2009年6月16日火曜日

フローレンスでの食事

フィレンツェをザッと観光した後は、D君おすすめのレストランへ。
それがこちら↓
Gastone(ガストーネ)

 
私には久々のおしゃれレストランです。
以前にD君の兄弟(たぶん弟さん)がシェフとして働いていたお店です。
店内もおしゃれだったのですが、私たちは外で食事をすることに。

こんな感じでお店の前の細い道路にいくつかのテーブルがセットされ、食事を楽しみます。
この日は本当にちょうど良い気候で、外での食事を楽しめました。
ちなみに、人通りはまぁまぁあるんですけど。

今回もお料理紹介です。
 

左が私が注文したスズキのカルパッチョサラダです。
最後、ちょっと塩味ききすぎてたかなという気もしましたが、想像よりおいしかったです!
彼氏が注文したアンティパストミスト(前菜盛り合わせ)
サラミ、生ハム、チーズなどどれもおいしかったようです。
真ん中に添えてあった赤タマネギのジャムは、みんなに大好評でした。
(私は少し苦手な味でしたが。)
ロゼのフランチャコルタとともにいただきました。
このロゼもめちゃおいしかったなぁ〜。


プリモはリコッタとアスパラのラビオリのボンゴレです。
メニューにはなかったのですが、お店の人が今日はこれもできます。
と、教えてくれみんな同じもの注文しました。
ラビオリは手打ちで、これもおいしかったです。
ラビオリはかなりのボリュームだったので私はすでに満腹。。。

今回私はセコンド(メイン)を注文しなかったので、我ながら良い選択でした。

そして、オーストラリアの上司さんは、プリモをパスしてメインにビステッカ・フィオレンティーナを注文。
フィレンツェ名物の分厚いステーキのことです。
さすがに彼の料理を写真に撮るのは気が引けたので、残念ながら写真はないのですが、盛りつけがすごかった。
なんと、ステーキの肉を立ててお皿にのせてたんです!
立てるってどういうこと?って感じですが、本当に言葉の通り厚みの部分を皿面にのせてたんです。
あ〜、写真撮らなかったのちょっと後悔。。。

彼氏はエビの天ぷらを注文。
メニューにも天ぷらと書いてありました。
それがこちら↓

こちらもでかいエビが立ってます。
というか、刺さってます!
彼氏のを1本もらいました。
カリッと揚がってておいしかったです。

最後はデザート。
私はシンプルにいちごのアイスクリーム添え。
ふつうにおいしかったです。
もう満腹だったので、ちょうどよい甘さと量でした。

オーストラリアから来た部下の方の人は、私以上にテンション上がってたみたいで、みんなの料理を写真に撮ってました。
食べるもの全てに感動し、「オ〜」とか「ウ〜ン」とか感嘆の言葉とともに。。。
特にメインで注文したユッケと、デザートのピスタチオのプディングがお気に召したようでした。

時刻もすでに、11時をまわり、ウフィッツィ美術館の前を通ってベッキオ橋の方へ。
シニョーリア広場
奥に見えるのがベッキオ宮殿と手前がウフィッツィ美術館

本当はもう少し観光する予定だったのですが、時間も時間。
しかし、ここだけは外せない!
ということで、フィレンツェの中心地を見下ろせる、小高い丘のうえにあるミケランジェロ広場へ。
金曜の夜ということもあり、12時近くになっても町は人であふれ、車もかなり混雑していました。
しかし、なんとか広場へ到着。

これがそこからのフィレンツェの夜景です。
。。。
左から、主な建物。ベッキオ宮殿、ドゥオモ、サンタクローチェ教会

広場の中心にあるミケランジェロのダヴィデ像。
もちろんレプリカです。

あまりゆっくりできませんでしたが、これからアレッツォまで車で約1時間。
結構な道のりです。
しかし、D君の運転。
ちょっと怖かった。。。高速を超ハイスピードで走るんですもの。。。
実際に何キロかはここでは控えますが、私が今まで体験したことのないスピードだったのは確か。
しかも結構トラックが走ってて、その横をかなりぎりぎりで走るんだから、眠気も吹っ飛びます。
上司さんはかなりお疲れだったようで、助手席でぐっすり眠ってらっしゃいましたが。。。

しかし、無事何事も無くアレッツォ到着。
楽しい夜を過ごせました。

ちなみに、私は以前にもどこかで書きましたが英語は100%話せません。
yesと答えるところをsi(イタリア語)で言ってしまうくらいですから。。。
当然オーストラリアの方たちは、英語しか話せないので、彼氏とD君に通訳してもらいながら、適当に相づちをうつという、なんともなさけない状態でした。。。
英語、やっぱり必要ですよね。。。

0 件のコメント: