2009年6月24日水曜日

スペイン語で3D講義を受ける!?

昨日の夜、会社にスペイン人のお客さんが二人来ました。

いつもならお客さんといえば、だいたいプログラマーなのですが、
今回はグラフィックをやってる人が来ていました。

会社の合同プロジェクトで、
私たちグラフィックチーム(と言っても私ともう一人の女性の二人ですが。)とスペインからのお客さんとで情報交換的なことをするため。

しかし、二人のうち一人がイタリア語と英語をしゃべれるのですが、もう一人はスペイン語のみ。
しかも両方しゃべれる人はグラフィックではなく、プロジェクト全般関係の人なのでスペイン語しか話せない人との情報交換。

幸い一緒にやっている女性がスペイン語をまぁまぁ理解でき、話すこともできるので
合間合間に訳してもらいました。(もちろんイタリア語で。。。)

情報交換と言っても、実際は彼から教わることばかり。
私たちは通常2D上で仕事をしているのですが、彼らはそれプラス3D。
今回のプロジェクト以降、この3Dが結構重要になるようで
私たちは、まず3Dソフトを勉強することから始めないといけないという状況。

簡単なアニメーションも必要なので、当然2Dより3Dの方が効率がいい。

そんな訳で、情報交換と言うより一方的にアドバイスをもらっていたようなもの。
とても親切で本当に先生のようでした。

しかし、今日一日スペイン語漬け。
もちろんスペイン語なんて一言も知らない私。
大まかなことはなんとか理解できましたが。。。

唯一覚えた単語が
「ムーチョ」
なんかどこかで聞いたことあるよなぁ。。と思いつつ、
しかも、なんかかわいい。
意味は「たくさん」「とても」というような意味。

英語を勉強する決意をしたところですが、スペイン語も必要になるのか!?
インターナショナルづいている今日この頃。

0 件のコメント: