2009年6月11日木曜日

日本とコロンビアの意外(!?)な共通点

昨日、お友達で同僚のコロンビア人のD君、他とお寿司を食べに以前にも一度ブログで書いたアレッツォのチェントロにある「サフラン」というレストランに行きました。

D君は子供の頃家族でイタリアに移民してきたので、イタリア語はぺらぺらです。
先日のプリマコムニオーネは、彼とイタリア人の奥さんの息子君のものでした。
D君には彼氏共々本当に日頃からお世話になっています。

何度か書きましたが、食通の彼。
でも、お寿司を食べる時、お醤油にわさびを入れません。
どうしてかと聞くと、
わさびは嫌いじゃないけど、お醤油の味が大好きで、わさびを入れるとそのお醤油の味が変わるのが嫌なのだそうです。

そして、なんと
お醤油は、コロンビアの料理でもよく使うらしいのです!?
日本と同じように、醤油は結構基本だと。
だからもちろんコロンビアでもお醤油は生産されているんですって!!
みなさん知ってました?
私は全く知りませんでした。かなり驚きです!

料理も、醤油とネギのみじん切りを合わせたものでお肉に下味を付け、そのお肉を焼いて上から下味に使ったものをかける。
といった様に、まるで日本と同じように使われています。

さらに、お米も毎日のように食べるらしく、日本のように白ご飯を炊いて食べるらしいです。
さらに、さらに!ご飯を炊く時にお醤油を入れて炊いたり(日本の炊き込みご飯みたいに具を入れることもあるそうです。)、おいもを入れて炊いたり。。。
と、こちらも日本とよく似ています。

コロンビアなんて、言ってみれば日本からすると地球の裏側の様なもの。
そんな場所で、日本と同じような料理が食べられているなんて、とても興味深いですね。

それにしても、本当に驚きの事実でした。

ちなみにD君は梅干好きです。
(さすがに梅干はコロンビアにはないようです。。。)

0 件のコメント: