2010年6月29日火曜日

カジノに出張!?

水曜日、カジノに出張することになりました!?
カジノと言っても、ラスベガスではありません(残念ながら!?)
イタリアと、スイスの国境に近いスイス側あたりにあるカジノらしいんです。

 カジノに出張ってどんな仕事やねん!?って感じですが。。。
1晩だけの出張で、場所もよくわかってないし、実際に何をしに行くのかすら正確にわかってない私。。。(こんなこと言ったら上司に怒られそうですが。)
大雑把に言えば、市場調査?
水曜日の昼過ぎからアレッツォを車で出発し、夜カジノへ行って翌日の朝電車で帰って来るという、全くもって仕事らしい日程。
一緒に仕事をしてるKちゃんと同僚の男性と上司というメンバー。

行きは同僚の男性の車か上司の車に同乗して行くんですが、上司できれば上司の車には乗りたくない。。。上司ということはもちろん、車は高級車で乗り心地はいいんですが運転が荒い!
以前に会社の近くを往復するのに乗せてもらっただけで気分が悪くなるほどでした。。。
それが、約5時間続くとなると。。。

なにはともあれ、人生初カジノです!
わざわざ往復10時間かけて行くのも面倒な気がしますが、なかなかない機会なのでちょっと楽しみでもあります。
また後日談書きます!

こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月26日土曜日

サッカーとイタリアと日本

昨日、日本勝ちましたね〜!
イタリア時間で夜8時半開始だったんですが、イタリアのテレビでは日本対デンマーク戦をもちろん放送されておらず、彼氏にネットで放送が見れるサイトを探してもらい観戦しました!

とは言っても、すぐに見つからなかったので、見る事が出来た時にはすでに2-0で勝っていました!点を入れたところを見られず、残念!
その後、サイトの映像が急に見れなくなるという現象が起き、しかたなく他のサイトを探してなぜかアラビア語圏内のテレビ 番組を見るはめに。
試合自体は映像なので、問題ないですが、解説なんてもちろん何を言ってるかわかりません。さらに、ハーフタイムに突入したときにはアラビア語のコマーシャルまで見ました。これはこれでなかなかおもしろかったのですが、その後また映像が切れるという現象が起き、さらに別のサイトを探すということを繰り返しながら試合を見ました。
ドイツ語やら英語やら何語かよくわからないチャンネルまで。。。

最初の2点取った映像を、録画で見ましたがすごかったですね〜。
彼氏はまさにキャプテン翼の世界だ!と大興奮でした。
最後の3点目も、本田のボールさばきに大興奮!
今回の日本はなんだかひと味違いますね〜。

そしてこの日、イタリア戦もありました。
こちらの時間で夕方4時から。
前日から会社の若いアルバイトの子たちは、早退届けを出したりしていたそうで。。。
当日も、4時過ぎにはいつのまにやら会社の中が静かに。。。あたりを見回すと明らかに人が減ってる!?
前半戦が終わった頃に、ある人は「今回最後のイタリア戦観に帰るわ〜。」(この時点ですでに点数を相手に入れられていたので。)と帰宅。
さすがイタリア。ありです。こんなことも。

通常定時の5時半に会社を出ると、道路は帰宅ラッシュの車で結構混んでいるのですが、この日はガラガラ。
彼氏と「毎日試合あったらいいのになぁ。」なんて言いながら、買い足すものがあったのでそのままスーパーへ。
「スーパーも絶対ガラガラだよ。」と彼氏が言うと、本当にいつもは入り口付近に駐車することは不可能に近いのに、この日はどこでも好きな場所に駐車できるくらいでした。
スーパーの中も、お客さんは少なく、ほとんど女性。
テレビ売り場では男性陣がサッカー観戦。
試合終了間際に2-2と追い上げた瞬間、スーパー内に「ワーッ!」という声があがりましたが、その後すぐ相手に追加点を入れられ結局イタリアは1次リーグ敗退となっていしまいました。

4年前、ちょうどこの時期にここに留学していて、優勝の瞬間もPiazza Grandeでイタリア人に混じって大型モニターで観戦していました。

あれから4年、イタリアのチームも変わったけど、日本も変わりましたね〜。
(とは言っても、普段のサッカーは全く知りませんが。)
次の日本対パラグアイ戦楽しみですね。
あ、こっちの時間だと午後4時から。。。早退するか!?(笑)

こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月22日火曜日

:-) とか ;-) とか。。。

この週末、土曜日は日本 × オランダのサッカーの試合があったり、ここアレッツォでは年に2回行われるGiostra di Saracino(ジョストラ・ディ・サラチノ)という伝統的な行事(お祭り?)があったり。(サラチノについてはいつか紹介したいと思っているのですが、なかなか観に行く機会がなく、今回はテレビで観たのですが、途中で寝てしまう始末でした。。。ちなみに夜9時頃からだったんですが。)
日曜日はイタリア x ニュージーランドのサッカーの試合があったりと、世間ではいろいろありましたが、私は最近天気が悪い日の続くここアレッツォで、家にこもって過ごしていました。
昨日、今日は特に寒かったです。今日は雨は降るし昼でも15℃という7月間近とは思えない日でした。。。

というわけで、日々ふつ〜に過ごしているんですが、最近仕事でネットで調べものをする機会が多く、このタイトルの:-)がそういえば初めはこれってどういう意味かわからなかったなぁ。 と思ったので、知らない人(がいるかどうかは疑問ではありますが。)のために紹介。

昔彼氏とメールやチャットなどのやりとりをしている時に、たまにでてきた「 :-) 」
日本だと「 ^_^ 」ですね。
顔が横向きになってるんです。

初めは文字化け!?と思いました。。。
が、昔日本で通っていたイタリア語学校の特別授業で、チャットなどに使う用語をいろいろ紹介してくれる授業があった時に、初めて意味を知りました。。。
一応世界共通の顔文字らしいです。(もしや、知らなかったのは私だけか!?)

というわけで
;-) , :-( , :-/, :-o などがあります。

試しにWikipediaで見てみたら、かなり基本の顔文字だったようで。
ここに書くまでもなかったようですが、せっかくここまで書いたのでこのまま載せることにします。。。
 きっと知らない人も1人や2人いますよね!?


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月19日土曜日

DVD “ラブ・アクチュアリー”

今日はちょっと時間があったのでブログの見た目を変えてみました。
でも、特にこれといったことがないので、先日観た(といっても何度も観てるんですが。)DVDの紹介をしたいと思います。

知ってる方もたくさんいると思いますが、この映画“ラブ・アクチュアリー”めちゃめちゃ好きな映画のひとつです。
映画はクリスマスの話なので、かなり季節外れではありますがとても心温まる話が詰め込まれています。

この映画、数年前に試写会が当たって観に行ったんですがその時は内容も特に知らず、あまり期待もせずに観たのを覚えています。
見終わった後は、かなり感動しました。
オムニバスっぽい感じで9つのストーリーで構成されているんですが、登場人物の人間関係はみんなどこかでつながっているというもの。
愛がテーマで、男女の恋愛から家族愛、友情などいろんな愛の形のお話です。
普段、オムニバスというとイマイチそれぞれの話が中途半端な感じであまり好きではないんですが、この映画はそのへんとても良く出来ています。
しかも、構成はもちろん登場人物の台詞など、要所要所に感動するシーンが織り込まれています。

俳優陣もかなり豪華。
ヒュー・グラントやコリン・ファレル、キーラ・ナイトレイ、それにMr.ビーンで知られるローワン・アトキンソンもいい感じの脇役で出ています。

まだ観た事ない人は、かなりおすすめの映画なのでぜひ観てみてください!

こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月16日水曜日

ストライキと医者

昨日、サッカーのワールドカップ。勝ちましたね。日本。

普段全くサッカーに興味がないので、特に試合を見ようという気にもならなかったのですが、なんだか結果が気になったので、彼氏にネットで見てもらいました。
彼氏もイタリア人ながら、サッカーには全く興味がありません。
この日、イタリアも試合があったんですよね。

彼氏が「日本、1-0で勝ってる!オンダって選手が点数いれたらしいよ。」と。
日本の選手もほとんど知らないので、へ〜、オンダって選手がいるんだ。と思いながら、パソコンをのぞくと、そこには“HONDA”の文字が。
“オンダ”じゃなくて“ホンダ”やん!!

イタリアでは“H”の文字は発音しないので(書くけど発音しないので、HOTELも“ホテル”ではなく“オテル”になる。)、“ホンダ”が“オンダ”になったわけです。
実際HONDAさんがイタリアに来たらなんだかいちいち面倒くさそうですね。名前の訂正とか。。。

本題とは全く無関係な前置きになりましたが、私が書きたかったのはこのことではなく、ストライキと医者の話。

数日前から、この日の月曜日にストライキがあると予告されていました。
今回のストライキは公務員。
しかもなんだかはっきりしないストライキ。
全員がストするわけではなく、したい人だけする(?)というようなもの。

そしてこの日、病院に術後検査の予約を入れていたのですが、この病院もストライキの対象!
一ヶ月以上前に予約して、ちょうどストの日にあたるとは!!
もちろん、病院全体がストをするわけではありません。いくらイタリアでもさすがにそれはないです。
でも、どの科のどの先生や職員が来ないかは、その日行ってみないとわからない。というわけで、朝8時45分に予約を入れていたので、8時半前に病院到着。
すでに、8時半に予約を入れている人が待っていました。
彼氏がその人に「今日、ストはないんですか?」と聞くと、
「え!?ストがあるの?」と逆に聞き返されました。。。
部屋には誰もいないものの、電気がついていたのでたぶんここの先生はいるだろうと話していたのですが、8時半を過ぎても先生が来ません。

彼氏は、「これくらいの遅れは普通だよ。」と余裕のかまえ。
私の後の予約の人たちも次々到着。
さすがに9時前くらいになっても誰も来ないので、彼氏が誰かに聞きに行って来る。と、誰かを探しに行きました。

ここで、まずおかしいのが、誰か何か言いに来てもいいんじゃないの?ってこと。
あと、特にインフォメーション的な場所がないので、本当に誰か病院の人を適当につかまえて聞かないといけない。しかもその人がそれについて知っているかどうかあやしい。(たいがい知らない。)

隣に座って新聞を読んでいたおじさんが、「あれ、ここに今日ストライキって書いてある。」と言い出し(というか、みんな知らんのか!?)、「新聞にストライキって書いてあるよ。だから先生来ないんじゃないのか!?」と言っていると、彼氏が誰かに聞いて戻って来て、先生は病院には来ていて、ストはしてないとのこと。

そしてさらに待つ事20分。すでに一時間近くが経過。。。
さすがの彼氏もしびれを切らせ、「ちょっと、もう一回誰か探して聞いてみる。」とどこかへ行きました。
すると看護婦さんらしき人が、「まだ先生来てないの?」と私たちに話しかけ、「そうだ。」と言うと、どうやら探しに行ってくれたようでした。
さらに待つと、看護婦さんが「あと10分くらいしたら来ます。」とのこと。
看護婦さん曰く、先生自体は来ているけど入院患者の回診に行っている、と言うのです。
いや、ちょっと待て。
私たち、ちゃんと事前に予約してるのに、それ無視かよ!!
回診も大事やろうけど、全然予定ちゃんと立てれてないやん!
っていうか、ストライキも全く関係なかったやん!!

やっと丁度1時間遅れで先生到着。
特にあやまるわけでもなく。。。

しかも、みんなたいして怒ってないところがすごい!!
彼氏が「みんなもうわかってるから、これくらいでは怒らへんねん。」と言うので、
「みんなが怒らへんから、いつまでもこんなことが許されるねん!」と私が言うと、
「そうだけど、もうしょうがないよ。」って。。。。
確かに今更どうにもなることでもないですが。。。

無事検査も終わり、彼氏のお母さんも心配して様子を聞くために電話をくれました。
彼氏が、ことのなりゆきを話すと、
「そんなくらいどってことないじゃない!ちゃんと検査してくれたんならそれでいいでしょ。」って。
やっぱりすごいな、イタリア人。


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
   ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月12日土曜日

イタリア語検定、CILSを受けてみた

昨日、シエナ外国人大学が主催しているイタリア語検定CILSを受けて来ました。
朝8時に学校集合。と言ってもシエナへは行ってません。

週2回通っているイタリア語の学校で、希望者が多ければシエナまで行かなくても、同じ学校内で受けることができるというので、今回受験者数が規定数を上回り、とても好都合でした。

今回受けたレベルはB2。
日常会話ができるくらいのレベルでしょうか?

過去問題を何度かやってみましたが、私のレベルではまだまだ難しい。
とりあえず、受けると決めた日から受験日までかなりの期間があったので、それまでに勉強すればいいかぁ。なんて軽く考えていたのですが、まぁそんな気持ちで当然まともに勉強するわけもなく。。。
学校や宿題で過去問題をこなして、だましだまし日々を過ごすと、あっという間に試験日が。

8時半頃から始まって11時過ぎまで休憩なしでぶっ通しで、聞き取り、読解、文法の試験。さらに11時から15分休憩をもらいその後作文。そしてさらに少し休憩して、口述試験。

とにかく8時半から11時まで、イタリア語に集中し続けることがかなり困難で、途中で何度も投げ出したくなりました。。。ぜんぜんわからないからよけいに。。。

そんな中でも文法は意外とやさしい問題が多かったように思います。
なんせ、私でも意味がわかる単語がたくさん出て来ましたから(笑)

作文が終わった時点で、受かるかどうか五分五分な感じでしたが、口述試験で落ちたと思います。。。なんせ1分半しゃべり続けなければならないところ、途中でネタ切れになってしまったので。。。

CILSの試験は各科目に合格基準点があり、それに達していなければ不合格なんですが、次回に(確か1年以内?)基準点に達していなかった科目のみ受けて、そこで点数が取れれば合格できるというシステム。
試験は年2回。
次回は12月ですが、たぶん受けなおすなぁ。。。

CILSを受けた目的は特にないんですが、自分がどれくらいの実力があるか見てみたかったので。
やっぱりたいした実力なかったですが。。。(笑)

それにしても、シエナではなくいつもの学校で試験官もいつもの先生で、受験生もいつものクラスメイトだと、かなりリラックスして試験を受けられますね。

今回のこの試験での収穫は、まだまだ勉強が足りないということを再認識したということでしょうか。。。トホホ。。。


CILSに興味のある方は、シエナ外国人大学のH.Pから過去問題をダウンロードできるので、試してみては!?

http://cils.unistrasi.it/articolo.asp?sez0=89&sez1=0&lng=1&art=202&prev=b



こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
   ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月9日水曜日

Montalcino(モンタルチーノ)とVal d'Orcia(ヴァルドルチャ)

日曜日はMontalcinoへ行ってきました。
その目的は。。。


こちらです↑
何だこれ!?って?
ぶどう畑。モンタルチーノはブルネッロ・ディ・モンタルチーノというぶどう品種で有名ですが、それぞれのぶどうの木の列にバラの花が植えてあるんです。

近くで見るとこんな感じ。
なぜかというと、ぶどうの木に虫がついたり病気になったりするのを未然に防ぐためだそうです。
ぶどうの木よりバラの方が病気などに弱いので、その症状が先にバラに現れると、ぶどうの木にまで症状が出る前に発見できるというわけです。


この時期しか見れない光景なので、行ってきた次第です。

そして、モンタルチーノの町へ。

以前にも一度来た事があります。


この町のシンボル的存在のお城跡。
いかにも城壁って感じですね〜。


中は特になにもないんですが、広場になってます。


町ではこの日、メルカート(骨董市みたいでしたが。)が開かれていました。


久々に今回のお気に入り写真。
なぜか扉の真ん前に飾られた花。
写真の素材集に出て来そうです。
他の扉の前にも。。。
絵になりますね〜。


一度来ているので、サラッと見学して、次の目的地、Pienza(ピエンツァ)へ。

ピエンツァへの道のりはヴァルドルチャという世界遺産にも登録されている、丘の間を通っていきました。

以前通った時になにげに見た礼拝堂が、実は結構有名だったことを最近知った私たち。
近くまで行ってみよう!ってことで、ちょっと道を変えて行ってみたのですが。。。


Cappella della Madonna di Vitaleta
(カッペッラ・デッラ・マドンナ・ディ・ヴィタレータ)
以前より近づいたけど、遠い。。。
見た目がとてもいい。写真的にも、写真好きには放っておけない被写体なのです!
実際、この場所(この写真を撮った場所)に行くと、一台のヴァンが停まっていて写真好きのグループ(?)が本格的三脚や望遠レンズ(めちゃめちゃデカかった!)で写真を撮っていました。
そんな横で、コンパクトデジカメで写真を撮る私。。。



その後は以前にも行った、別の写真ポイントで一時停車。
何度見てもこの木も絵になります。。。


そして、最終目的地、ピエンツァ。
こちらは何度も行ってるので、写真は割愛。
以前のピエンツァ写真 以前のヴァルドルチャの写真
この日は真夏日。ちょっと熱さにやられました。
モンタルチーノでは、購買意欲も湧かず、ブルネッロ購入はしませんでした。
ピエンツァでチーズのみ購入し帰途へ。

この夏、新しいカメラを買ったらまたヴァルドルチャへは戻らなければ!


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
   ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月7日月曜日

創作寿司料理 “SAFFRON”

金曜日、久々にD君と会社の同僚Aさんと彼氏と4人でお寿司を食べに、アレッツォのチェントロにある“SAFFRON”へ行ってきました。

何度かブログで紹介しているので、似たような写真ばかりになってしまうんですが。。。

D君にAさん、結構ここの常連なのでお店の人とも友達。特にD君はここの店長兼板前(?)さんとお友達。(イタリア人)
というわけで、メニューにないものなどを出してくれたりします。
今回はこちら↓

マグロのお刺身盛り合わせ!
大トロ、中トロ、赤身とマグロのスモーク。
大トロは日本で食べる方が脂がのってる感じがしました。(大トロなので、部位的に同じはずなんですが。)でも個人的にあんまり脂がのってるのは好きではないので、おいしかったです。
中トロが私的には一番でした。


その後、創作寿司の盛り合わせ。
中にエビ天が入っているのや、外側が生春巻きの皮みたいなもので包んであるもの。それに上にフィラデルフィアみたいなチーズがのってるものなどなど。。。
日本でいう創作イタリアンならぬ、創作寿司。
個人的にはエビ天が普通においしかったです。
あとは好みですね。。。


こちらは、スタンダードなお寿司の盛り合わせ。
やっぱりお寿司はこういうのが安心します。。。

これらの寿司盛り合わせは、いつも注文するのですが、今回全員初挑戦だったのがこちら!↓

手巻き寿司です!(わかりにくい!?)
みんな、これどうやって食べるの?と興味津々。
そこで私がお手本を見せることに。
もちろん、そのまま手でつかんで上からかぶりつく。
え、手でそのまま!?しかもかぶりつくの!?と、少々驚いていましたが、意外に楽しそうでした。
味はマグロを細かくしたものに、なんだか辛いソースがかかっていました。
辛いものがちょっと苦手な私には、少々から過ぎましたが、みんなはおいしい!と言っていましたよ。

そして軍艦巻き。
こちらもみんな初めて。
2種類の味がありました。一つはなんだよくわからなかったんですが、エビや貝を細かく刻んだもの?ともう一つがいくらでした。
ちょっとサイズも大きく具がたっぷりのりすぎてて、食べにくかったですが、まぁおいしかったです。
イタリア人向けだからだと思いますが、全体的に味が濃いので、そうそうたくさん食べられないですね。。。

 
最後はドルチェ。(ちょっと食べちゃいましたが。)
チョコレートソースの上にバナナのケーキがのっています。
このお店は、結構ドルチェが頻繁に変わるので、いつも違うもの食べてます。そしてラズベリーのジェラートをサービスしてくれました。(写真左の右上部分)このジェラートがおいしかった!
さらに、ここではいつもドルチェと一緒にデザート用のお酒も飲みます。←これ、実は結構楽しみ。
それが写真右。
確かスペインのお酒。
めちゃめちゃ甘くて、トロッとしてました。
蜂蜜みたいな感じ。これもおいしかったです。

この日は結構遅くまでお店にいたので、店長(?板前?)さんが私たちのテーブルに来て、日本の寿司がどれだけおいしいかをかなり熱く語ってくれました。
この方、日本で寿司を勉強した人で、もちろん日本大好き。
イタリアではどれだけがんばっても日本で食べるような寿司はできないとなげいていました。。。
「だって、日本には世界一の米があって、それにあった水があって、世界一の魚が捕れて、本当にうまい寿司は米まで口の中でとけるんだよ!噛む必要ないんだよ!」って。。。
いや、それは言い過ぎやろ!米は噛めよ!と、心の中でツッコミましたが。。。
とりあえず、日本がどれだけすばらしいか語る彼(特にお米について)、かなり熱かったです。

最後に以前D君が家に来た時に作ったカレーの話をすると、なぜか店長、「前これ買ったんだけど、もう使わないからあげるよ。」と、私にカレールーを一箱くれました。(外箱は英語だけど、中身は日本のカレールー)

こんな熱い店長の作るお寿司、興味ある方は行ってみてください。
Via Guglielmo Oberdan, 31
52100 Arezzo AR, Italia


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
   ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年6月2日水曜日

Cantine Aperte al Borro

日曜日、Borro(ボッロ)というとても小さな町、というか村(!?)へ行きました。
この日は年に一度のここBorroのワイナリーの一般公開日。
去年行けなかったので、今年は是非!ってことで行ってきました。

Borroは何年か前に、かのフェラガモが村ごと買った場所として有名です。
フェラガモ氏購入後、村やその周辺がいろいろ整備され、今では観光地として外国人観光客が訪れています。
宿泊できるヴィラがあったり、結婚式もできるようです。
実際、どちらかというと外国人向けの観光地のようで、イタリア人でもBorroという町自体知らない人も多いようです。

もちろん、このワイナリーもフェラガモ氏所有。
さらにワインの無料試飲会もあり、この試飲会でワインの説明をしてくれるのが、何度もブログで紹介しているOsteria da giovannaのソムリエ、ルカさんです!
ルカさん、本当にすごい人なんだな。。。
試飲会は事前に予約が必要でした。

彼氏が全て事前にこのイベントの情報収集から試飲会の予約までしてくれました。(もちろん予約は私の分のみです。)


ワイナリーへ向かう敷地内に入るとすぐ、こんなに広い敷地が。。。そして、草を食む馬たち。
子供たちが柵に近寄ると、馬も近くに来てたわむれていました。


さらにワイナリーまでの道のり、なんにもなく、広い敷地が広がってます!
なんだか、お金持ちというより、本当に大金持ちの人って一体普段どんな暮らしをしているのだろう。。。と、想像もつかないようなことを想像していました。。。(庶民だなぁ。私。)


現地に着くと、イベント会場の女性が「あ〜!日本人のSato.Oさんとお酒の飲め ないF.Fさんですね!」とにこやかに迎えてくれました。。。
どうして見た目で一発でわかったのかは謎ですが。(なんせ私の見たところ、他にも日本人女性+イタリア人男性カップルがいたので)
彼氏が質問や予 約など計6,7回メールのやり取りをしたらしく、かなり印象に残っていたんだと思います。

ソムリエのルカさんにもあいさつ。
彼氏はこの時はお酒が飲めない事をとても残念がっていましたが、ルカさんは、お酒が飲めなくてもとっても興味深い講義になるよ。と言っていました。


こちらが試飲会会場。

Borroで作られている白ワインから3種類の赤ワインの試飲。
ワインの説明を、ルカさんはそれぞれのワインに色と音楽を合わせ、それについてみんなも意見を出す。というような感じでした。
たとえば白ワインに合わせた色は緑、緑といえばどんなイメージがあるか。そして、音楽はルカさんの個人的提案だったようですが、そうしてワインのイメージを膨らませていくようなものでした。
この日は、部屋は少し暗くされ、色は無視して香りと味に集中するということでした。

部屋が暗かったり、音楽がかかっていたり、とてもリラックスした雰囲気で試飲会は進みました。
私は本当に申し訳ないくらいワインにはド素人なのですが、この日味わったワインが本当にそれぞれ全くことなった味、香りを持っているんだなぁ。と、びっくりしました。

せっかくいろいろ説明してくれたのですが、まだまだ私の語学力では全て理解することができず、とても残念。
彼氏は飲まずに講義だけ聞いていましたが、とても興味深かったようです。

ルカさんが、どんなにおいしくないワインでも、なんてまずいワインだ!という一言で片付けるのではなく、どんなワインでも同じように作り手が手間ひまかけて作ったものだということを考えて欲しいと思う。と言っていたのがとても印象的でした。。。

暗くてわかりにくいな。。。でも、記念という事で。

そして、ワイナリー見学。

 
写真右は新しいワイン貯蔵庫。




こちらの2枚は古い貯蔵庫です。

あと他には、ワインにまつわる絵が展示されてある部屋があり、こちらも見学することができます。

ワイナリー自体はさほど大きいものではなかったですが、なかなか興味深かったです。

最後にお天気が良かったので、何度も来てるけど町(村)内を散策。
ここが入り口です。
 
本当に小さいところなので、5分もあれば全ての小道を制覇できるくらいです。
お土産屋さんやちょっと見学できるスペースもあるので、もっとじっくり観光することももちろん可能です。
とてもかわいい場所なので、一度も訪れたことのない方は是非行ってみてほしい場所です。

ちなみに、先週の木曜日から夏の間、毎週木曜日の夜にこの町の中でL'APERITIVO DEL BORROという催しが行われています。
これは、文字通りカクテルが用意され、アペリティーボが催されるということです。
料金はカクテル代がいると思いますが、ちょっと詳細は不明です。。。すいません。

興味のある方は、観光ついでにBorroでアペリティーボもいいんじゃないでしょうか!?


こちらのランキングに参加しています。よろしければ1クリックづつお願いします。
↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ