2009年6月1日月曜日

プリマ・コムニオーネの昼食会

みんなが待ちに待った昼食会。

今回はお友達の弟さんがフィレンツェでシェフをやっているということで、今回は彼に料理を頼んだんですって!
昼食会はフィレンツェではなく、カマルドリ(camaldoli)という町で。

アレッツォから車で約一時間。。。
場所がわかりにくいので、お友達の車の後について、みんなで大移動です。
といっても、駐車場が小さいらしく、たくさんの車で行くとスペースがないということで、私たちは会社の人カップルの車に便乗させてもらいました。


会社の人の彼女が日本好きで、興味があるということで、車中の時間をなかなか楽しく過ごすことができました。
そうこうしているうちに、車はどんどん山の中へ入って行き、アスファルトで舗装された道は途切れ、本当に山道をどんどん登って行きました。。。
カーナビをつけていたんですが、途中、カーナビは道を見失い、
誰がこんな場所のレストラン見つけられるんだ!とかみんなで言いながら。。。
(カーナビでは無理ってことです!)
やっとレストラン到着!
この写真は食後に撮ったので、少し晴れ間が。

後ろの建物がレストラン。泊まることもできるらしく、山小屋?ペンション?風です。
本当は外での食事を予定していたのですが、雨ということで中での食事に。
この日は山の上ということもあり、寒かったのでストーブつけてくれた程です。
時刻は既に1時をまわり、みんなおなかペコペコ。
まずは本日のメニュー。
前菜2種、プリモ2種、セコンド1種、付け合わせ、デザート2種、フルーツと表示されています。しかも前菜、プリモ、セコンド、デザートとそれぞれ別のワインが用意されているようです。予想はしてましたけど。。。最後までたどり着けるのか!?

左がトマトベースのプディング。右が赤タマネギをラードで甘辛く煮込んだもの。
(メニュー訳しにくいんで。すいません。表現力に欠けて。。。)
右の赤タマネギがめちゃおいしかった!おかわりしてる人もいましたよ!
えっ、おかわり自由!?ってことは食べ放題なの!?って感じですが。
私は過去の経験上間違ってもおかわりなんかしません!!
 
左がペコリーノ(羊のチーズ)のラビオリ洋梨のソースと右が手打ちリガトーニ
右のリガトーニは豚ミンチのクリームソースっぽい感じ。なんせメニューからは何の材料かちょっとわからないので。。。でもこのリガトーニ、めちゃおいしかった!
でも、この量全て食べきることができず、半分は彼氏へ。。。
ここでも、おかわりしてる人いたなぁ。。。
 
左がパルミジャーノ(チーズ)の鳥の巣のサラダと右が子牛とタマネギの煮込み
プリモが終わった時点で、みんな超満腹に達していました。そらそうだ。。。
私はこの時点での、サラダがお腹に助かりました。お肉もおいしかったけど、なんせ満腹だったので、少々きつかった。。。

そして、デザートの前に野菜スティック盛り合わせ。(これは大皿でみんなで食べる感じ)

 
左がピスタチオのプディングと左がリンゴのタルト
ピスタチオのプディングおいしかった〜。リンゴのタルトはまだほかほかの出来立てでした。

そして、デザートワインとカットフルーツの盛り合わせ。
最後はエスプレッソ。

途中で、会社の人たちとみんなで買った望遠鏡と月に関する本、あと座標を入れるとその場所からの星座がわかるというソフトを息子君にプレゼント。
お礼にほっぺたにキスのお返しもらいました!(半強制的だったような気もしなくもないですが。)

 
帰る時に招待客に配るボンボニエラたち。
海をモチーフにしてあり真ん中に灯台があります。
右が私たちが頂いたボンボニエラとメッセージカード。
ボンボニエラの中身は白いコンフェッティ。

食事の途中、腹ごなしに外の空気を吸いに行った時の写真。
ほんとに山の中なんです。
雨も止み、空気が新鮮でした。
 
無事最後までなんとかたどりつき、いつものように大満足でした。
お料理は、さすがにフィレンツェのシェフって感じで、見た目もオシャレでしたね。

昼食会、1時半頃から終わったの6時過ぎでした。。。
帰りは、会社の人が別の道のが近道だと言い出し、来た道とは逆方向から帰りました。
こちらもかなりでこぼこ山道。
途中、道をふさぐヤギたちに遭遇したりとなかなか楽しい体験もあり、無事アレッツォに到着できました。(あ、でも結局近道でもなかったようで。。。)

0 件のコメント: