2011年1月31日月曜日

最近このピザにハマってます。

最近、私たちのマンションの近くにあるMadamadore`というピッツェリアのピザにハマってます。

最初はどうとも思わなかったのですが、最近無性に食べたくなるときがあります。

こちらのピザは、日本人が大好きなナポリピザ、ふわふわモチモチ感のあるピザではなく、薄くてパリパリしたピザです。
最近、このパリパリ感が異常においしく感じるんです。

で、今夜もこのピザを夕食に。

近いので、お持ち帰りします。
私一人で一枚食べるときはマルゲリータ。
私が最後まで飽きずに食べられるピザです。シンプル・イズ・ベスト!
(ピザがお皿から飛び出ていて見えませんが。。。)
普通マルゲリータといえば、トマトソース、モッツァレッラ、バジルですが、トスカーナではほとんどがバジルではなくオレガノを使うようです。

こちらは彼氏がいつも注文するカルツォーネ。
中にはハムやモッツァレッラ、きのこやアーティチョークなどが詰まったピザを半分に折り曲げたようなものです。かなりボリュームあります。

(相変わらずお皿がイマイチですが。。。)
ピザはこんなに薄くて、軽く食べられます。
生地の味もおいしくて、最近のお気に入り。


そういえば、昔大阪の某ピッツェリアでピザを食べた時、生地があまりにモチモチしすぎていて(?)、冷めてきたら噛むのも疲れるくらいのピザがありました。
モチモチしてたらいいってものでもないと思うんです。。。

モチモチ感のあるナポリピザもいいですが、パリパリのピザもいいですよ!


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年1月28日金曜日

ロンドンおのぼり観光 (おみやげ・その他)編

ロンドン旅行記もいよいよ、というかやっと今回が最後になります。。。

おみやげ・その他ということで、今までのカテゴリに当てはまらなかったことを。。。

まずはおみやげから。
イギリスといえばやはり紅茶。というわけで行ってみましたコチラ↓

“TWININGS ”本店。
探しながら歩かなかったら普通に通り過ぎてしまいそうな入り口。
細長い店内にはたくさんの紅茶が。
どれを買っていいやら迷います。


 自分用に買ったのがこちら。
上に見える木箱に下の紅茶の中から好きなものを選んで買うというしくみ。
木箱のみでも購入できます。
箱の大きさもいくつかありましたが、私は一番小さい24パック選べるものを購入しました。
TWININGSは最初はコーヒーハウスだったということもあり、現在でもコーヒーを売っています。
本当はコーヒーも買ってみたかったんですが、飲み方を聞いてみると、たまに喫茶店で紅茶を頼むとティーポットではなく、葉っぱを下に沈める機能のついた入れ物(?)で出て来ることがありますが、それと似たポットが必要とのこと。
そのコーヒーを飲むためだけに、そのポットを買うのもなぁ。。。と思い、紅茶だけ購入しました。

そして、こちらへも行ってみました。
ハロッズです。
イルミネーションがすごいです。
高級感漂うお菓子売り場
行ってみたものの、特に何をしようというのがなかったので(というか、ここで買い物をするつもりも特になかったので)無意味にウロウロしてました(笑)


店内の廊下はエジプト。
写真右の像の前には故ダイアナ元妃とハロッズのオーナーの息子ドディ・アルファイド氏の記念碑がありました。

本当はハロッズのグッズとかテディベアとかおみやげにするんでしょうが、全く興味がなかったので、見学のみ。。。(すいません。)


さらにこちらも。
FORTNUM & MASON(フォートナム・アンド・メイソン)
ここではまたもや紅茶を購入。


ここは店内が広々した感じで落ち着きます。
個人的にはお店の雰囲気はハロッズよりこちらの方が好きかも。


そして紅茶と言えば、やっぱりアフタヌーンティ。
体験しました。アフタヌーンティ!
あんまり高いと彼氏は絶対行ってくれないので、なるべく安いところを探していたところ(笑)、見つけたのがコチラ↓

Marriott Hotel 内にあるLibaryというティールーム。
全くどんなところか予想していなかったので、結構高級そうな雰囲気に、私も彼氏もドキドキ。。。(かなり小市民です、私たち)
しかも場所がわかりにくく、ここまでたどり着くのに一苦労し、さらにここに着いてからも予約をしてなかったので、なんかややこしいことになりました。。。
予約はした方がいいですね。
予約なしでも入れてくれましたが。(空いていたからだと思います)

アフタヌーンティをしたいというと、紅茶を選ぶために出されたのがTWININGSの紅茶セット。
この中から好きな紅茶が選べます。
窓際の席でテムズ川を眺めながらのティータイム。
彼氏の席からはビッグ・ベンが見えたそうです。
立地抜群のこのホテル。
こちらがアフタヌーンティのセット。
サンドイッチは美味しかったし、スコーンもクリームもおいしかったです。
一番上の一口サイズのケーキはちょっと甘すぎるものばかりでしたが、それにしてもボリュームがすごい!!
これで一人£25でした。
ホテルの人はとても愛想がよく、写真を撮るサービスまでしてくれました。

彼氏は最後まで居心地悪そうで、一刻も早くここから立ち去りたいとだけ願っていたようです。

ここの前にもう一件値段がお手頃な場所をネットで見つけたんですが、行ってみるとどうやら閉店していたらしく、違うお店になっていました。
このLibraryもネットである人が紹介していたのですが、金額が値上がりしてました。
ネットでは紅茶が葉っぱではなく、ティーパックだったと書いてあったので、たぶんティーパックが葉っぱになったのが値上がりの原因だと思います。
が、とにかくネットの情報がそんなに古くなくても変わっている場合があるので、事前に予約するべきだなと思いました。
有名な場所は要予約となってるところが多いと思いますが。

これでロンドンでとりあえずやっておく事はやったんじゃないでしょうか!?


今回購入したお土産たち (ほぼ紅茶)の
先ほどのTWININGSの木箱24パック入り

こちらはティーパレスの紅茶というより、ドライフルーツがそのまま入ったもの!?
めちゃめちゃ気になったので、アップルを購入してみました。
まだ飲んでないんですが。。。

フォートナム&メイソンで購入した自分用お土産。

その他のお土産たち。

最後にロンドンの三越のとなりにあったジャパンセンターでついついこんなものを。。。
日本の食材がいろいろあって、あれこれ欲しい!と思ったんですが、当然値段は通常より高めなのでひかえめに購入しました。
パリッコが異常においしかったです。

今回も長くなりましたが、これでロンドン旅行記も終わりです。
1月中に終わって良かった。。。

今回はイギリスとはいえロンドンのみだったので、まる5日の旅行でかなり満足できました。
この旅行では地下鉄とバスで使える1週間のオイスターカードというのを購入しました。
このカードは地下鉄の改札にタッチするだけで入れるし、バスにもタッチするだけで乗れます。
規定の金額を払うとその金額を超えても1週間以内なら超過金を払わなくていいし、もし全額使わなかったら返金もしてくれます。割引などもあるので、お得です。
いちいち切符を買う手間が省けるので、とても便利でした。
あと、これは帰って来てからネットで見て知ったんですが、ロンドン・パスというパスがあり、このパスを使うと私が先に書いた入場料が高くて入らなかった場所が無料になったり、いろいろ割引があったりするそうです。。。

次はいつ海外行けるかな〜。。。

ロンドン旅行記におつき合いくださった皆様ありがとうございました。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年1月26日水曜日

ロンドンおのぼり観光 (街並編)

ちょっと中断しましたが、まだしつこくロンドン旅行記を書きます。。。

今回はロンドンの街並の写真をアップします。

私たちが宿泊したホテル(これが実際はホテルとはいわないかもしれないんですが。)の前の道。
私たちが宿泊したのはロンドンの中心地から少し離れたところ。
中心地には、この写真に写っている2階建てバスか、ここから歩いて5分くらいのところにある地下鉄に乗って行きます。
バスもバス停がすぐ前にあり、10分おきくらいに来るのでとても便利でした。

ロンドンは街並がイタリアとは全く違うのでとても新鮮でした。

2階建てバスの2階の一番前を陣取って、バスの中から中心地までの道を写真撮影。

こちらもバスからの写真ですが、なぜか道路の白線がギザギザになっています。
これ、実は横断歩道の前後、数メートルがこんなギザギザになっていて、運転手にもうすぐ横断歩道があるよ。ということを知らせるためのもの。
しかも横断歩道があるところには、この写真ではわかりにくいかもしれませんが、夜になると黄色いランプが点灯します。
日本ではそうでもないですが、結構外国では横断歩道があるところは車より渡る人が優先されるんですよね。
イタリアでも、基本的に信号がない横断歩道で渡ろうとしている人がいれば、車はたいがい停車します。
日本も本当はそうなのかもしれないけど、どちらかというと車優先ですよね。


そしてこちらはロンドンのショッピング街。
めちゃめちゃなが〜いショッピング街です。
まだクリスマス用のイルミネーションが残ってました。
写真下の左側に「ユニクロ」が。
ユニクロって、カタカナで書いてあるんですね〜。
しかもここの他にも何件かありました。

ちょうどセール時期だったので、午後から夜は人であふれかえっていました。

こちらはレトロな2階建てバスとタクシー。
このタイプの2階建てバスは今ではあまり走ってないようです。
普通のタイプの2階建てバスは想像以上にたくさん走ってました。
あと、2階建てでないバスもありますよ。

こちらはロンドン名物(?)赤い電話ボックス。
あちこちにあるんですが、たくさんの観光客が電話ボックスと写真を撮ってました。

こちらは地下鉄ウエストミンスター駅の入り口。
地下鉄のマークは結構有名みたいで(赤い丸に青い線)、このロゴのグッズも売っています。
青い部分にはUNDERGROUNDと書いてありますが、駅のホームにはこの部分に駅名が書いたロゴがあります。
実際シンプルだけど、なんかかっこ良く見えますね。
こちらはピカデリーサーカス。
この写真は本当に撮り方が悪いんですが、左にエロス像の噴水、右には電光掲示板で埋め尽くされた建物があり、この二つで有名な場所だそうです。
中には入らなかったのですが、店構えがかわいかったので。

 ノッティング・ヒルへ行った時にはこんなお店が。
ピザ屋さん!?
車の中の板の上にピザが乗ってました。

で、最後はショッピング街のイルミネーション。


日本もたいがいいろいろ設備が行き届いていますが、イギリスも横断歩道のことといい、きっちりした国だなぁ。と思いました。
信号も普通、青から赤になるときは、青・黄・赤となりますが、赤から青に変わるときも赤・黄・青となるんです。だから運転手は黄色の時点でギアを入れ、青でスムーズに発車することができるんですね。
海外旅行で私がいつも一番心配なのが、トイレ。
イタリアなんて、公衆トイレは便座がないのが当たり前。
でもイギリスは結構どこもきれいで、安心して外出できました(笑)

次回はおみやげやその他のお話でやっと最終回にします。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年1月24日月曜日

3D合宿してきましたが。。。

まだロンドン旅行記は終わってないんですが、今回はこの一週間のお話を。。。
カメラを持って行くの忘れたので写真は一切ないんですが。。。

先月初めに会社で3Dソフトを習いに行かせてもらえるということで、わざわざMilanoの近くのMonzaという街まで話を聞きに行きました。
私たちは会社でBlenderというフリーの3Dソフトを使っているんですが、そのソフトを教えてくれる教室でよさそうなところがこの教室くらいだったので、Arezzoからは電車で4時間くらいとかなり遠いんですが、ここへ行く事にしました。

そして、この一週間(実際に授業があったのは3日間ですが)第一回目の授業を受けに行って来ました。

まぁこれがストレス以外のなにものでもなかったです。。。
月、水、金と4時間の授業があり、火、木はホテルで自習という、なんだか受験合宿のようでした。

ホテルはホテルというより宿泊施設といった感じで、会社で予約してくれた人の話ではB&Bということだったのに、朝食はついてなく、8畳くらいの部屋にベットが2つとクローゼット、机と洗面所とシャワースペースがついているものでした。
だから毎朝寒い中、徒歩5分くらいのところにあるBarで朝食。
周りにはなんにもないので、レストランへ行くのにも最低徒歩15分。
ネットもつながらないと聞いていたんですが、こちらはパソコンをつけてみるとワイヤレスがあるようだったので、宿泊施設の人に使えるかどうか聞いてみると、使用料が一日7ユーロ!
今時ホテルにネット環境があるにもかかわらず、別料金ってあるんでしょうか!?
さらにはシーツ交換も週一なので、一週間同じシーツだし、タオル類は一週間に一度だけ交換。そして二人部屋で二人いるのに、なぜか石けんやシャンプー、コップが一人分しかない!!
しかもこんなになんにもない施設なのに、値段は決して安くはなかったんですよ!!

この時点で私と会社の同僚Katyは、なんて場所だ!
と、がっかり。。。全て会社もちなので、決して贅沢はいいませんが、選んだ宿泊施設が悪かったです。

さらにこの授業がまたくせものでした。
初めにメールでプログラムをもらっていたんですが、こんなにたくさんのことを一日で全てできるのか!?と思われる内容でした。
しかし、それは私たちの要望でもあったので、それが出来るんなら少々しんどくてもやろう!という気満々でした。
だいたい会社が短時間でレベルアップしろ!という無茶な要求を出していたので。。。

実際授業が始まると、どう考えてもちょっと準備不足では!?(向こうがです。)と思われる内容。
この授業内容でこの金額取るのか!?
と、私もKatyも唖然としました。。。

少しは新しい事も学べましたが、私たちが出した結論は、少々時間がかかっても自分たちで勉強したほうがはるかにいい。ということでした。

とにかく一日も早くArezzoに帰る事だけを望んでいた一週間。

Monzaの街も観光地ではない、ということもあるのかもしれませんが、なんだか全体的に汚い街といった印象を受けました。もしMonzaに住んでいる方がいらっしゃるなら申し訳ないですが、最終的にいろんなことが重なり合って、Monzaの印象がさらに悪くなりました。。。

唯一良かったのは、意外にレストランでの食事がおいしかったこと。
この一週間でかなり太ったと思います。

明日は会社で今回の勉強会の報告が。
すでに大まかな内容は伝えてあるんですが、本当ならまた来月次のステップがあるんですが、たぶん次はないですね。。。
期待していた分(授業内容を)とても残念。

とにかく、精神的に疲れた一週間でした。。。


次回はまた、しつこくロンドン旅行記にもどります。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年1月17日月曜日

ロンドンおのぼり観光(博物館・美術館編)

 この日は自然歴史博物館と科学博物館、ナショナルギャラリーをめぐるというハードスケジュールをたてていた私たち。
ちょうどこの日は雨だったので、博物館の入り口も混んでいました。
この自然歴史博物館、いつものように全く予備知識なしで行ったんですが、めちゃめちゃ良かったです。

 


まず、入るとこんな恐竜が出迎えてくれます!

これだけでまずテンションあがります!!
ちなみに私は恐竜好きでも化石好きでもないんですが、こんなの見るとなんかワクワクします。

とにかくこの博物館にはいろんなものがあるんですが、恐竜の化石がめちゃめちゃたくさんあります。
そして、こんな化石も。。。

アルマジロ!!
しかもデカ!!
長さ1mはありました。



 そしてこちらは化石の王道!?アンモナイト!

こんなところには猿(チンパンジー?)の骨がユニークに展示されていたり。。。
 


  恐竜以外の骨や化石、いろんな動物の剥製コーナーや昆虫の部屋などなど。。。


いろいろと楽しめるような工夫がされていたり、子供は絶対喜ぶ場所だと思います。
もちろん大人も十分楽しめますよ〜!


さらにこの建物自体がすごく凝った作りで、めちゃめちゃ気に入りました。
もちろんここも入場無料。写真OKです。
想像以上にかなり見所満載で、テンション上がり過ぎ、ちょっと体力配分間違えてしまいました。

お昼休憩をはさんで、次はお隣にある科学博物館へ。
こちらは結構サラッと見ました。
こちらもたくさん見るものはあったんですが、なんせ既に疲れ始めていたのと、このあとナショナルギャラリーにも行く予定にしていたので、こちらに力を使おうということで。
だからあんまり写真ないんですが。。。

こちらはなぜか一番下の車のナンバーが多摩ナンバーだったので。。。(笑)


この後、ナショナルギャラリーへ。


この写真は別の日のもの。
実際に中を見学した日は雨でした。

なぜかこんな瓶の中に船が入っているものがありました。
写真からはわかりませんが、結構大きかったです。


こちらは残念ながら撮影禁止で一枚も写真がありません。
ナショナルギャラリーには中世後期、イタリアのルネッサンス期から20世紀初期フランス印象派に至るまでさまざまな絵画があります。
ルーベンス、レンブラント、フェルメール、セザンヌ、モネ、ターナーなどなどたくさんの有名どころの作品があります。
ここにはゴッホの“ひまわり”も。
イタリアの画家ではボティチェリ、ミケランジェロ、カラバッジョ、ピエロ・デッラ・フランイェスカなど。
たくさんはないんですが、いろんな人の作品がちょこちょこあるので、いろいろ楽しめる感じ。

その中でも私のお目当てはやっぱりレオナルド・ダ・ヴィンチの“岩窟の聖母”
でもここにあるのは2枚あるうちの1枚で工房の弟子が描いた可能性が高いと言われている方です。2枚のうちのもう1枚はパリのルーブル美術館に。レオナルド・ダ・ヴィンチがこちらを先に描き、あとでもう一枚弟子たち(プレーディス兄弟)に描かせたという話。
でも、この絵を見たときは感動しましたよ。
そしてもう一枚、“聖アンナと聖母子、幼ヨハネ”のデッサン画があります。
こちらもデッサンとはいえやっぱりレオナルド・ダ・ヴィンチはすごいと思わせられます。
私は美術にも詳しくないんですが、彼の絵は何か他とは違うんですよね。
個人的にとても好きなんで。

あとはカラバッジョが見れて良かったのと、ターナーが良かったです。
ターナーは結構作品があって、初めて見たんですが、色使いがとてもきれいで、印象的な絵が多かったです。
めちゃ素人感想ですいません。。。

とにかくこちらも入場無料。
これだけお腹いっぱい見て無料なんて、ちょっと信じられないくらい。

この日はかなりめいっぱい詰め込んだ一日で、とても疲れました。。。
みなさんがもし行くときは、ちゃんと日程を考えて行きましょう(笑)


結構長くなってますが、まだもう少しロンドン話、続きます。。。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ