが。

途中、トイレ休憩で立ち寄ったサービスエリア(?)


トラックの休憩所(?)にもなっているようで、もちろんガソリンスタンドもあるわけですが。
アメリカのトラックはなんだかかわいい。車の前の部分の形が変わってるんですよね。
こうして並んでいるとおもちゃみたいです。

そして、このサービスエリアで旦那さんが購入したものがコチラ↓

何かというと、プラスチックの容器なんですが、この旅行中、右側の大きい方の入れ物にコーラを入れて飲んでるアメリカ人を見て、旦那さんが「俺もアレ欲しい〜!!」とずっと言っていたもの。
これ、実は普通のお店には売っていなくて、トラックの運ちゃんが休憩するようなサービスエリアにしかないらしいです。
なぜならこれはトラックの運ちゃんのためのマグだからです。
しかもサービスエリアによってオリジナルデザインがあるとか。

これだと大きさがわかりずらいですが、大きい方で52ozと書かれていて、約1.5リットル。
小さい方が約1リットル。

アメリカの運ちゃんたちはこの大きい方にコーラを、小さい方にコーヒーを入れてトラックに常備しておくそうですよ。
確かに広いアメリカ。しかも長〜い単調な道が多い。
カフェイン取らないと眠くなりますよね。。。大変だな〜。

この日の夜、サンフランシスコに到着。
やっと、この旅にも終わりが見えて来ました。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ