2009年1月29日木曜日

紹介します。。。


今日は朝から天気が良さそうだったので、アレッツォを紹介するために町に写真を撮りに行こう!と思い家を出ました。(食べ物紹介ばかりで、町を紹介していないことに気づいた。。。)ちょっと雲が多いけど、お天気です。
町の中心地に行く途中、ミサ帰りの彼氏のお母さんとバッタリ。
私が写真を撮りに行く、と言ったら彼女も一緒に行くわ。ってことで散歩がてら一緒に行くことになりました。

まず最初は、グイド・モナコという広場です。以前にも写真載せました。
彼のお母さんがなぜグイド・モナコというか、など説明してくれます。
この像の人がグイド・モナコという人であの音楽のド・レ・ミ・・・を発見?作った?人だそうです。その人がこの町出身なので。。。
去年この広場は新しくなったようです。そして後ろに小さく見える塔がアレッツォの大聖堂です。彼のお母さんは、今朝ここでミサを済ませ帰る途中だったのですが、また戻って来ることに。。。歩くのは体にいいからいいのよって。いいお母さんです。

たぶん町中で一番お店が集まっている、コルソ・イタリアを通り12世紀に建てられたアレッツォで一番古い教会、サンタ・マリーア・デッラ・ピエーヴェ(Santa Maria della Pieve)へ。
すべての柱のデザインが違います。そして全部で100本あると言われてるとか。ないですが。。。


そして多分アレッツォで世界的?に有名なのがここ、ピアッツァ・グランデ(グランデ広場)。
ロベルト・ベニーニ監督主演の映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のシーンに出てくる広場です。確か、少し坂になったところから自転車で降りてくるとこだったような。。。
残念ながら、今広場のレンガ(石畳?)を全部張り替える作業中でした。。。

左の建物(教会)がサンタ・マリーア・デッラ・ピエーヴェの後ろ姿です。


これら2枚の写真は以前に撮ったものです。

もう一人アレッツォで有名なのがジョルジョ・バザーリです。画家であり建築家であり…ほかにもあったと思いますが、右の写真左にある建物がバザーリ作です。
この回廊が有名です。

そして、最初の写真にある大聖堂へ。すごく大きすぎて写真におさまりません。
対象物がないのでわかりにくいですが。。。

空の色と大聖堂とのコントラストがたまりません。

大聖堂の入り口側

そして、大聖堂の向かいには市役所があります。

  
左が市役所。城塞のようです。右は大聖堂の裏にある公園から。

そして、サン・ドメニコ教会。この教会にはふたつの鐘があり、個人的に好きな教会です。

なんか、かわいくないですか?

そして、このまま家路へ。途中、本当はかなり重要な教会、聖フランチェスコ聖堂がありそこに超有名なピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画があったりするんですが、長くなるのでまたいつか書きます。ちなみに大聖堂にも彼のフレスコ画「マグダラのマリア」があります。
約2時間の散歩となりましたが、彼のお母さんは逐一いろいろ説明してくれて本当に楽しい散歩になりました。いつも思いますが、外国の人って本当に歴史(自分の国や町の)をよく知ってます。日本人はその点知らない人が多いので(当然私を含め)ちょっと恥ずかしいです。。。その度に歴史の勉強もしないと!って思うんですけどね。。。
また、町並み紹介します!

0 件のコメント: