2009年2月26日木曜日

ウォーキング

昨日は用事で、歩いて片道30分程かかる場所へ行かなければなりませんでした。
当然バスもあるけど、ここに住んでると30分くらいなら歩こうという気になります。

以前住んでいたところの近くだったのですが、道中、お店が結構変わっていました。
で、99ショップを発見!
99ショップといってもこちらでは99チェンテジミという単位。ユーロの1個下の桁。
0.99ユーロってことです。
少し前に1ユーロショップには行ったのですが。
100円ショップや99ショップみたいに、なんとも日本と似ています。

とりあえず、用事が終わった後、寄ってみることに。

目的の場所へ行くと、なんと今日はお休みとのこと。
明日の朝はやってるというので、しかたなく出直す事に。。。

そして、気になる99ショップへ。
小さいお店で、日本のように文房具や家庭用品、化粧品など売っていました。
当然日本の方が種類は豊富なのですが、こういうお店を見てまわるのは楽しいものです。
結局、買うかどうか迷いながら買わずにお店を出ました。。。

家へ帰る途中、往復1時間、しかもお昼前ということもあり、歩き疲れたのでバールで一息入れる事に。
今回初一人バール。
今まで、あんまりバールに行く機会がなかったな。。と思いながら、カフェ・マキアートを注文。
満足して、家路へ。


そして、今朝。
もう一度目的の場所へ。もちろん徒歩片道30分かけて。
すると、なんと今日も閉まってる!
昨日は人がいたのに、「今日はやってない」と言われ、今朝は人すらいなく、もちろんドアも閉まってる!
先にいた人が、誰もいないよ。と。
昨日、言ったよね?今日の朝はやってるって!!!
はぁ。。。。

もう少し待ってみて、誰も来なかったらあきらめようと、時間つぶしに昨日の99ショップへ再び。
今日は、ちょっとしたものをここで購入。

そして、もう一度目的の場所へ行ってみるも、誰もいない。。。!!!
仕方なく、また30分かけて家路へ。。。
今日も途中、カフェ・マキアートで一息。

この二日の2時間はなんだったんだろう。。。
一日1時間のウォーキングだと思えばいいか。。。

2009年2月24日火曜日

久々の映画鑑賞

昨日は久々に映画を観に行ってきました。
一時期は映画を観ることに命をかけていた私。。。
でも、最近日本でもなかなか映画館へ行くのがおっくうで、観たいのはたくさんあったけど、全然観てなかった。

ここアレッツォには、いわゆるシネコンの映画館があります。
家から徒歩10分程。とても近いのですが、途中、道なき道っていうか、車がビュンビュン走ってる横を歩かなければならないので(歩道がない道なので)明るいうちしか徒歩で行くには危険かも。。。

イタリアでは基本的に夜しか映画をやってません。
土・日は昼間もやってますが、平日は早くて夕方4時すぎくらいから。
平日の早い時間は人もめちゃくちゃ少ない。
(2、3年前一人で映画を観に行ったらその映画のお客は私だけだったことも。。。)
水曜日と17:55以前から始まる映画は平日は6.1ユーロ(800円くらい)

というわけで、昨日は16:50からの “EX”というイタリア映画を観てきました。

恋愛もの。ラブコメ(?)だと思います。
EXの意味は、元。
元カノ、元カレ、元妻、元夫などなど。。。のお話。
いろんなカップルのそれぞれの事情と、それぞれちょっとずつ人間関係がつながっているという、単純でかなりわかりやすい(まぁ当然オチも予想通り)の映画です。

映画が始まる5分程前に席に着くと、この日は全部で12,3人の観客。
そうこうしていると16:50に。
でも、映画は始まらず、16:50って書いてあったけどイタリアでは10分後とかから始まるのかな。。以前もそうだったっけ?などと思いながら、待っていてもなかなか始まらない。
前の方の若い子たちが、17:10から始まって、20分予告などしてから17:30から映画が始まるんだよ。などと話していたので、そうなの!?と思い、我慢して待つ事に。
しかし17:10を過ぎてもなにも起こらず。。。
15、20、と時間ばかりが過ぎていき、、、

これはもしや忘れてるのでは!?イタリアならありえる!!
と思い、いいかげん人を呼びに行こうかと考えていたところ、前の若者たちがしびれをきらし、行ってくれました。

で、係の人曰く、機械の調子がおかしくて。。。
え!?そうなの?それならそうと、早く言ってよ!
っていうか、私は絶対忘れてたか、どういうシステムで上映されるのかは知らないけど、
一旦フィルムをまわして、そのまま部屋を出て行ったに違いないと思います。。。

結局30分以上遅れて、予告部分はカットして始まりました。
そして、機嫌良く映画を観ていると突然ブツッと画像が切れ、8分間の休憩との文字が。。。
すっかり忘れてたけど、イタリアでは基本的に映画の半分のところで休憩があります。
トイレに行ったり、コーヒー飲んだりするために。
本当に突然ブチッと切れるんですよね。。。
このシステムにはどうしても慣れないし、納得できない。。。
かなりいい感じで映画に入り込んでるところを急に現実に引き戻すという、なんてデリカシーのないシステムなんだろう。。。
まぁ映画も3時間とかになればわかるけど、、、2時間くらいなら我慢しようよ。と思う。

8分後、再び映画開始。

単純でわかりやすいラブストーリー。私は結構こういう単純な映画が好きだし、私の語学力でも楽しむことができました。

2009年2月23日月曜日

おすすめコース!

ピエンツァへ行く途中の風景をパチリ。これぞトスカーナの風景です!

昨日は、ピエンツァ(Pienza)とモンテプルチャーノ(Montepulciano)という町に行ってきました!
ピエンツァは私の大好きな町のひとつ。
町自体はすごく小さいので、町全体をじっくり見学しても30分~1時間(かなりじっくり見学して。)
でも、ここから眺めるヴァルドルチャといわれる丘陵が最高なんです!
ピエンツァの町とヴァルドルチャは世界遺産に登録されています。
今回3度目の訪問。

ピエンツァの町に足を踏み入れると、どこからともなくチーズのにおいが。。。
そう、ここはペコリーノという羊のお乳でつくったチーズが有名なんです。
実は、今日の最大の目的はこのチーズを買うことでした。。。!!

こんな感じでお店にはペコリーノがいっぱい!(それぞれ別のお店)
左は3年前撮影。ちなみに私たちが購入したお店ではありません。

今日も町では小さなカーニバルが開かれていました。
ここでは、泡のスプレーが人気らしく子供たちが駆け回ってスプレーをふきまくっているので超危険!
ちょっと巻き添えをくいながら、まずはヴァルドルチャの見える方へ。
ちなみにここの教会は地盤沈下で中に入ると
奥の部分の床があきらかに沈んでます。。。

この日はあいにく雲が多く、霞がかっていてくっきりとした景色は望めませんでしたが、ヴァルドルチャはヴァルドルチャ。
いつ見てもため息がでる風景です。。。

ヴァルドルチャ:晴れた日や、夏はもっと感動なんだけど。。。

 
町の中はこんな小道(右)。

そして、町をぐるっと見学し目的のチーズを買いに、以前にも行ったお店へ。
町には目を引くお土産屋さんがあるのですが、私たちのおすすめは町に入って、いくつか入りたくなるお店を通り越し、教会の手前、バールの向かいにあるちょっと薄暗い、たぶんお客さんが他の店にくらべて少ないお店。(ちょっとひどい言いようですが。。。でもおすすめ!)
広めの店内にワインやパスタ、奥にチーズの入った冷蔵庫があるお店。
いつも女の人が一人います。
なぜここかというと、お店の人がとても親切。
気軽に試食もさせてくれ、チーズだけだと食べにくいでしょ。って少しワインも注いでくれます!
以前彼氏が友達と来た時に試食させてくれというと他のお店では、店員さんは感じが悪いうえに、試食させてくれなかったとか。。。
まぁ、これはある店舗の話。
他のところでももちろん試食させてはくれるんですけど。

とにかく、いつものお店でペコリーノを購入。
ペコリーノと一口に言っても、いろいろ種類があります。
発酵期間が短いものから長いもの、発酵方法の違いや、とうがらし入りやトリュフ入りなどなど。。。
私たちが購入したのはセミ・スタジョナーティ(semi-stagionati)発酵期間が長くもなく、短くもない。。。
微妙な発酵期間で味って違うんですよね!

ここで一旦満足したあと、彼氏が一言。
「モンテプルチャーノにも寄って帰る?」
私の頭の中では、即座にモンテプルチャーノ=赤ワイン!

ワインに詳しくない私も、日本のお店でもこの名前はよく見ます。
外国人もモンテプルチャーノにはたくさんいます。
この日は、たくさんのアメリカ人やロシア人もいました。。。
もちろんワイン購入のため!!

おいしいチーズにはおいしいワインですよ。
ってことで、当然寄ります!
ピエンツァからは車で20分ほど。

丘の上に見える町がモンテプルチャーノ

もちろん、ここも3度目の訪問です。
ピエンツァ→モンテプルチャーノは定番コース。超おすすめ!
モンテプルチャーノは坂の町。
入ったところから頂上まで、かなり急な坂だらけです。。。
ひとまず、景色の見渡せる町の中間あたりの場所へ。
ここからの景色もいいんです!
 

そうこうしていると、彼氏が突然そういえば思い出した!。。。と。
何でもこの町の地下にワイン貯蔵庫があり、試飲、購入ができるとか。
彼はあるのは知ってたけど、いつも開いてると思ってなかったらしく、友達がいつでも開いてると教えてくれたらしい。
では、早速そこへ!
入り口を入ると、地下へつづく階段が。
下をのぞくとワインの樽が見えます!

 

この雰囲気。かなりテンション上がります!
下まで行くと、なんとも巨大な樽と樽群が!!!

わかりますかね?左の写真の奥の方に人がいるの。。。

どんどん進んで行くと、お店があり試飲させてもらえます。
Vino Nobile riservaとVinoNobile, Rosso di Montepulcianoというのを試飲。
キャンティもあったんだけど、これは試飲していないとのこと。
なぜかというとキャンティよりRossoの方がおいしいし、誰もキャンティ試飲しないんだって。。。
riservaだと私の予算(低い予算ですが)的に1本。でもNobileとRossoだと1本づつ買えるので、そういう理由で2本購入。
ワインの知識に乏しいので、なんとも悲しい選択方法ですが、どれもおいしかったし。。。


店員さんによると1500年からの創業だとか。。。

CANTINA DEL REDI
Via di Collazzi, 5-53045 Montepulciano(Si)
http://www.cantinadelredi.com/

もう一件有名なお店があるらしいので、次回はそっちも訪問したい。

ってことで、この日のおみやげ↓というか、パンとサラミをプラスしこの日の夕食になりました。。。あ、ちなみに彼氏はお酒飲めないのでワインは独り占めです!!


ワイン2本で20.7ユーロ、ペコリーノ2つで6ユーロ!



2009年2月21日土曜日

2日連続。。。

おとといの夜、食べ過ぎたにもかかわらず昨日の夜も外食。。。
おとといと同じメンバーで。
今日の朝スペイン人の友達がスペインに帰国するので、最後のお食事会でした。
レストランに行く前に、アレッツォのチェントロ(中心街)でアペリティーボ(aperitivo)。

今回渡伊初のアペリティーボ!
アペリティーボとは、夜の7時頃からバールにちょっとした食べ物が並び、飲み物を注文すればそれらの食べ物が食べ放題といううれしいシステム。
食べ物は、バールによって違い、パスタやサンドイッチ、ハムやチーズなど場所によっては夕食を済ますことができるほど。。。
飲み物は、5ユーロから7、8ユーロくらいだと思います。
もちろん、食べ放題といっても日本のレストランのようにがっついてる人はいないので、恥ずかしくない程度に食べてくださいね。。。

本当は友達の知り合いがいるという、バールに行く予定だったのだけど予想外に閉まっていたので、改装されて新しくなっていた向かいのバールへ。
とっても今時な感じで食べ物もめちゃめちゃたくさんの種類があり、テンション上がったのですがこのあとのレストランのことを考えると。。。

友達は、金曜の夜はアペリティーボしないとだめだよ!って。
確かに、久々のアペリティーボはなかなか楽しかった!

そしてメインのレストラン。
La capannaccia(ラ・カパンナッチャ)というレストラン。結構有名らしい。
ここもトスカーナ料理を堪能できるオステリア(レストランよりカジュアルな感じ)。
アレッツォの郊外の丘の上にある。
つくりは山小屋のよう。店内も結構広く、奥にはおおきな暖炉が。
もちろんここでお肉たちを焼くんです!

どうやらメニューらしきものはないらしく、店員さんが、何にしますか?これとこれがあるけど、、、って感じで口頭でのやりとり。
たくさんのメニューはないけど、それぞれがおいしい。

で、まずはやっぱりアンティパスト。
いつもどおりクロスティーニとサラミ、ハムなど盛り合わせ。


4種類のクロスティーニ
真ん中の黒っぽいのと左上のがおいしかった


そしてプリモ。私はきのこのリゾットを注文。彼氏はいのししの肉を使ったソースのパッパルデッレというパスタを注文。
トスカーナ地方ではいのししは超ポピュラーなお肉。
とってもおいしいんです!。。。でも調理の仕方によるらしいですが。。。

 
右がパッパルデッレ。

リゾットは、ちょっと私には味が濃かったかな。味見したパッパルデッレはおいしかった!
あとの二人もリゾットとパッパルデッレを注文。
このあとのメインのお肉ははずせないのに、リゾットをがんばって完食したせいでまたもやすでに満腹。。。

これ、真近で見るとテンション上がります!

いろんなお肉をミックスして、みんなで分ける事に。
ステーキ、サルシッチャ、鶏肉、コストリッチョ(豚のあばら肉)、そして日本ではあまり食べられないけどうさぎなど。
もっとお肉メインで食べたかったけど、サルシッチャとステーキを少々いただき終了。
最後バニラアイスに熱いチョコレートをかけたデザート。
このチョコレート、おいしかったです。


いつもおいしいものや、私が食べた事がないようなものを食べさせようと考えてくれる、とってもチャーミングな友達(男性、体重100kg以上...!?)。本当にありがたいかぎりです。

でも、もう当分外食禁止!私の胃は、残念ながらまだまだイタリア人にはかないません。。。

2009年2月20日金曜日

念願の洗面台!…だったのに。。。

私たちの家にはまだごく限られた家具しかありません。。。
イタリアでは、日本と違って家を買うときは本当に基本家のみで、キッチンやクローゼットもついていません。
だからいろいろ揃えるとなると、さらにお金がかかります。

現在トイレ(ユニットバス)には、本当に洗面台(陶器でできた手を洗う部分)しかない(あ、もちろんトイレとシャワーなどはありますが)。鏡は彼氏がどこから持って来たのか、割れかけの鏡を立てかけている状態。

ずいぶん前からいろんな場所に見に行って、結局近くのお店(日本でいうコーナンのような店)で、セールになっていたものを購入することに。
私的にはもっとモダンな感じのものがよかったけど、金額と物が入るスペースなどを考えてこれを購入する事に決定。

彼のお昼休みを利用し、お店に行くと、最後の1台!!

多分配送とかしてくれるんだろうけど、日本と違って無料とかではないので基本的には何でも自分たちで持ち帰る。取り付けも、別に工事をしてくれる人に頼みます。
かなり重くて大きな箱を二人で車に積み、家は2階なので階段を昇り、なんとか無事家の中へ。

これでやっとわざわざかがんで鏡を見なくて済むし、洗面用品をいちいち持ち歩かなくて済む!!

彼氏は時間の都合上、すぐ仕事へ。
その時、彼氏が中身をチェックしておいて。と一言。
鏡が割れていないかとか、大きな傷がないかなどなど。。。
もし何かあったらすぐ連絡してくれとのこと。
こういうとこ、すごく几帳面です。

で、いろいろ用事を済ませてさっそく箱を開けてみる、、、、と、なんと!
洗面台の周りの枠の部分が木でできているんですが、一部がボキッと折れているではありませんか!!!
ちょっと欠けてるとかそういうのではなく、明らかに壊れてる!!!
早速彼氏に電話。
彼氏もショックを受け、仕事から戻るとすぐお店に持って行き、(最初は私たちが壊したんじゃないかと疑われたらしい!!)結局届くのは2週間後とのこと。。。
は~、念願の洗面台はまた遠のいていきました。。。

でも、この日の夜は友達とご飯を食べる約束をしていたので、気をとりなおしてレストランへ。
今日は国際色豊かなメンバーです。日本人、イタリア人、コロンビア人、スペイン人。。。

アレッツォの中心地の近くにある、La luna rossa(ラ・ルナ・ロッサ)赤い月という名前のお店。ここは魚介類がおいしいとのこと。

前菜にオマール海老やたこのカルパッチョなどなどを4人で分け、みんなプリモにパスタを頼んだのですが、これが超大盛り!
前菜の時点で食べろ食べろとみんなに言われ、すでにそこそこなお腹になっていた私には完食は無理でした。。。ごめんなさい。
デザートに彼氏がドルチェ・リコッタ・ペーラというナポリのデザートがおいしいから注文しろと言うのですが、食べれる自信がなく辞退。
後で、味見させてもらったら、めちゃおいしかった!

赤い月がソースで描かれているリコッタ・ペーラ(左上部分のケーキ)
次回は絶対注文します!

とにかく、前菜がおいしかった!パスタは私が頼んだ物がイマイチ(スズキ入りのカルボナーラ)だったのか、量が多すぎたからかあまり感動はなかったですが。。。
あと、友達はメインにマグロを軽く炙ったものを注文してました。

ここは、ピザもすごくおいしいらしいので、次回はピザとデザートを注文することに決定!
洗面台のショックも忘れ、今日もおいしい料理を堪能させていただきました。。。

2009年2月18日水曜日

インターネット

彼氏の実家に行く途中いつも通る線路。向こうの果てまで真っ直ぐ。
この風景がなんか好きなんです。

今日のアレッツォはめちゃ寒い!プラス風が強い!朝から風がゴーゴー言ってます。。。
天気はいいのにこんな寒さの中では外出もままなりません。。。
でも、昼食後はいつものようにがんばって外出。

現在私の家にはまだインターネットができる環境がありません。
だから、メールチェックやブログ更新はもっぱら彼氏の実家でやっています。(実家まで徒歩5分程)
ほぼ毎日のように、現在愛用のMacBookを片手に家と彼の実家を往復しています。
もちろん実家には彼のお母さんがいるのですが、いつも紅茶とお菓子を用意してくれ、ありがたいかぎりです。。。
しかし!もちろん私は家でネットがしたい!!!!!

どうしていまだネットができる環境にないのかというと、マンション自体に電話線はあるけれどマンションの売り主が電話会社と契約していないので使い物にならないというわけです。
私は詳しい事はよくわからないのですが、賃貸ではなく分譲なのに個人的に契約はできないらしく。。。
なぜ売り主が契約していないかというと、現在このマンションには住人が私たちしかいません。他の部屋も売れているみたいなのですがまだ誰も引っ越して来ていないのです。で、売り主はたった1件のために電話会社と契約するのはもったいない!っていう理由なんです!!!!
そんな理由で!? 信じられません!!!!!
早くつないでくれとせっついても、まだ無理の一点張り。こんなことがまかりとおるなんて、さすがイタリア。。。日本ではありえないですよね!
無線の契約をすればネットはできるのだけど、電話線の方がやっぱり安上がりなので当分我慢するしかなさそうです。。。
でも、他の人が越して来る気配はなく、このぶんだと春まで誰も来てくれそうにありません。。。
早く誰か引っ越してくるのを切に祈るばかりです。。。

2009年2月16日月曜日

イベント!イベント!

昨日は、アレッツォでマドンナ・デル・コンフォルトという催しがありました。
昔、アレッツォ付近で地震が頻繁に起こっていた時に、人々がマリア様に地震を鎮めてくれるようお祈りしたら地震が鎮まったという奇跡が起こりました。そのことに感謝し、アレッツォの大聖堂にマリア様が祭られています。
昨日はその感謝祭の日でした。
マリア様の祭壇には、たくさんの献花が飾られ人々はろうそくを買って、お供え(?)します。

私はキリスト教徒ではありませんが、9時からの大聖堂でのミサに彼氏と参加。
彼氏はもちろんキリスト教徒で彼のお母さんもキリスト教徒。彼氏は日曜日のみミサに行っています。
でも、この日はちょっと特別なので私も潜入してみました。。。
教会内では、通常のミサより長い神父様のお話がありそれを聞いている人たちや別に祭られているマリア様の祭壇にろうそくを灯しに行く人など、たくさんの人。
結構ざわざわした感じでした。

 
左がマリア様の祭壇。右がみんなが置いていくろうそく。

ミサは10時過ぎ、12時、と午後からもあり、ひっきりなしに人々が出入りします。
そして、教会の外にはお菓子を売っている屋台が並んでいます。
ミサ終了後、先に来ていた彼のお母さんと合流。
この日のお菓子、ブリジディーニ(brigidini)を購入。毎年この日は彼のお母さんはこのお菓子を買うらしい。何かよくわからないけど(聞いたけど忘れた。。。)薄い洋菓子せんべいみたいなもの。

右の写真の左手にあるのがブリジディーニを作る機械。
右に袋詰めにされているものがそれです。


このあと日曜の恒例、彼氏の実家で昼食。
この日は、ステーキを暖炉で炭火焼。もう何十年??と使った事ない暖炉とのこと。
まず、火をつけて炭を作りお肉をやいていきます。
ちなみに彼氏の実家の屋上からはアレッツォの中心地が一望できる、素敵な場所。


肉はでかすぎ。一人1枚食べれるはずありません。。。
結局彼氏がたくさん食べるはめに。。


屋上からアレッツォの町が見渡せます。

この日はもう一つのイベントが。
友達の旦那さんが地元のカーニバルでアコーディオンを弾くというので、見に行くことに。
モンテ・サン・サビーノという小さな町の小さなカーニバル。
ここのカーニバルは子供たちのものなので、子供たちがいろんな仮装をして紙吹雪ばらまきまくり、スプレー(泡のものや、紐というか糸のようなものが出て来るもの)を吹きまくる(もちろん、人に向かって!)という、多分子供たちにはとっても楽しいお祭りです。
大きな山車のようなものに子供たちを乗せ町をまわったり。
友達の子供と甥っ子は怪盗ゾロの格好で参加。


左の写真後ろ姿の二人がゾロです。
右の写真では人の頭や服に紙吹雪やスプレーが。。。

カーニバルも終盤に近づき、寒さもいっそう増して来たところで引き上げることに。
この日は、友達の旦那さんの両親の家で夕飯をご馳走になることになっていました。
先週友達の家で一緒に食事をしたときに、来週私たちの町のカーニバルに来るんなら夕飯食べて行きなさいよ!って感じで断るに断りきれず。。。
とにかく、ここでもたくさん料理を食べ、最後に旦那さんのお母さんお手製ケーキをいただきました。

左がニョッキなんとか。。。右がガトーというケーキです。

今週末は今のところおよばれの予定なし。ホッ。。。
今週は本格的にダイエット!なんせ2キロ太ってた。しかももっとショックなのは体脂肪率。今まで見た事ない数字かも。。。(悲)

2009年2月15日日曜日

San Valentino (バレンタインデー)

モンテルキ頂上からの風景

昨日、2月14日はバレンタインデー。
ご存知の方も多いかと思いますが、ヨーロッパ(その他の国も?)では普通男性が女性にバラの花を贈るという習慣があります。今はバラだけでなく、いろんなプレゼントをするわけですが、とにかく日本とは違って女性がもらうほう。もちろんホワイトデーなるお返しの日もありません。

というわけで、昨日は彼氏が内緒でドライブする場所を決め、夜はレストランでの食事をご馳走してくれました。
まず、最初に訪れたのは、モンテルキ(Monterchi)。
アレッツォから車で30分弱ほどの場所。彼氏は私が訪れた事がないと思って連れて行ってくれたのですが、あいにく3年前に訪れていました。。。

小さくてかわいい町で、ピエロ・デッラ・フランチェスカの有名な出産の聖母というフレスコ画があります。以前見たので今回はパス。お天気は良かったのですが、風が冷たい!!
で、次の目的地へ。
次の場所はサンセポルクロの近く、とっても小さい町(?)と言えるのかどうか。。。山の中のサンフランチェスコゆかりの修道士が住んでいる場所、コンベント・ディ・モンテカザーレ(convento di montecasale)。なぜかというとここから夕日を見るというなんともロマンチックなことを考えていたから。
でも、めちゃ寒かったんです。雪も少し残るようなこんな場所。。。

 
山の中にポツンと修道院が。。。


一瞬本物の人かと思うようなサンフランチェスコの彫刻が。

おとといは日没が5時頃だったので、5時少し前に着いたのですが昨日はさらに日が長くなったようで5時でもまだ日が落ちる気配はなく、このサンフランチェスコ氏と30分程山中の寒さの中待ってやっと日没を迎えることができました!その写真がこれ↓


指先からつま先まで凍りついてしまいました。。。でも、この夕日は彼氏的には良くなかったよう。。。おとといの方がもっときれいだったって。。。
こんな寒さの中これだけ待ってその感想!?って感じですが、凍えながら次の場所。

チテルナ(Citerna)。以前紹介した、ラピュタに出て来るような町アンギアーリの近くの町です。
もう日は落ちていたのですが、彼の友人いわく夜の方がきれいだということで、日没後に到着。

確かに、夜は明かりが灯りきれいだった。でも、冬はおすすめしません。。。

ここも小さい町ですが、とりあえず寒い。だから町にはあまり人は見当たらず。。。でも町の所々に迷路のような小さい道があって明かりが灯り、すてきなところでした。夏に来ればもっとゆっくり見学できると思います。。。



あまり寒さを感じない彼氏も寒さに勝てず、早々に引き上げることに。。。

そして、レストラン。
8:30に予約していたのですが、この時点で6:30。この場所からレストランまで30分足らず。どう考えても早すぎるのですが、他にすることもなかったのでとりあえず行ってみようということでレストランへ。
レストランはアンギアーリにある、ラ・ネーナ(La Nena)。
イタリアではだいたい8時半から9時頃から夕食を食べるので、7時から夕食はどう考えても早いんです。
実際レストランはまだ準備中。何時から開店か聞いてみると、あと10分程で開けるから、入ってもいいとのこと。予約より1時間以上早かったのですが、そのへんは問題なし。当然お客は私たちだけ。
アンギアーリに住んでいる友達おすすめのレストラン。

 
店内は小さいですが、かわいい。
バレンタインデーということもあり、それぞれのテーブルにバラが飾ってありました。


前菜はもちろんアンティパスト・トスカーナ。クロスティーニと生ハム、サラミの盛り合わせです。
そして、友達おすすめ、アンギアーリ名物ブリンゴリ(bringoli)というパスタ。
とりあえず、ここまで注文してもし食べれそうだったらメインを注文することに。
アンティパスト到着!
なんて素敵な一皿なんでしょう!生ハムと真ん中のリコッタチーズは最高でした!あと、クロスティーニも。パスタも、私の知ってるピチ(pici)というパスタと似ていましたが、ソースもおいしく満足の一品。


思ったより、パスタの量が多くはなかった(日本では普通量、こちらでは少なめ)だったので、メニュー見た時に注文したかったミックスグリルを注文し、二人で分ける事に。

分けた後の写真。わかりにくいけど。。。

これもおいしかった!豚肉のロースとは、お肉の味と焼き加減も最高で、サルシッチャ(豚の腸詰)は彼氏曰く今までこんな味のものを食べた事ない!ってくらい感動の味でした。
さすがに、お腹いっぱい。二人とも大満足。
ここで、彼氏が提案。デザートに家の近くのジェラート屋さんでジェラートを食べよう。と。

クレーメ・カラメル(Creme Caramel)というジェラート屋さん。
冬でもイタリア人はジェラートを食べます。大人も子供も男性も女性も。。。
私的にはここが今のところアレッツォで一番。値段、量、味ともに。(異を唱える人もいると思いますが、あくまで私個人の意見。アレッツォにはおいしいと評判の店がたくさんあるので。。。)
というわけで、シメはジェラートで。

これ、一番小さいサイズ。
チョコレートとフィオール・ディ・ラテ(簡単に言うとミルク味)を注文。
1.5ユーロ(180円くらい)。


寒さを除けば、素敵な一日でした。いろいろ喜ばそうと考えてくれた彼氏に感謝。
レストランをおすすめしてくれた友達にも感謝です。ありがとう!