2009年6月20日土曜日

若きアーティスト

昨日の夜、D君の友達のスペイン人の男の子の写真展へ行ってきました。

アレッツォのチェントロで行われた写真展。
“LA LINEA Y EL MINOTAURO”
Enrique Moya González

なかなか興味深い作品でした。

写真と言っても、ただ写真を撮ったのではなく、主にコラージュ。
一部分、実演もしてくれました。
とてもわかりにくいですが、まずスライドで写真を大きな布に写し、彼が写真の中で必要だと思う線をマジックでなぞって描いていきます。
写真はいろいろ映し出され、その都度必要な場所に必要な線を描いていくという作業がくりかえされました。

写真を2枚づつ写し、アーティストな目線でいろんな場所にいろんな線を描く。

たぶんその後、彼が撮った写真を組み合わせていく作業が行われると思われます。

残念ながら、実演は線を引いていくところだけだったので、実際の作品が最終的のどのように作られるのかはよくわかりませんでした。。。

作品を写真に撮っていいのかわからなかったので、作品の写真は撮っていません。
彼のH.Pに作品が載っているので、興味のある方は見てみてください。
http://www.premioceleste.it/ita_artista_opere/idu:2062/

彼の作品は1枚1,500ユーロ(約20万!)だそうです。
今まで3枚売ったそうですよ。
たぶんもっと売れることでしょう。

普段は生活のため、レストランでウエイターをやっている彼。
いつか、アーティストとして成功してほしいです。。。

0 件のコメント: